ディモルホセカ
Exif情報
メーカー名 CASIO COMPUTER CO.,LTD.
機種名 EX-H15
ソフトウェア 1.00S
レンズ
焦点距離 4.3mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/60sec.
絞り値 F3.2
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 500
ホワイトバランス Unknown(1)
フラッシュ なし
サイズ 2816x2112 (1,707KB)
撮影日時 2012-04-16 05:49:33 +0900

1   MYCA   2012/04/20 21:11

科名:キク科
原産地:南アフリカ
草丈:30cm〜60cm
主な開花期:3月-5月

オステオスペルマムに似ています
ディモルホセカは舌状花(ぜつじょうか)と
管状花(かんじょうか)ともに受粉してタネを作る
ディモルホセカが一年で枯れる性質なのに
タネからふやすようです

舌状花…要するに花びらのことで一枚一枚が独立した花
管状花…花の中心の丸い部分。管状の花がピンを立てるように密集している
キク科の多くは舌状花と管状花がたくさん集まって一輪の花となる
熱海、渚小公園の花壇

2   gokuu   2012/04/20 22:03

MYCAさん こんばんは〜〜
こちらもキク科ですね。最近輸入種が多くて覚えられません。
細かい説明を有難う御座います。やはり日本のキクが一番です。

3   MYCA   2012/04/21 09:27

gokuu様 

こちらも有難うございます
「舌状花」「管状花」など考えずに眺めていました
考えてみれば、キク科はこれが良く分かりますね
学者ではないので、深く考えなかったです

戻る