その他デジカメ写真掲示板

その他デジタルカメラ用掲示板。

1:テスト10 2:テスト8 3:テスト2 4:テスト28 5:舞茸 (クロフ)3 6:舞茸3 7:ナメコ3 8:総合運動公園 35 9:総合運動公園 21 10:総合運動公園1 11:郷土3 12:APS2400万画素4 13:写真の病理4 14:リコリス1 15:トレニアに接写3 16:ノボタン3 17: 地蔵さん3 18: タムロン200-4001 19: タムロン200-5001 20: 爺神山地蔵1 21: 土器川1 22: 財田川2 23: 遍路道2 24: ダム湖1 25: 四国霊場1 26: ヒノキ森1 27: 銅山川2 28: 銅山川2 29: 地蔵2 30: 湿原2 31: 湿原2 32: タムロンレンズ3      写真一覧
写真投稿

テスト
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 5DS
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ TAMRON SP 35mm F/1.4 Di USD F045
焦点距離 35mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/332sec.
絞り値 F8.0
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 1365x2048 (3,488KB)
撮影日時 2020-11-09 19:39:57 +0900

1   kusanagi   20/11/21 20:39

テスト

6   tonton   21/01/03 20:29

〉得体のしれないフリーソフト

RawTherapee〈ロウセラピー〉のことですね。
フリーウエアでありながら完成度の高いアプリケーションだと思います。更新もよくされているようです。
私的にはDPPより使いやすく機能が豊富、精度も良いアプリケーションだと感じています。
エレメンツ現像で不満があればRawTherapeeへ。DPPへは行けないのは残念ですが。

7   tonton   21/01/03 22:37

本当は投稿したい人 さん
明けましておめでとうございます。

PhotoXP掲示板の様変わりはとても哀しいことです。
全盛の頃を知っていること、それは幸せなことなんだなと近頃思い始めました。
だってMr.kusanagiやMr.GGご両名には言葉が通じませんもの。
馬耳東風のお二人の台頭はPhotoXP掲示板に大打撃を与え続けていると思います。

私は気にしないことにしました。
好きなこと諦めるのは!
面白くないですよね!
悪意他意無く釣り煽りする人や空気読めない資産家さんなど、
質悪いけれど。

8   kusanagi   21/01/03 22:39

5番tontonさん。そうですか、再保存すればよいみたいですね。しかしもう写真投稿は面倒くさく
なってます。(^^ゞ あえて上げるべき写真などは撮っていませんし。
6番tontonさん。
「RawTherapeeソフトウェア写真」掲示板
https://photoxp.jp/softwares/rawtherapee
これをみて、RawTherapeeの認識を新たにしています。フリーソフトだからと軽く見ていましたが、
昔からあるソフトだったようで、しかもかなり優れていますね。
人によって画質がバラバラなのですが、確かにDPPより優れた写真がアップされていました。

私にとっては年末年始恒例の、PCのメンテナンスと1年間の写真データの整理・バックアップを
していました。それで今年は結構、撮影をしていましたね。考えてみますと撮った写真の閲覧
とか現像とかは、ほとんどしていないんですね。もっぱら撮影が主体でした。
今年は新型コロナ禍で県内の撮影がメインだったこともあり、数時間の空きがあれば撮影に
出かけていたのも一因だったのかもしれません。

写真には撮影と、そして写真の処理の2つがあり、それをバランスよくやるのが望ましいので
しょうが、私の場合、時間があまりなくて、そのどちらを取るかといえば撮影を選ぶということに
なります。もちろん写真の現像や画像処理をメインにされる方もおられるでしょう。

考えてみますと、フィルム時代は現像やプリントは写真屋さんの仕事でしたね。黒白フィルムの
自家現像の時代にしても暗室を使いますので、引き伸ばしプリントは1ヶ月に1度やれればよい
くらいでした。そう考えればデジタル時代の写真は、私にとっては現像・画像処理の割合が高す
ぎるという気がしています。しかし人によっては画像処理こそ面白い、と感じておられる方もいて、
それはそれで良いように思います。
私が写真撮影を主にしているのは、やはり自分の体力の維持ですね。私にとってのカメラ機材
なんてのは、その歩きの撮影の為のアクセサリーのようなものです。(笑) 

9   tonton   21/01/04 01:59

カメラって何だろ私にとって。
たまに思います。
撮れた画像の画質はあまり重要ではなくて、700万画素もあれば十分な感じですね。
IXY70辺りがそのクラスのコンデジです〜今見てもよく撮れてるなと感心することがあります。

masaさんの写真は美しいですね。
心がこもっている
そう感じます。

10   kusanagi   21/01/05 20:56

昔のコンテジでも中には優れた画質のカメラがありましたね。これは画像というより写真としてですね。
最近のスマホは、そのコンデジに取って代わったということなのですが、これに関しては別のところで
論じましたが、私はスマホが写真文化を壊していると考えいます。tontonさんのようにスマホで撮って
も画像をちゃんと取り出して何々ができるという人は稀で、多くのスマホユーザーは撮影してもその写真
を自分のスマホから取り出すこともできず、せいぜいラインアプリで知り合いに送るくらいのことしかやっ
てませんね。写真を見るのはあの小さなモニター画面だけです。

最近はインスタグラムとかで、綺麗な写真を撮りたいから高級カメラを買う若い女性なども見かけるよう
です。しかしそれもネット画像の類を出ることができず、そのカメラで様々なことをして写真というものに
関心を持つようには中々行っていないという気がしてます。写真がモニター画像から出なければやはり
写真の本質的な楽しみを知ることにはならないだろうと思いますね。
それから高級カメラのユーザーに対しても、画像処理というものが全面に出てきし過ぎて、写真本来の
軽快さが失われているという気もしています。
masaさんがRAW写真ではなくJPEGでやっているというのは、これは私も学び直さなければなりません
ね。昔と違い今のJPEGは綺麗だと感じました。

私の場合、最近は撮った写真を現像しない、つまりRAWデータをソフトで見ても、拡大するのは1点か
2点くらいにしているのです。後は表示された小さなサムネイルをチラッと見るだけ。
そうしますと写真撮影は非常に楽になったと感じます。
これで本来の目的物を観察するということに集中出来ると思いますから。写真は時代と共に変わります。
しかし変わらないものもあるわけでして、私の場合はやはりそれは自分の関心のあるものを見たい
ということですし、ついでに撮影も楽しければと思ってます。これを失わない為には、それ以外のもの
をすべて捨てても良いと考えてますね。

私はここ数年、超高画素高画質のカメラというものに関心が奪われていました。
具体的に言いますと3000千万画素以上のフルサイズのカメラです。コンデジ以上のカメラが高級カメラ
だとしますと、これらは超々高級カメラということになります。メーカーが最も傾注するカメラであり、
それは自然と未来の写真を制してきます。
それらのカメラがユーザーに、どういうことを突き付けているのかということを知りたかったんですね。
そして、自分なりの結論として、撮った写真は見ないということにしたのです。(笑)
これは馬鹿話のようなことかも知れませんが、確かにそうすればシグマなどの超絶カメラでも問題は
出て来ません。封印していたシグマを再び使う日は近いのかもしれません。

余談を言いますと、私が超高画素高画質のカメラに気を奪われていた時期、この掲示板は荒れて
いきました。しかし私はぼそれには無関心でしたね。多くの攻撃の対象がこの私であったにも関わら
ずです。
そういうところにKazさんは気をもんだのかもしれませんね。
しかし私としては掲示板なんかより、これからの写真の行き末のほうに関心が向いていたわけです。
そしてこの1年間を掛けて実践してみて、それなりの結論というものが出たと手応えを感じています。
この超高画素高画質カメラは最先端のものですから、カメラ趣味の自分としては、これを使いこなせ
ないと悔いが残るものでした。いや使えないと先へ進めなかったということですか。

そしてあれよあれよという間に、今度は掲示板の存続問題すら出で来るようになりましたね。
掲示板だけでなく写真文化の衰えは著しいものがあります。ひとつはスマホの出現、そして写真趣味
文化の構成員が高齢化してしまったこと。またプレゼンスとしては動画に写真は負けていること。
要因は様々です。そして写真の文化はこのまま廃れて安楽死を迎えるのか。それとも私が1年前に
想像したように写真は復活し変わり得るのか。
私は写真(静止画)には、動画撮影では得られない、撮影者・ユーザーにとって益になるものがあると
信じています。それがある限り、それに気づく人もいるわけでして、写真文化はなくならないと思って
います。動画は観るものに利益がありますが、写真は観る側ではなく、撮る側にこそ利益のあるので
はないでしょうか。
これは決定的な違いのように感じますので、とくにデジタル時代に於いては、その差異の落差という
ものがより大きく広がっているという気がします。


テスト
Exif情報
メーカー名 NIKON CORPORATION
機種名 NIKON D600
ソフトウェア Capture NX 2.4.7 W
レンズ 24-70mm F2.8
焦点距離 24mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/125sec.
絞り値 F3.2
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2048x1367 (2,565KB)
撮影日時 2012-01-14 01:18:22 +0900

1   kusanagi   20/11/12 23:17

テスト

4   kusanagi   20/11/18 20:29

ちょっと面白いものを見つけました。Logan Act(ローガン法)です。これは上の、林建良さんの
動画の中で出てきます。ポンペオ氏がそう言っているということで。
それでヤバイデンはこの法律に気をつけたほうがよいねってね。

解説「オバマゲート」マイケル・フリン物語
https://www.youtube.com/watch?v=UwGdGSXuWjY
そしてこの動画の中でも、ローガン法が出てくるんですね。(笑)
これが本当のアイロニーを効かせたアメリカン・ジョークだというわけてす。このジョークが分かる
人は相当にアメリカ通です。(^^ゞ

5   kusanagi   20/11/18 23:30

興味深い記事を見つけました。
【薇羽 看世間】左派勢力を一掃 トランプ大統領が仕掛けた孫子の兵法
大紀元 エポックタイムズ・ジャパン
https://www.youtube.com/watch?v=TbFGW25VGmE&list=PLJzbROxYbWl5sIa_hWWs3VZr1s0ZUocUT
この動画後半3/4あたりで、薇羽は、トランプ任期中の1月20日までにグレーとファイヤーウォールの
破壊は実現できるのではと語っています。私の占星術分析と一致していますね。

6   kusanagi   20/11/21 23:14

https://photoxp.jp/pictures/213220
これは一耕人さんのコメントですね。【張陽チャンネル】を紹介したわけですが、頭がおかしくなり
そうだということでした。(^^ゞ
それはそうでしょう、テレビや新聞の言っていることと、まるっきり真逆のことがネットでは幅を利か
せているわけですから。しかし真実というのは、この張陽チャンネルのような意見に代表されるもの
であるわけで、いまこの世界では事実上の情報戦の世界大戦が行われているというわけです。

アメリカ3億人、ヨーロッパ3億人、日本・台湾で1.5億人。合計で7.5億人です。かたや中国1国だけ
で14億人ですから。この意味するところ、お分かりになりますか。
高度な民主主義が行われている国家群の人口は専制国家中国の半分の人口でしかないという
現実です。もちろん民主主義国家はインドを始め世界各国にあるわけですので、けっして専制国家
が有利で民主主義国家が不利というわけではありません。そもそも中国といえども共産党員は1億
に満たないわけなので、この膨大な中国人民ではなく中国国民を味方につければ、専制的共産党
は恐れるに足らずです。

アメリカでも現在の大統領選で見られるように、民主党左派は既に社会主義者であり中国共産党に
牛耳られているようです。大統領選はまだ続行中であり1月の20日以降に誰が本当の大統領になる
かはまだ判明しておりません。もしトランプ氏が続行ということななれば、アメリカは大混乱になり、
内戦状態になるのではないでしょうか。米軍が出動するような。
そしてバイデンが当選すれば、自由と民主主義、人権を守る旗印のアメリカは終焉し、中国共産党
が世界を牛耳るということになるはずです。そして共産党は成り立ちからして深くディープステイトと
言われる世界金融資本家達と深い繋がりがありますね。系譜をたどっていけばそれはユダヤ教で
しょうか。そして当然ながらアメリカはキリスト教の代弁者です。キリスト教といっても別に仏教と対立
するわけではないですし、ユダヤ教と言っても現在のイスラエルと同じだというわけではありませんよ。
そこは勘違いをしないでください。

中国に深く関わった国として、この日本が上げられます。正しく言えば中国共産党の中共です。
日本は先の大戦で、これにやられてしまって、中共と同じくディープステイトのルーズベルトのアメリカ
に敗北をしてしまいました。面白いことに同じく中共に深く立ち入ってしまった現在のアメリカも同じ
ような混乱の事態を呈しているのです。中国というか中共に深く関わった国は亡国の一歩手前まで
行ってしまうというのがジンクスとしてありそうです。
ユダヤ教の一系譜であるディープステイトやマルクス主義は20世紀の遺物であると私は考えている
のですが、その混乱と誤謬を主とする思想は占星術的には魚座の思想です。よく魚座はキリスト教
のシンボルと言われますが、その魚座の正の部分にキリスト教がいて悪の部分にユダヤ教がいたと
言うべき双極の体制をとっていたわけでしょうね。

21世紀からは魚座ではなく水瓶座の世紀になります。20世紀末にソ連というマルクス主義国家が
瓦解しましたが、核戦争の手前まで行った歴史はアメリカが勝利しました。そして最期に残っている
中国共産党との戦いが今なのです。
本当の21世紀、水瓶座時代入りは2021年だと考えています。ここでアメリカをはじめとする民主主義
国家群はマルクス主義やディープステイトに勝利をするというとになると考えています。
これは壮大な占星術的な歴史の叙事詩ですか。人間の人生は百年に満たないのですが、私もなん
とか2千年紀である魚座から水瓶座への移行劇を見られるというわけてす。

AIの時代と言われる21世紀。それに比べれば共産党などは前世紀の遺物であり単に消化すべき歴史
のひとコマでしかないのですが、重厚長大だったソ連と違って中国共産党はICT技術で武装していま
す。これがあるために中国の人々は自らだけで共産党を打倒できません。結果として全世界を巻き込
んでの戦争となるわけですが、本当に考えていかなければならなのは、AIとかICT技術のこれからの
未来です。大手ICT世界企業は共産党にテコ入れしていますね。この事実の意味するところは大きい
です。
と同時に、ネット情報は世界の真実ももたらしてくれているということで、これらICT技術を単純に語る
ことはできません。善にも悪にもなるということで、やはり歴史の主体は人間であるわけです。

デジタル時代の写真はICT時代の写真であり、それは旧来からの写真でもあり、同時にICT技術の
要素を深く持っています。そこには悪もあれば善もあります。
些末なことですが、イオス5DS、ローパスフィルター付きのタイプを選んで良かったかなって考えており
ます。ローパスレスの方がよりデジタル的でしょうが私にはローパス付きの方が合います。そして且つ
レンズは解像力の落ちるレンズを着ける方が面白いと思いました。低画素のカメラには高解像力の
レンズが似合い、高画素のカメラにはそうでないレンズが面白いということ。
こういうのは実は、過去に私がシグマDS1メリルで経験済みだったんですね。それを今回改めて確認し
ただけだったかと思います。これはICT技術の善なる写真技術かと思っています。

7   kusanagi   20/11/22 21:29

https://www.youtube.com/watch?v=17ilQvi8zag
張陽チャンネル 反撃開始?【第64回】
https://www.youtube.com/watch?v=iC9eg_dAEkM
確証 山ほどある②【第63回】
https://www.youtube.com/watch?v=MNCD-t_AvM4
確証 山ほどある①【第62回】

8   本当は投稿したい人   20/12/11 21:17

このサイトはあなたのブログや情報発信基地ではないですね。
写真を投稿して交流を図るものだと思うのですが。
まるであなたのサイトですね。
これでは写真を投稿したくても躊躇ってしまいます。
他の掲示板でもこのような事態が起こってる様に見えれのですが。
残念です。


テスト
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 5DS
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ TAMRON SP 35mm F/1.4 Di USD F045
焦点距離 35mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/332sec.
絞り値 F8.0
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 4000x2711 (11,759KB)
撮影日時 2020-11-09 19:23:38 +0900

1   kusanagi   20/11/12 20:04

テスト

2   kusanagi   20/11/12 21:04

どうやらキヤノンのDPPだと投稿てきるようです。ニコンだとキャプチャーNXならばいけるのでしょう。
久しぶりにDPPを使ったんですが、やはり速度、画質ともにキャプチャーワンが良いような気がします。
そもそもDPPよりもキャプチャーワンが良さそうだということで導入したのですから。

最近、イオスの5DSを手に入れました。イオスR5という事実上の後継機種が出ましたので中古価格
も安くなっていたようです。5DSにはローパスレスのRタイプもあるのですが、私は敢えてローパス有り
の方を選択。もっともこっちが大分安いので。(^^ゞ
画質はなかなかのものです。このカメラはイオス1DSマークⅢの後継機だと思います。Sの字の継承
というだけでなく、発色が色濃く出て画像処理にも向きます。ボディの品質も良くバッテリーグリップを
装着すれば、まんまイオス1DSマークⅣという感じです。もっとも三脚に装着する場合はバッテリー
グリップなどマイナスだけですから、1DSマークⅢの方が可怪しかったということになります。

風景写真をするには最適のカメラですね。しかしこのカメラ、人気がほとんどありません。この掲示板
でも使われていた人は二人だけ。他方の1DXを使う人は多いのになぜ5DSを使う人は少ないのか。
多分、1の数字が入っていないからかも知れません。5なのに高い、そんなところかと思います。(笑)

5DSはミラー・シャッター機構が独特で、私としては相当に問題有りのカメラなのですが、その独自機構
のお陰でか、細かいことを気にしなければ手持ち撮影が可能です。PCでの動作も軽快で、普通の
2000万画素のカメラと変わりません。しかし同ピクセルでの現像では2000万画素カメラよりもデータが
大きいと思われるので画質方面にもデータ量を振り向けていると感じました。(これはキャプチャーワン
での動作印象) 

キャプチャーワンでの印象なのですが、ローパスフィルター有りのタイプを選択して正解だったなって
思ってます。当初5DSにするか5DSRにするか悩んだのですが、最終的には私は、さほど高解像度を
必要としていないということでローパス有りにしました。
ニコンD800(ローパス有)と、アルファ7RⅡ(ローパスレス)の印象の相違が、その選択の大本になって
います。やはりD800の方が好印象だったものですから。
画像は右と下を少しトリミングしています。シャープネスの設定も少し。それ以外はいじらず。
レンズはタムロンを使いましたが、キャプチャーワンでの現像とは印象が異なります。DPPでは随分と
素っ気なくなりました。多分中間色が出ないみたいです。

こういう画素数の多いカメラは、これからあくまで被写体の記録撮影として使っていきたいと考えてい
ます。自分への記録撮影ではなくて、社会的な画像記録ですかね。それでこれから町並みの撮影が
多くなるかもしれません。これまでやりたいなと考えながらも街撮影は本格的にはやっていなかった
のですが、これを期にぼちぼち撮影していこうかと考えています。街だけでなく村もそうですし、要は
家並みと人工物の多い環境ですか。港でもいいし商店街でも古い街道でもそうですね。記録撮影と
いうことでやっていこうかと考えます。
そういう撮影に画素数の多いカメラと精細なレンズを使っていく、という気分です。これからシグマも
そんな感じで行こうかと思います。
写真は丸亀城の石垣回復調査工事です。なかなか進まんわねって思いますわ。(^^ゞ 

アメリカの大統領選が面白くなってきています。これから相当なことが出てくるかもしれません。年明け
が楽しみです。世界の歴史は大きく動くと思いますね。


テスト
Exif情報
メーカー名 SIGMA
機種名 SIGMA SD1 Merrill
ソフトウェア SIGMA Photo Pro 6.5.4
レンズ 18-35mm
焦点距離 18mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/640sec.
絞り値 F7.1
露出補正値 -1.7
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2352x1568 (2,330KB)
撮影日時 2011-05-07 07:51:05 +0900

1   kusanagi   20/11/11 20:18

テスト

24   tonton   21/01/04 01:32

kusanagiさん
〉本気で私が、釣り煽り個人批判などでサイト荒らし〜

思ってますよ。
人を見る目については、お会いしたことがないので判断できませんが文章を読む事についてはイケてると自負しています。
モニターで文書を読むことは私にとって日常的なことですから、2千字程度なら短文と思っています。
kusanagiさんのお話も大抵は短文と認識していますが、一般の掲示板ユーザーにとっては非常識な長文とされてしまいます。
加えてkusanagiさんはテーマを絞らず、ランダムに写真以外の話を盛り込んでしまいますね。

これは明らかに閲覧者への〈釣り〉行為ですよ。
そんな話は要らないとの反論にはまた反論で返しますね。
それは〈煽り〉に等しいです。

まるで反論を待って手ぐすね引いてるような文章になっている事多いです。
今も閲覧者が嫌がる行為を継続されていますね。kusanagiさんの場合コメントではなくコラムと言えます。
ここには不必要な個人的な創作文章だと思いますが如何です?
それを荒らしと考えておられないようですが、荒らしだと私は思いますよ?

25   tonton   21/01/04 01:41

GGさんのステハン使用頻度、めっちゃ荒れてる時、見る事止めてましたのであまり記憶にありません。
多数の方の暴言の数々、いろんな板で展開されていたような感じでしたね。

今は改名されて、どのように変わってくださるのか様子見段階です。
OKA21氏と組む?
ありえませんね。
フォトコン板に参入されてきたので人となりを感じながら普通にお相手いたします。
過去よりこれからが大事なことと思っています。

26   kusanagi   21/01/05 20:51

私kusanagiのコメントを短文と言っていただけるのはtontonさんくらいです。(^^
他の方はほとんど読めていません。文章を読む力がなくなって来ているのか、それともモニターで読む
のが苦手か、それとも最初から読書など字を読む習慣がなかったかです。(笑)
私のコメント、ではなくてコラム(言い得ています)は、実は未来への伝言ということにしています。当初
からそのつもりで書き込みしています。そういう意味では確信的かもしれませんね。

今現在ではなくても、すでに長年のあいだ「写真の力」というものは昔(黒白写真時代)と違ってほとんど
ありません。今の写真は社会的な影響力というものがなくなっていると思います。
また多くの写真の愛好家は、ただ私的な楽しみだけで写真趣味でやっているだけだと思ってます。
定年を過ぎて趣味もないんでは寂しいとばかりに、じゃあ手軽にできる写真でもやろうか。という程度の
ことで写真をやっていると思いますね。これは世間に背を向けた一種の現実逃避だといえますかね。
そういう人にとっては、夢見を覚ます私のコメントは気に入らないことでしょう。

最近は写真の代わりに動画がすごく伸びてます。ネットでも動画サイトの人気は大変なものがあります。
ユーチューバーという、自らがメディアであると自負する若い投稿者が、多くの人達の人気を集めてい
ますね。それを補助する会社もありますから。
今回の米国大統領選の報道でも、既存のメディア(テレビ・新聞雑誌等)がコケてますから、その分は
ユーチューブなどが爆質的に視聴率を伸ばしてます。ツイッターやフェイスブックなどのSNSは多少
検閲が掛かっているようてすが、グーグルのユーチューブはほとんどそれが見られないようです。私は
これでグーグルを随分と見直しています。
しかし動画を撮影するのは撮影者の負担が大きすぎますね。それで私は動画撮影はやりません。(^^ゞ

GGさんは面白い人ですよ。人としては面白くないけど、その存在自体が現在のデジタル時代的では、
ないかと思ってます。
GGさんがどういう人なのか。それはtontonさんがご自分で見極めてくださいな。
少しだけ助言すると、GGさんは退職して初めて写真というものを知り、それはデジタル一眼レフ時代
からですが、写真としてはそれしか知りません。そしてその多くはこの掲示板の方々から、模倣し学ん
だという経歴の持ち主です。

GGさんの当初の師匠はGEMさんでしたかね。その後は主にこの私が師匠になってます。私は弟子を
もった覚えはないのですが、GGさんがそう思っているだけです。(笑) GGさんの捨てハン手法はGEM
さんから学んだと思います。GGさんはそれが写真や掲示板では普通の慣習だとして、罪悪感をもって
いません。それから意味ある匿名コメントと、捨てハン暴言の違いも理解できていません。
各板に自分の写真を多数投稿するのは、たぶん私の真似かもしれませんね。私の場合は板を超えて
のコメント投稿でしたが、GGさんは写真でそれをやってます。

ただこれはあくまでも写真論としてのGG批評なんでして、実在の岡崎二十一さんとは違うということは
明確に区別しておいてくたさい。実在の岡崎さんは人の良い好々爺さんでしょう。
考えても見てください。60過ぎまで遊びもせず懸命に仕事一筋でやって来て、退職して暇と金が出来た
からといって、じゃあ写真でもやりましょうか。といってもモノになるわけがありません。
形だけは模倣できたとしても中身が全く着いてこないわけでしてね。また社会の事も世間の常識すらも
大手の会社の中の優秀な歯車であったであろうGGさんには身についていない感じですしね。
ですからtontonさんや私のように、世間的に苦労をして来た人間とは別人種だという気がしています。
そんなわけでGGさんは、デジタル時代の掲示板が、純粋培養的に育てたミニモンスターだと感じてい
ます。

正直言いまして、Kazさんが正義感に駆られて告発するまでは、私はGGさんには全く関心がなかったの
です。そもそもGGさんは目立たない人でしたからね。しかし米国在住の方に指摘されるまで掲示板を
放置していて、そんなんでいいのかね?っていう気分が芽生えてきました。
言わばこれは外圧ですかね。(^^ゞ 
それでまあ、ケジメはつけんといけんわなあ、となった次第です。(笑) Kazさんが改めて写真における
正義というものを教えてくれたと思ってます。確かにそれがなければ掲示板は何でもありの無政府状態
になっちゃいますから。
捨てハンの殆どがGGさんであったというのは、ある匿名の人のコメントがあってから私も知ったという
くらいです。それで意識レベルはtontonさんとあまり変わらないですよ。(^^ゞ

GGさんがこれから良い方向に自分を変えられるのかどうか。
それはtontonさんにお任せしようと思ってます。勿論ご本人次第ですが
おそらくGGさんは、この何年間、捨てハンで掲示板をかき回して、なんだ掲示板って、写真人なんて、
この程度のものかと高をくくっておられたと思います。そして虚妄のKとGグループなるもの信じていて、
去っていったGEMさんの敵討ちでもしたつもりだったんでしょう。
Kazさんは、GGさんにはこの掲示板を去るべきであると言っていますね。私もそうしたほうがGGさん
ではなくご本人の為になるではないかと思います。はっきり言って現在の写真文化は幻想だと思って
いますから。芸術幻想で、画像耽溺の世界になっていますからね。
しかしただ去るだけは面白くないじゃないか、というのであれば粘ってみるのも一興です。

27   tonton   21/01/06 07:13

おはようございます。

GEMさんのお名前久しぶりに聞きました。
ヒートアップが凄かった印象は残っていますが、始まりを知らないので少し眺めた程度です。
レンズ板にGGさんがいた印象は無いです。繋がっていたのですか^^?
ステハンの半分以上はこの二人?と見てたと思います。
canon板の方々はステハンあまり使わなかったようですが、それが偉いとはちっとも思わなかったです。

掲示版の闘論・激論・叩き・擁護、などなど…
麻疹のようなもので、一度はハマるような気がします。
大抵の方は若いうちに経験して五十も回ればもう罹らないものですが、
ここの皆さん、遅くに掲示版に入られてますので〜ああなったのだろうなと傍観するしかなかったです。

それにしても、普通にコメントからコラム化?なものになっちゃいますね。
kusanagiさんと同じで、書こうと思えばいくらでも書けますが〜かなり省略してます(笑)
こういうの…
情報交換・意見交換・無礼講板とかあればぴったりな気がします。

28   kusanagi   21/01/06 21:59

>情報交換・意見交換・無礼講板とかあればぴったりな・・・というのは私も感じてますね。(^^ゞ 
スマホ写真はもっと充実してくれればって思ってます。スマホのイグジフは情報(個人情報など)が
多すぎて、セキュリテイ上で受けつけられない場合があるんですかね。良く知りませんが。
それから女性だけが投稿できる板などもあれば良いような気がしますけど。(^^ゞ
これまでの経緯上大幅な改変は難しいかもしれませんが、この掲示板も次第に時代に沿ったやり方
になって行くかもしれませんね。

私の場合は、写真における機材のポテンシャルということを考えていますので、例えばGEMさんや
zzrさんなどが投稿しなくなったのは、基本的には、使われているカメラが凄すぎたからだと考えてい
ます。
高齢者ではなく、比較的若い方(当然お仕事もしている)が超絶なカメラを使われると、そのバリバリの
情報量にやられてしまうのではないでしょうか。これは私も実際に体験してみて確実に眼と脳疲労を
起こしましたから良く分かります。これ、自分でも気がつかないうちに危険領域に行くんですね。
私も危うく大事な顧客をなくしそうになって、それで眼が覚めました。

サポート板に管理人さんのメッセージが届きました。tontonさんも是非お読みくださいね。
掲示板の月々の閲覧者数は3500人ほどになるそうです。確かに投稿はしなくても閲覧するだけって
のは分かります。私も昔はそうでしたから。
またExif解析アルゴリズムの問題も述べられています。
なりすまし(捨てハン)問題は大したことではないのですし、これは投稿者達の内部で解決すべきこと
ですよね。この問題に新たなリソースを割くのはもったいない気がします。


舞茸 (クロフ)
Exif情報
メーカー名 NIKON CORPORATION
機種名 NIKON Z 7
ソフトウェア Capture NX 2.4.7 W
レンズ 14-30mm F4
焦点距離 14mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/20sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 -1.7
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 1735x1117 (1,779KB)
撮影日時 2020-10-11 21:36:39 +0900

1   9r   20/11/10 20:33

天然舞茸の中でも貴重な黒舞茸、通称クロフ。
同じ大きさの舞茸より重くて香りも強烈です。
今までも何回かとったけどこれほど黒いのは初めてでした。

2   kusanagi   20/11/10 22:18

今年はキノコの当たり年なのでしょうか。キノコは食ってしまうと終わりなんですが、こうして写真
に撮っておくというのは大事ですね。
https://www.kuromaitake.jp/
天然の舞茸はシロフ(白)、トラフ(茶)、クロフ(黒)に分けられます・・とあります。白、虎、黒という
のわかりますが、「フ」というのは何を意味するんでしょうかね。

3   9r   20/11/11 01:09

名前の由来は不明ですー。
手前の木はブナで奥のがミズナラ。
ブナの根から?と驚きましたが埋まってた枝に発生してました。
この株は全部自分用にしました。


舞茸
Exif情報
メーカー名 NIKON CORPORATION
機種名 NIKON Z 7
ソフトウェア Capture NX 2.4.7 W
レンズ 14-30mm F4
焦点距離 15mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/20sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 -1.7
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 1887x1197 (1,981KB)
撮影日時 2020-10-11 20:44:05 +0900

1   9r   20/11/10 20:26

今シーズン一番の大物。当たり。
この後ろにもあって一回で下ろせず往復しました。
こんな株が八つで合計15キロでした (^ ^)

2   kusanagi   20/11/10 22:18

15キロですか! これってキロ何円で市場に出回っているのでしょうか。全部自分で食べたり近所に
配ったりするんですか。ネットでは天然舞茸1キロで税込8000円だそうです。

3   9r   20/11/11 00:56

産直の人からちょっと回してと頼まれたりしますが全部自分で食べるか知り合いにあげてます。
買取りの値段はモノによってですがキロ4500円〜。取れ始めの頃は倍位を提示されるようです。
形を崩さずに持ち帰るのが大事でボロボロになったのは価値が半分以下になります。


ナメコ
Exif情報
メーカー名 NIKON CORPORATION
機種名 NIKON Z 7
ソフトウェア Capture NX 2.4.7 W
レンズ 14-30mm F4
焦点距離 14mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/30sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 1767x1099 (2,201KB)
撮影日時 2020-10-18 22:50:51 +0900

1   9r   20/11/10 20:17

栽培ナメコは菌床物と原木物があります。
もちろん原木物の方が風味が良いのですが、普通ホダ木に使われるクヌギやナラより美味しいと言われるナメコができるのがブナ。
一般には出回らず地元で消費されるという事です。
写真は種駒をうったブナの切り株から発生したナメコ。
原木栽培の中の抜根栽培というものらしいです。

2   kusanagi   20/11/10 22:17

樹木のことを調べると、
http://earthresources.sakura.ne.jp/er/ES_P_SB6.html
ブナ・ナラ・クヌギ・カシは、全てブナ科の樹木です。コナラ属ブナ科ですか。全てどんぐりの実が
なります。ちなみにクリはブナ科クリ属のようですね。
こちらはカシやクヌギや栗は多いのですがブナやナラはあまりありません。
先日、讃岐山脈の大滝山という山に上り、山頂にブナ林がありました。標高は1000メートル弱です。
その途中では自然の栗が多く、道路にいっぱい落下しています。生で食べてもなかなかいけて、
ちょくちょくつまみ食いをしています。俺ってイノシシの仲間なのかも。(笑)

抜根栽培とは始めて知りました。それって、もしかして縄文時代からありそうな伝統栽培ですかね。
ということで、これは大変貴重な記録写真となっています。
ネットで「伐採跡地の切り株を用いたきのこ栽培」というのがありました。
https://www.pref.nagano.lg.jp/ringyosogo/seika/gijyutsu/documents/144-1.pdf
ウィキペディアでは、「伐根栽培」
>枯死した切り株を菌床として直接種菌を接種する方法で、既に雑菌が取り付き変色した切り株は
利用しない。長木栽培と同じく山間部での栽培に適し、発生させるキノコが生育する条件を満たした
環境であることが必須条件となる。ほとんどの広葉樹が利用でき、栽培可能な菌種も幅広く、キノコ
発生の成功率は約60%程度。条件が良ければナメコなどでは 3~7年程度の収穫も行える。直径30cm
以上の切り株は長期間の発生が期待できる。「伏せ込み」作業を省くこともできる。
・・とありました。

3   9r   20/11/11 00:24

山を歩いてると今年はいつもより熊の痕跡が多いと感じます。
怖いので撃退スプレーを買って携行してます。
キノコを売りにくる人からの色々な情報が欲しくて時々産直に行くのですが、昔はいなかった猪も怖いと言ってました。

所々にある黒くて丸いのが種駒をうった跡です。
近くにはブナハリタケの切り株もありました。


総合運動公園 3
Exif情報
メーカー名 NIKON CORPORATION
機種名 NIKON Z 7
ソフトウェア Capture NX 2.4.7 W
レンズ
焦点距離 24mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/800sec.
絞り値 F3.5
露出補正値 -1.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 1981x1320 (1,650KB)
撮影日時 2020-11-09 00:37:09 +0900

1   9r   20/11/09 22:20

Exifうまく出ませんね。
55mm、f1.2です。

2   kusanagi   20/11/09 22:57

ニコン55ミリF1.2をネット画像検索したのですが、マニュアルレンズしか出ません。もしかしてAFレンズ
ではなくて、オールドMFレンズなのですか? このレンズは確か私も所持していたような気がします。
写真を拡大してみると、やはりMFレンズなのかな。(^^

9rさん、お久しぶりです。(^^ゞ お元気のようですね。お仕事、忙しいのではありませんか。私の方
の仕事は・・・暇ですねー。(笑) 大分売上が落ちてきて、会社大丈夫かなって心配です。まあ、いつ
退職してもよい歳にはなってきてはいるのですけど、まだまた仕事はしたいですからね。(笑)

この銀杏並木は以前拝見したことがあるんですが、落葉が凄すぎですね。掃いてもはいても片付か
ないという具合で。掃除のオジサンたち大変です。(^^ゞ
オールドレンズは面白いですね。私も結構使ってます。もっともAFレンズですけど。しかしミラーレス
カメラならば、MFレンズでも割りとピントは合わせやすいです。

最近、この掲示板、Exif情報関連で上手く投稿できない場合があるようです。さっき私も1点投稿しよ
うとやってみたのですが投稿できませんでした。(笑)
9rさん、写真はぼちぼちやっていきましょう。私も最近はほとんど投稿出来てませんね。(^^ゞ

3   9r   20/11/10 19:29

kusanagi さんこんばんは。
こちらマニュアルフォーカスレンズです。
AI改造してない物だったのでグラインダーで加工しました。
開放でこんなんですけど絞れば解像感が素晴らしいです。
7と組み合わせると小さい割に重量感があって以前触らせてもらったオリンパスを思い出しました。

10、11月といつものようにカメラ持ってキノコ取りしてました。
暗いトコで手ブレ補正が効く7は重宝しましたが+レンズ数本+収穫だと重くなってしまうし、流れが急な川も渡るので軽くて画質もそれなりなコンデジは無いかなーと思う今日このごろです。。

4   kusanagi   20/11/10 22:13

コンデジ(レンズ交換不可)て思いつくのは・・・
リコーGR III
https://kakaku.com/item/K0001132733/spec/#tab
APS-Cサイズ、2400万画素、レンズは28ミリ相当単焦点です。現行機種でしょうか。
リコーGRⅡ
https://kakaku.com/item/K0000786937/spec/#tab
APS-Cサイズ、1600万画素、レンズは28ミリ相当単焦点です。旧機種なので中古になります。

あと、フジの高級コンデジX100V(レンズは単焦点)とか。ソニーRX100(レンズはズームレンズ)や、
キヤノンのパワーショットG5X(レンズはズーム)なんかでしょうかね。もうあまり最近のカメラのこと
は知らないのでよく分からないところがあります。(^^ゞ 
昔ニコンのAPS-Cのコンデジがありましたがレア物で手に入れることはできません。
やはりズームレンズ搭載のコンデジが便利ですね。
調べるのは撮像素子のサイズと画素数。レンズ(単焦点かズームか)、手ブレ補正の有無なんか
でしょうかね。基本、コンデジはレンズシャッターなのでシグマDPと同じで、ブレにくいです。
画質は撮像素子サイズが大きいほど良いです。画素数は1600万もあれば十分。
しかし最近はスマホ撮影でもいいんじゃないかって思いますが、スマホは落としたり無くしたり
すると困るので、その点コンデジは気楽に使えますね。APS-Cのミラーレスカメラでレンズキット
という考え方もありますが、レンズ固定のコンデジは潔くていいです。
オリンパスという名が上がったので調べますと、TG-6というカメラがありました。防塵防滴カメラ
のようです。これは面白いですが画質は期待できないかもしれません。

5   9r   20/11/11 00:01

こんばんは。
ズームのCanonが良さそうな感じですが中古でも結構高いんですね。
それにしてもDPメリルは値段下がらないです。。


総合運動公園 2
Exif情報
メーカー名 NIKON CORPORATION
機種名 NIKON Z 7
ソフトウェア Capture NX 2.4.7 W
レンズ
焦点距離 24mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/2000sec.
絞り値 F3.5
露出補正値 -1.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 1274x1855 (1,911KB)
撮影日時 2020-11-09 00:26:50 +0900

1   9r   20/11/09 22:16

イチョウ並木がTVで紹介されて賑わってます。
本当は別の場所を撮りに行ったのですが期待してた霧が出ませんでした。


総合運動公園
Exif情報
メーカー名 NIKON CORPORATION
機種名 NIKON Z 7
ソフトウェア Capture NX 2.4.7 W
レンズ
焦点距離 24mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1600sec.
絞り値 F3.5
露出補正値 -1.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 1842x1291 (2,489KB)
撮影日時 2020-11-09 00:13:25 +0900

1   9r   20/11/09 22:11

朝晩冷えるようになりましたね。。
古いレンズを手に入れたので久しぶりにカメラ持って出かけました。


郷土
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS-1D Mark III
ソフトウェア Capture One 7 Windows
レンズ
焦点距離 33mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/664sec.
絞り値 F5.7
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3761x2507 (2,477KB)
撮影日時 2020-02-02 23:24:22 +0900

1   kusanagi   20/10/29 22:41

ちょっと画像の引っ越しです。(^^ゞ
東北岩手 https://photoxp.jp/pictures/205860
金毘羅 https://photoxp.jp/pictures/205924
綾歌岡田七荒神(塚・古墳) https://photoxp.jp/pictures/206483
飯野山 https://photoxp.jp/pictures/206657
志々島 大楠 https://photoxp.jp/pictures/208076
まんのう町 備中池 https://photoxp.jp/pictures/208794
             https://photoxp.jp/pictures/208791
             https://photoxp.jp/pictures/208792
             https://photoxp.jp/pictures/208793
まんのう町 天空盆地 https://photoxp.jp/pictures/208790
まんのう町 毘沙門天 https://photoxp.jp/pictures/208804
              https://photoxp.jp/pictures/208802   
              https://photoxp.jp/pictures/208801
              https://photoxp.jp/pictures/208800
              https://photoxp.jp/pictures/208799
              https://photoxp.jp/pictures/208798
              https://photoxp.jp/pictures/208797
              https://photoxp.jp/pictures/208796
              https://photoxp.jp/pictures/208795
徳島 那賀川 https://photoxp.jp/pictures/209468
最初と最後を除いて全て地元県内の撮影です。
私kusanagiが生まれ育ち、現在も住んでいる香川の写真ばかりです。
これは私の写真でもあるのですが、それ以上に地元の写真でもあるということで、当初から
郷土の記録としての観点から撮影をしています。
写真の為の写真ではなく、機材のサンプル写真でもなく、自分の写真自慢でもありません。
もし私にも写真の強さというものがあれば、それは地元の写真を撮り続けている、その一言で
あろうかと思います。
たまには気分転換で県外の写真も撮りますけど、あくまでも個人的な小さな記録ということで
済ませています。県外、四国外の写真は借り物です。
写真の本質は、おそらくは身近な郷土に関する記録であり、少しの表現であり、また新たな
発見であろうかと考えています。それ以上でも以下でもないようですね。
長く写真を続けて楽しもうと思えば、何かひとつ目的がなければならないでしょう。その目的は
極めて具体的でなければなりません。一番簡単なのは郷土の写真を撮り続けることです。

中には高画素のカメラも使っています。極めて危険とも(私が)言い続けている超高画素カメラ
ですが、そういうカメラも使って行きたいと考えています。郷土の写真を撮り続けている限り、
その本来の目的を見失わない限り、機材によって自分を失うことはなかろうと思いたいです。
しかし用心はしていかないといけません。

逆の観点から考えれは、自身を見失う者は、高級なカメラやレンズを使うこと。ブランドを求める
こと。そして写真の為の写真をしていること。つまり写真文化の中だけでしか思考していないこと。
高級機材とは、プロ機、超高画素モデル、高額なレンズ、解像力のあるレンズ、フルサイズの
カメラ、ローパスフィルターレス、フォビオン素子、などなど・・・・切りがありませんが。
こういう機材は魔物なので不用意に使うと自分を失うのかもしれません。
そしてこの掲示板をみても分かることなのですが、廉価機やオールド機、オールドレンズなどを
使っている方は自分を見失っていません。また撮影対象を身近なものに限っている方もそうです。

こと写真では経済学で言うところの限界効用逓減の法則が強く当てはまるように感じられます。
つまり極めようとすればするほど本来の姿からは遠ざかってしまうということです。ほどほどの
機材で程々の撮影をしているうちは良いのですが、つまりその地点で最高の効用が得られると
いうこと。それで欲を出して、もっと良いものを得たい、もっともっとと、際限なく求めると、しっぺ返し
を食うということです。
これは人文的な思考法ですね。一見して技術的な科学的な考えではないみたいですが、しかし
よく考えれば、技術工学の分野でも十分通用する法則であり考え方です。つまり落とし所がある
ということですかね。

①高級機材、②広げた撮影対象、③写真文化への欲望、この3つのうち、全部があれば超危険
です。(笑) 1つだけならば問題がないです。2つならば注意信号です。

添付写真は塚とも言われる小さな古墳です。写真に写っている向こう側は平野ですが、写真の
背後は台地地形になります。その狭間にこの古墳はあるんですね。古地図ではもっと多くの古墳が
あったそうですが、現在残っているのはこの古墳のみ。
なんにせよ、生き残るというのは大変なんです。

2   で?   20/10/30 00:42

で?

3   kusanagi   20/11/09 21:30

.


APS2400万画素
Exif情報
メーカー名 NIKON CORPORATION
機種名 NIKON D7100
ソフトウェア Capture One 7 Windows
レンズ
焦点距離 35mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/125sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4000x5617 (11,661KB)
撮影日時 2000-03-13 10:07:11 +0900

1   kusanagi   20/10/19 20:33

ウィキペディアより・・
祠(ほこら)とは神を祀る小規模な殿舎。語源は神道用語の「ほくら(神庫、宝倉)」の転訛という。
小祠(しょうし)、小堂(しょうどう)とも。もともとは古神道に由来する信仰であるが、神仏習合に
よって道祖神に関連した仏(地蔵菩薩など)も祀るようになった。
・・とあります。
祠には木造も石材もあって多様です。この祠は弁天様を祀っているようですね。赤い塗装の祠は
始めて見ました。山池の畔にあり、その鎮護も兼ねているようです。
ニコンD7100の実力をみた思いで、思いきって高データの画像をアップしました。少しトリミングして
いるのですが画像調整はせずに、ほぼそのままの画像です。撮影時の光量はたっぷりとあり、
直射光が射しています。少し白飛び気味のところも。近接撮影ですので条件はよいです。レンズは
35ミリ単焦点F1.4。現行のレンズだと思います。APS-Cで2400万画素ですから画素ピッチは狭い
のですが、ローパスレスも相まって、実にシャープに、かつ怜悧に色もでますね。我ながら驚きまし
た。このカメラ、AFも良いですね。前モデルのD7000とは性能が違っていました。

このカメラの画素ピッチをそのままフルサイズに拡大しますと、仮想的に5600万画素となり、
(参考) https://photoxp.jp/pictures/211790
5000万画素のキヤノンとか6000万画素のソニーになる感じです。5~6000万画素のカメラなど、
私は必要とはしていないのですが、仮想的にはそうなるということです。しかし超高画素高画質の
カメラ、技術的には関心があり、私4000万画素前後の機種をそこそこ試してみましたがまだよく
わからない所だらけです。なお、こういうカメラ、仕事て写真をやっている人には当然に必要なカメラ
ですね。と言いますか、仕事でなければ使うことが適わないカメラだと思います。

D7100に話を戻しますと、仮想5600万画素の片鱗がありながら、実際には2400万画素のカメラです。
高精細なレンズを着ければきちんと描写をしてくれて、価格も手頃であるという利点があります。
たとえ解像力のないレンズを着けたところで、半分の1200万画素くらいで見れば問題はないです。
アマチュアとプロの違いというのは、決定的なのばアマチュアは趣味ですから時間の余裕がないと
いうところです。それを無理をしてプロ並のことをしようとしても限界があるのです。
ですからアマチュアとしてはD7100くらいが限界であり、フルサイズカメラにしても同じく2000万画素の
カメラまでしか使えないのじゃないかって考えてます。そこを無理して4000~6000万画素のフルサイズ
カメラに行くのは危ういということですかね。

それからプロとアマチュアにはもうひとつ決定的な相違があって、プロは写真に目的を持っています。
こうこういう写真を撮り、こうこういう処理をして写真を提供するという合目的性です。だいたい写真
そのものが自分の為の写真ではなくて、あくまでも依頼された写真ですからね。
ところがアマチュアには目的がありません。こうこういう写真をテーマ性をもって継続して撮るということ
すらしていないのではありませんか。目的も目標もないのですから、たとえ時間が多くあったとしても
危ういものですよ。小人閑居して不善をなす。ということになりかねません。
というわけで高性能な機材を持って写真をなさる方は自分なりの確固たる目的をもって写真に臨ま
ないといけませんね。またその目的が世間的に通用するものでないといけません。

この世間的に通用するというのは、これは難しいんですよ。アマチュアの写真というのは大体は自分
よがりの写真であって、一般には使えない写真ばかりなんですね。記録としてすら役に立たない写真
です。世間様に通用する写真を撮ろうと思えば、ほんとに一から全部、変えていかないといけません。
それでそういうものがクリアできてはじめて世間に奉仕できる写真が撮れるというわけです。
とにかく世間様にに役立てるような写真が撮れるようになれば、たとえ高画素カメラを使ったとしても
写真の病理というものは発生しないと思われます。

2   kusanagi   20/10/22 00:11

超高画素高画質というカメラ。これを長らく考え続けているんですが、要するにこういうプロの方
が使うようなカメラというのは、これは本来自分のカメラではない、このカメラで撮った写真は自分
の写真ではないのだ。と考えれば自然と納得がいくのかなって考えるようになってます。
自分の写真とか自分の為の記録写真としては、それは性能の低いカメラが相応しいのであって、
古いカメラとかそういうので撮ればいいんですね。
それで幾数千万画素フルサイズというような高級カメラは、これは誰かから預かって使っていると
いうような考え方をすればいいんではないですかね。またそれに相応しいレンズ等もそうです。

考えてみるとアマチュアの写真って、気持ち悪いほどに自分、自分と我が強すぎると思えます。
その過剰な自我と高性能な機材とが相まって病理を生むんであって、自分の強すぎる我意識を
なくせば何も問題は発生しないんじゃないかなって感じます。
日本人は本来、世間的にはあまり我を出さないようにしていますね。それよりも協調心です。
ところが、温和な人がカメラを持てば、一変して精一杯我を出して突っ張ってしまう。不思議なこと
ではありませんか。なぜそうなるのかというと、おそらく機材がそうさせるんじゃないかと思ってます。
昔から、車のハンドルを持てば人が変わるっていうことも言われていますし。(^^ゞ また写真という
文化に関しての勘違いというのもあるのでしょう。

多くのアマチュアカメラマンは機材の罠にはまってますね。簡単に言うと、高級な機材を持っている
人はどうしても我が出てくるんです。またカメラは普通機でも、高級人気レンズを使う場合にも要注意
ですね。
このような人達は自分がこの世界では偉いと思っている節があります。安い機材を使っている人を
下に見る傾向にありますね。
これをまず改めないといけないのですが、これは大変むつかしいんですよ。特に高級機ばかりを
使っている人はそうです。私はこのことには昔から気がついていて、それで廉価機材も同時導入して
使っています。レンズにしてもジャンク物も使ってます。なぜそうしているかというと、勿論、初心を
忘れないようにしたいからですね。

私が東北に撮影にでかけた時、最初は低画素のフルサイズカメラを使いました。古いカメラですね。
2回めの時は、カメラこそ現行機種でしたが、撮影記録はわざと記録画素数を落として使いました。
この2度の撮影はあくまで私自身の欲で行ったのであって、しかも見知らぬところでした。出来る限り
自分の我は出さないようにすべし、という意識から敢えてそうしたわけです。
こういうことが出来るのも、日頃から安い機材を使っていたからこそだと考えています。個人的には
東北旅行は大成功だったと思っています。もし自分の持てる最高の機材で撮影していたら、自分
の心というものを失っていただろうと考えるからです。何よりも東北の方に失礼であったろうという
ことですね。

もし不幸にして高級機材を持っている人がいれば、それは本来は自分のものではない、誰かから
預かっているだけだと考えるようにすればいいんではないですかね。自分のカメラではないのだから
自分の我欲な写真は撮れません。そのカメラを使わないこともできるし、もし使うのならば誰かの
為の写真にしなくてはいけないということです。無私の写真になるということです。

本来、超高画素カメラとか高級なレンズというものは、写真を職業にしている方が使う機材です。
それをたかだかアマチュアが自分のために使うものではないのです。そこを勘違いするから妙なこと
になるんですね。
多くのカメラマンは、出来るかどうかは別にして、とにかく高級機材を使うことは素晴らしいことだと
勘違いをしています。この勘違いが多くの不幸を生んでいますし、これからもそうでしょう。
カメラなんて所詮はモノです。ただのガラクタです。ついでに言えば写真だってそのようなものです。
ほんとうに大切なものは自分の心ですね。写真の精神ですから。

この小さな祠は、無くても構わないような些細なものです。しかし溜池のような大きなインフラには
必ずあります。不思議ですね。しかしその存在意義は既にご理解頂けたと思ってます。

3   で?   20/10/30 00:43

だから?

4   kusanagi   20/11/09 21:29

.


写真の病理
Exif情報
メーカー名 SONY
機種名 DSLR-A900
ソフトウェア Capture One 7 Windows
レンズ
焦点距離 85mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/60sec.
絞り値 F9.0
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4096x2731 (5,112KB)
撮影日時 2008-01-05 00:59:05 +0900

1   kusanagi   20/10/12 21:51

アサヒカメラ(既に休刊)の2020年6月号に立木義浩氏の写真観が掲載されていました。
フィルムカメラのことを主に書かれているのですが、このようなことを言っているようです。
・・・今ではモニターで写真をみるのが当たり前になっているが、写真はプリントが最終形だ。
透過光で見る画像は一見インパクトが強く感じられるが、細部が味わいにくく存在感に欠ける。
対して反射光で見る優れたプリントは平面でありながら奥行きを感じさせ、長く見続けても
飽きない。・・・
これ、別の言い回しをすれば、透過光のモニターは長く見続けることができない、ということ
かもしれません。そして細部もよく見えていないということでしょう。考えてみればこれは写真
として致命的なような気がします。

透過光の画像としては映像がそうです。動画の映画、デレビなんかです。反射光での動画は
まだ実現されていませんね。静止画ではスライドがそうです。これらはアクションとして、また
同時に多くの聴衆に見せるには便利なのですが、細部までよく見て鑑賞し、写真というものを
深く読み取るという意味では相応しくないものなのでしょう。
デジタル写真は透過光モニターで鑑賞することが可能です。もちろんデジタル写真でも立派に
プリントをすることは可能ですし、現在の全ての印刷物は写真も含めて全てデジタル媒体で
やってます。
しかし透過光モニターで見る写真は立木さんの言うように本当の写真ではないのかもしれま
せん。長く見続けることができず細部も不鮮明では、写真鑑賞として致命的なのかも知れな
いわけですね。

その結果、現在ではどのようなことが起こっているかと言いますと、物事を深く見ることができ
ない、深く考えることが出来ないというようなことが習い性になっているのではありませんか。
私は印刷業という職業がらで文字の校正をよくするのですが、この場合、モニターで確認という
のはよく間違いを起こすのです。それで必ず紙にプリントをして確認をするというのが鉄則です。
文字だけでなく図形もそうです。各パーツのレイアウトも紙だしでないと上手くバランスが確認
できません。結局モニターではほとんど分かっていないというのが事情なわけです。

ある産業衛生に関わっておられた方がおっしゃられていたことが思い出されました。最近は
企業の従業員のなかでも誇大妄想的な発言や行動をとる人が出てくるそうなんです。患者当人
は自信を持って絶対正しいと思いこんでいるのですが、攻撃的であり周囲に軋轢を起こしてし
まいます。そしてこのようなことは昔はなかったことだと言いますね。(躁鬱病)
これで気になったのは、ネット世界での自主警察的なことや、自動車でのアオリ運転や暴走
事故なんかですね。ようするにネット接続やネット上での発言というのは、とても安易で誰にで
も可能なことです。キーボードを押せばすぐさま字がでてきます。今まで文章なんか書いたこと
がない人でもなんとなく文章がでできたような気になります。そして驚くべきことにこれを世の中
に向けて発信できるのです。車でもそうですね。最近の自動車は誰にでも運転できアクセルと
ブレーキひとつで接近走行や暴走走行が可能なんです。
どうやらそういう安易さが時代の病理を生んでいるということかもしれません。

デジタル写真もプリントをするとか印刷に回すとなると格段に難しくなってきます。モニターで
見て綺麗だったのに印刷したものはそう綺麗じゃない。そう思う人がいれば、それは元の写真
データそのものが大したことがなかったということなんです。と言いますか、モニターだけでは
何も見えていなかったということが言えるんですね。
印刷業では個人でイラストレーターなんかでデータを作り、それを印刷屋に持ち込んで商業印刷
をすることが可能です。しかし個人であれデザイン屋さんであれ、そのデータはだいたい不完全
です。モニターで見ている分には完璧だと思っても本当はそうではないのです。ネットで使う分
には通用するかも知れませんが。いやでも考えてみればネットでもそうではなくで隙を突くハッカー
などにやられるんじゃないですかね。
そう考えれば、モニターというのは一種の幻の画像なのかもしれません。

Artist Daido Moriyama – In Pictures | Tate
https://www.youtube.com/watch?v=foWAs3V_lkg&t=1s
これは森山大道の動画ですが、中で森山氏がパソコンのオペレーターに指示を出しているシーン
があります。森山氏自身は高齢でもありPCでの画像処理などはしないようです。彼自身は黒白
フィルム写真時代に薫陶を受け写真を始められた人です。当時は自らの手ででフィルム現像をし
紙焼きプリントをされていました。
また写真とは印刷をしてナンボだと彼は言ってます。森山は膨大な東京の写真を撮り、出版をして
いるのですがその写真は全て、最終形は印刷であるということのようです。
森山氏は既に世界的に評価の高い写真家であり、特に若い人の人気も相当なもののようです。

奇しくも立木氏もそして森山氏も同じことを言っていて、写真とは紙にプリント、印刷をするという
ことなんですね。それでプリントも印刷もしない写真というのは、ネットやモニターで見る写真のこと
ですが、それは写真ではなくて未完成の画像だということになります。
これは肝に命じておくことかなって思います。そしてこの未完の画像をやればやるほど、のめり
込んでいくほど、人は病むのかもしれません。
今現在進行形で、この掲示板てその病む姿というものが見られます。結果的に非常に貴重な
記録となっているわけですが、これは何方でもそのような病理に陥るかも知れないのです。

少しメモがてらに記すと、
その病理に陥らない有効な手立てとして
①高級機は使わない、カメラは中級機以下で十分 レンズは手頃で十分
②PC/モニターも普及レベルでよい 高性能、大画面を使うな
③何かひとつは拘りのものが欲しい 例えばポートレートでの職人技 またマニュアルライクで
 の撮影とか
④撮影はとにかく歩くこと 森山大道も東京を歩いてます
⑤撮影範囲は身近でよい 森山大道は地元東京ばかりの撮影です。郷土愛かな(^^ゞ そして
 自分の写真に長いテーマを持つこと 写真以外の関心を常に持つこと
⑥写真は芸術だとは考えないこと よしんば芸術だとしても、モニター画像は絶対に芸術なんか
 じゃない。芸術をやりたければプリントをしろ

2   で?   20/10/30 00:44

ナニ?

3   kusanagi   20/11/09 21:29

.

4   WGさん問題について、その総括 kusanagi   20/12/07 20:54

WGさん問題は、ポートレート板に集約しています。この2つのスレです。
https://photoxp.jp/pictures/213041
https://photoxp.jp/pictures/212074
これらからリンクも貼っています。関心のある方はいないと思いますが、過去コメントが見易いように
しています。
ここで総括として、WG問題を纏めてみたいと思ってます。最初に結論を言いますと、これはこれまでの
ケースとは全く違うということです。

私kusanagiがこの掲示板に於いて挑戦したという御仁は、GEM(GM)さん、そしてニコ爺さんことNGさん
ですが、MN研でのPさんも少し注目してました。しかしPさんはMN研内部で処理されましたね。
このようなベテラン投稿者は、ある程度写真をよく知っていて、勿論その知っている写真というのは、
カラーフィルムの写真文化であったわけですね。それは芸術至上主義です。これは1980年代から
カラー写真文化が花咲き、多くのアマチュア写真家が求める趣味写真の理論的支柱となっていたもの
でした。写真が報道か芸術かというと、芸術の部類になります。

それらの写真の延長として、デジタル写真に向かったという時代の背景かあります。GEさんもNGさん
も、Pさんも、そしてW(笑休)さんも、共通してアナログ時代の写真はある程度はご存知であったわけ
です。
もっとも写真のアナログ性の度合いとしては、黒白フィルム写真文化がもっともアナログ的であり正統
な歴史を持っているわけです、(私はこの地平に立って思考しています)、しかしここではその考察は
パスします。
このフィルム時代の写真というのは、デジタル時代とは異なり、写真をプリントとして鑑賞するという
ことが挙げられます。

そして今回の演題であるWGさんなんですが、彼のコメントから見ると退職されてから写真に行った、と
書かれています。それまでは写真を知らなかったというわけでしょうね。
そして、デジタル一眼レフが登場して既に20年が過ぎています。少し推察すれば、退職された歳が
60歳だとしてプラス20年で今は80歳になるかもしれません。だいたいそこら辺でしょう。
年齢のことは別として、おそらくフィルム写真はやっていなかったのではないかと思われることです。
つまりフィルム時代の長い経験が無いということ。これは重要なことです。
これは上記の御仁たちとは、ぜんぜん違うベースに立っているということだと思うんです。私が感ず
るに、GGさんはまるでコンピューターゲームを楽しむように写真を、そしてこの掲示板を捉えているの
ではないかということなんです。

フィルム時代の御仁たちは、少なくとも写真に対する彼らなりの愛着や定見というものがありました。
それはある意味で写真に対して責任感を持っていたということです。自分の写真に誇りを持ち、この
掲示板を去るに際しても割りとスムーズに行っていたことです。
なお、NGさんは立つ鳥跡を濁さずではなかったと思われるかも知れませんが、これはGGさんが絡ん
でいたためにそうなったわけですね。ここは誤解がないように。

ところがWGさんに関しては、これまでの御仁達とは全然違うっていう新しい事態に突入しています。
今でも不思議で仕方がないのですが、WGさんのような人間は、写真を趣味とする人達には存在しない
ように思えることです。いや、それはネット上のことでして、実は個人的には二人ほど知っています。
まるで写真をコンピューター画像のように写真を捉えて膨大な画像群を生産していた方達。最終的に
は二人とも難病と付き合うようになってしまいましたが。撮っていた写真はシューテイング写真のみ。
野鳥とかスポーツの分野です。写真はデジタルになってから始めています。
おそらくそういうケースにGGさんも該当するのではないかと私は考えています。

しかし私が知っていた難病の二人はネットではなく、あくまで個人的な範囲で終結していたのですが、
WGさんは掲示板というネットと深く絡んでいて、事の事態が自分だけでは収まらずに他に影響力を
及ぼしているということで、やはりこれは新時代の、解決に困難な問題のように思えます。
難病の二人はデジイチが出始めた頃の話ですので、ネット利用というだけでなく、写真のプリントもよくされていました。プリントをすれば確かにデジタルでも写真になるというところがありますから。
しかしWGさんにとっては掲示板はネットゲームのようなものではないだろうかと想像していますね。
捨てハンをするのは愉快だ。写真投稿攻撃をするのはネットゲームで勝ちを取ったように勝利感が
ある。そんな気分で写真を生産し投稿して、掲示板で写真ゲームを楽しんでいるのではないでしょう
かね。

ここではもう、写真はプリントのようなものてはなくて、純粋なデータなんではないでしょうか。その
データをネットに上げて、モニターで見て、というデータ写真の世界に突入しているように思えます。
WGさんは高齢者ではなくて、ついこないだ写真ゲームを始めた少年のようです。そう、WG少年では
ないでしょうかね。この写真ゲームを色んなアイテムを使って相手を攻略するというゲーム。
相手はKazさんだったりkusanagiだったりNGさんするんでしょう。そういうものでネットゲームに夢中
になっている少年のように輝いているように見えます。
WGさんは模倣能力が少年のようにたくみで、直ぐさま対戦する相手のアイテムを習得するところが
あり、そういうのもゲーム能力が高いと言えそうです。

それにしてもこれが現代のデジタル写真の有様なのかなって思うところかあるんですが、私はそうは
考えていません。デジタル写真時代と言えども本当に若い方が行うデジタル写真は、そういうゲーム
感覚では捉えていないからです。やはり写真は写真であり、彼らなりの新感覚の作風はあるにしても、
写真自体はオーソドックスに捉えているようです。
つまり旧来の写真の伝統でもなく、新感覚の写真スタイルでもない、もっと何か別のものに突入して
してしまったのがWGさん問題であると考えています。
WGさんにとっては掲示板はゲームの場そのものであって、写真やカメラはその為の道具というか、
機材などはゲームのアイテムのようなものかも知れません。

やはり、どう考えても普通ではないのであり、ひとつの病気だろうと考えるしかないだろうと思ってい
ます。ある意味でこの掲示板の癌細胞と化してしまったWGさんですが、これを止めることは不可能だと
すら思えます。癌細胞は不死なんですね。掲示板が死んだ時はじめて癌細胞も死滅するという具合で
しょうか。
ところでゲームには相手が必要です。相手のいない対戦ゲームはないのです。ひとつはWGさんの
写真にコメントを貰える投稿者はゲームを戦う同士(味方)です。そして敵対相手は、いまこのようにコメ
ントを書いているkusanagiのような相手であるわけです。敵がいてゲームが成り立ち、そして味方が
いてパワーを付ける。WGさんが捨てハンで楽しんだというのは、敵を作ることでしかゲームが成り立た
ないからですね。
癌細胞はその栄養を正常細胞から得ています。ウイルスでもそのようです。これはゲーム上の味方か
ら栄養を得てパワーを獲得し、それでゲームを続けられているということであるわけです。
WGさんにコメントを送る投稿者は正常細胞であり、その彼らのエネルギーを利用してゲームを続ける
ことができるということです。

もっと言うと、自ら掲示板をゲーム化して敵と戦うスタイルを作るのですが、その本当の目的は敵の
獲得ではなくて、むしろ同士という味方を作り、その味方のエネルギーを獲得するという寄生本能から
来ているではないかということです。そもそも悪という名の寄生物とはそのようなメカニズムでできてい
るんですね。
これは中国共産党と同じ仕組です。軍国日本や米帝国という敵を作り、それへの同士・味方ということ
で中国人民を扇動して、その実、その人民の生き血を搾取して成り立つのが悪の共産党の本性であ
るわけですから。とにかく悪の根は付きないというのがこの世の習いです。

WGさんにコメントを寄せる多くの投稿者は、彼も自分と同じく写真を楽しみながら写真の道を向上させ
ようとしているのだとお考えでしょう。しかし実際は違うようですね。
長らくWGさんの写真を見て、私は彼の写真が良いねっ、面白いね、参考になるねって感じてことは
ありません。比較的評価できるのはスナップ写真ですか。これは反射神経で撮る写真なので彼に向い
ているのかもしれません。ゲームは反射能力が大事ですから。
しかしその殆どの膨大な写真群は、写真でも芸術でもなくて、ただ単に生産された画像です。ちょうど
中国で生産される安価で膨大な工業生産物のように。

写真を芸術だとして考え、それ以外の選択を狭めてしまった、カラーフィルム写真の文化。それを今の
デジタル写真の時代にそのまま通用すると考えていた御仁達は、この掲示板から去って行きました。
しかしながら彼らも写真という文化を大切にするということでは、大変にまともな人達であったわけで
すね。
いまここでWGさんという、写真の枠からはみ出てしまった人間を見ていると、彼らこそが本当に写真
を愛してまともに考えていた人達ではなかったろうかと、つぐづくと思えるわけです。
とにかくWGさんはこれまでの写真文化の範疇では捉えられない人物であるようです。ひとことで言うと
写真なんかではなくて、単に画像データ依存症というところでしょうか。ゲーム依存症に極めて近い
人間でしょうね。

そう考えると、WGさんの写真を見ても何の感想も出て来なかったことがよく理解できるわけです。
なんか画像があるねっていう感覚。写真だとそれを撮った方の心とか思考というものが伺えるのです
が、WGさんの画像にはそれが無かったということ。
それから彼のコメントにしてもそうでして、これが本当に人間が書いた文章なのかと訝るところがあり
ました。なんかコピペで繋いだような文でしたから。
とくかくデジタル時代でなければ決して登場しない人間だろうと考えています。正直言って私にはとう
てい理解出来ない人物ですね。

ただひとつだけ直感として言えることは、WGさんの本性は捨てハンや匿名のコメントにこそあるのだ
ということです。そちらが本当の本心なのであって、WGさんの名で書かれたコメントなどは嘘で作り事
であり(その殆どは誰かが言っていたことのコピーなのですから)、それは彼の写真は心が不在の写真
であるということと同じだということです。
ですから、ここ1・2年の捨てハン稼業をやっていた頃は、本当に活き活きとして楽しかったのではない
でしょうか。


この掲示板もイグジフ問題で投稿がしずらくなり、投稿者も激減してきました。みなさん工夫をされて
投稿を続けている方々もおられます。私はこの投稿問題は、掲示板運営に於いて投稿データ量が多く
なりすぎた結果からの措置だろうと考えるところがあります。ごく一部の投稿者が多量の投稿を繰り返
せば掲示板運営に支障きたします。掲示板の本来の姿は、数多くの投稿者が訪れ、彼らがまんべん
なく投稿することであり、突出して特定の方が投稿データ量を独占することではありません。
しかしながら私としては、この投稿できにくくなった新常態でも構わないという気がしています。これは
これで写真掲示板としてもやっていけるのではないかと考えるところがあります。

シルキーピックスやキャプチャーワンが使えなくなったこと、アドビにてもイグジフ外してないと投稿で
きなくなったこと等々。すでに機材の性能を見る写真掲示板ではなくなりました。逆に考えれば機材と
いうものに翻弄されることがなくなったというわけです。
個人的に最近は写真り撮影が本当に楽しくなったという気がしています。自分の写真が撮れるとい
うこと。コロナ下であり撮影は県内程度にとどめていますが、これまで気が付かなかった被写体に
巡りあえているということです。写真なんて人に見せることでやってはいけないということが良く分かる
ようになりました。


リコリス
Exif情報
メーカー名 RICOH
機種名 CX6
ソフトウェア CX6 Firmware
レンズ RICOH ZOOM LENS
焦点距離 18mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/620sec.
絞り値 F9.5
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3648x2736 (5,085KB)
撮影日時 2020-09-23 19:48:03 +0900

1   youzaki   20/09/24 19:20

コンデジでリコリスを撮りました。
色がイマイチですね・・


トレニアに接写
Exif情報
メーカー名 RICOH
機種名 CX6
ソフトウェア CX6 Firmware
レンズ RICOH ZOOM LENS
焦点距離 18mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/870sec.
絞り値 F4.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2256x1689 (2,791KB)
撮影日時 2020-09-23 19:42:24 +0900

1   youzaki   20/09/24 13:46

私の接写専用のカメラCX6で撮りました。

このカメラ中古でもまだ価格がついています。

2   kusanagi   20/09/24 22:41

リコーのカメラは、写真家の森山大道氏が使っているカメラです。氏はそのカメラで膨大な
東京の撮影をしているのですが、いくら撮っても飽きないと言います。その一翼にリコーの
カメラが貢献しているのかも知れませんね。

3   youzaki   20/10/04 00:55

kusanagiさん コメントのお礼が遅れ申し訳ありません。
ご覧頂くだけで嬉しいです。
今はメインはEOS7Dですが一時GXRと3本レンズを使用して楽しんでいたこともあり、Ricohカメラはすきです。


ノボタン
Exif情報
メーカー名 RICOH
機種名 CX6
ソフトウェア CX6 Firmware
レンズ RICOH ZOOM LENS
焦点距離 5.4mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/1070sec.
絞り値 F3.7
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2676x2005 (3,444KB)
撮影日時 2020-09-23 19:48:43 +0900

1   youzaki   20/09/24 13:39

堺の塀にノボタンが咲きました。
好きな色の紫で撮りました。
古いカメラですが好みのカメラで永く使用しています。

CXシリーズ3~6まで使いまだCX5も現役で使用しています、

2   kusanagi   20/09/24 22:40

花といえば気づくのは、地蔵さんを撮っていれば、普通に花立に切り花が添えられていて、
それから地面にも種が撒かれて自然に花が咲いていたりします。
その花で、訪れた時期が分かり、なるほど花というのは時を刻む指標になるのだと思って
います。人生の各々の時には、嬉しい時にも悲しい時にも必ず、花という添え物が登場し
てきますね。そういう花と人の人生は切り離せないものかもしれません。

3   youzaki   20/09/24 23:26

kusanagiさん コメントありがとう御座います。
年齢で花の名前も忘れていますが鑑賞すると奇麗で写真を撮りたくなります。

散歩で海岸を歩くといつも五色台の山が見られます。
くもりが無ければ坂出が島の間から見られます。
10年前はドライブに大橋を渡り香川県でうどんを食べて楽しんでいたのに・・