なんでもない光景
Exif情報
メーカー名 SONY
機種名 DSLR-A700
ソフトウェア Capture One 7 Windows
レンズ
焦点距離 45mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/100sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4272x2010 (4,949KB)
撮影日時 2007-01-05 02:48:27 +0900

1   kusanagi   20/10/14 22:48

地方の田舎の、ほんとに何てもない光景です。(^^ゞ しかし車から降りて、歩いていると自分の
心象風景に自然と出会えます。そういう時こそ自分は写真をやっていた良かったなあと思える
瞬間です。

2   鎌倉M   20/10/15 13:01

ここがどこなのかを天川で調べてみましたが
近くに「まんのう町」があり、二宮忠八飛行館が
ありますね。日本で初めて飛行原理を考えた
航空機の父ということですが、初めて知りました。

3   kusanagi   20/10/15 19:46

ここは、まんのう町内にある天川神社(地元では大杉で有名)の少し南側の国道485号線です。
通称天川地区ですかね。(^^ゞ 私はこんな具合で、可能ならば地区名が分かるような標識を
入れて撮影することが多いんです。電信柱なども地区名の表示がありますからよく入れます。
風景写真で電信柱や番地表示・看板などを入れるのは、普通のカメラマンはしませんね。しかし
記録写真として考えれば、それらは有効な手立てとなります。

二宮忠八飛行館は、その場所でカラスが飛んでいる様を見、て飛行機作りの発想を思いついた
というエピソードから来ているだけで、二宮忠八自身は愛媛の人ですね。(^^ゞ まあ、同じ四国
ですから大目に見てください。(笑) リンゴが落ちるのを見て、ニュートンが万有引力を発見した
というのと同じ類のものですか。

戻る