アメリ感紅葉狩りリスク検証 2
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 90D
ソフトウェア DxO PhotoLab 3.3
レンズ 24-105mm F4 DG OS HSM | Art 013
焦点距離 105mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/512sec.
絞り値 F6.4
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2048x1366 (1,382KB)
撮影日時 2020-10-14 23:22:15 +0900

1   Kaz   20/10/18 13:38

先の投稿写真の左に見える池近辺からの撮影。
https://photoxp.jp/pictures/211903

星条旗の右下に見えてる岩の部分が絶景の
紅葉鑑賞地点ですが、こうやって改めて見ると
やはり、かなり危ない場所だったのね。(恐)

2   裏街道   20/10/18 15:45

こんにちは。
南北戦争の時代から変わっていない風景なのかも知れませんね、森にインディアンが隠れていそうです。

3   youzaki   20/10/18 23:19

いろいろ拝見してイメージを楽しんでいます。
特にバックの青空と山の風景が良いですね。
塞と星条旗も素敵です。

4   F.344   20/10/21 14:59

標高1500m前後の色合いとおなじでしょうか?
自然の森林はこのような感じと受け止めました
どこの国にも危なそうな所あるんですね
そこに敢えて行きたくなる
それもご時世なのかもです

5   Kaz   20/10/23 13:54

裏街道さん、
この建造物が建てられて街に引き渡されたのが1900年なので
インディアンはとっくに遠くに追いやられてただろうけど、
中には横井さんとか小野田さんみたいなインディアンが居て
まだ住んでるかもですね。😊

youzaki さん、
この塞の名はクレイグ城ですが、城とは名ばかりで塔があるだけ。
町の名士で篤志家が町の人のために自費で広大な公園を造り
山の上に塔も創って寄付したのです。

F.344 さん、
この塔が建ってる位置の標高は約300m。
1500mの植生とはかなり違うかもしれませんね。
危なそうなこの場所も敢えてとまで言わずとも
塔の傍まで車で登れちゃうから楽なもんでした。(笑)

戻る