その他デジカメ写真掲示板

その他デジタルカメラ用掲示板。

1:無題1 2:無題1 3:無題2 4:無題1 5:無題1 6:無題1 7:無題1 8:無題2 9:無題1 10:無題1 11:無題1 12:1 13:1 14:1 15:1 16:1 17:1 18:1 19:1 20:1 21:1 22:1 23:1 24:1 25: 道1 26: 道1 27: 道1 28: 道1 29: 無題1 30: 無題1 31: 無題1 32: 無題1      写真一覧
写真投稿

無題
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-510
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 29mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/30sec.
絞り値 F3.2
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 400
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2560x1920 (2.75MB)
撮影日時 2007-01-03 01:40:16 +0900

1   kusanagi   2021/12/4 21:11

最近の狛犬は、このように花崗岩でできています。昔は彫刻技術が乏しかったので硬い花崗岩を細工
するのは難しく、せいぜいレリーフのお地蔵さんまででしたが、今は技術の向上で立体的な彫刻ができ
ますので、最新のものはほぼすべて花崗岩の狛犬となっています。中国製の狛犬も出回っているみたい
ですね。
しかし狛犬マニアとしては、花崗岩のものはキレイ過ぎて味わいに乏しいと感じています。まあ、後百年
もすれば味が出てくるかなって思いますが、その時は既に私はいません。(笑)

狛犬には瓦陶器製のものもあります。私も3回ほど見たことがありますね。また個人で焼き物として作る
人もおられます。それは置物ですかね。そういえば狛犬をブロンズ青銅で作ったのもあったと記憶します
ね。牛などではコンクリート製もありました。神社には牛とか神馬なども置かれていますが青銅製が多い
です。そして手水場には龍とかですね。
神社の石像物としては、とにかく石段であり鳥居であり灯篭や祠などがそうなのですが、その中でもっとも
愛らしいのが狛犬・獅子です。
これがお寺になりますと石像やお地蔵さんになります。人型になるんですね。香川の石仏や地蔵は今ひとつという気がしていたんですが、狛犬を求めて撮影に行きますとなかなか立派なのが多くありました。
石灯篭なんかもこれから意識してみていくと様々なものがありそうですがあまり面白くはなさそうですね。

コメント投稿
無題

1   kusanagi   2021/12/4 21:09

ペンタックス645DのRAW画像は、私のPCではライトルーム4.1とペンタックス・デジタルカメラ・ユーティリ
ティ4で現像できるのですが、もうひとつ、ピカサ3をインストールしている関係で、ピカサ・フォトビューア
でも簡単に見ることができます。スピーディに閲覧できるのですが、本体のピカサ3は現像に対応していな
いようで、それでピカサ・フォトビューアの表示画像をコピーして、ウィンドウズのペイントに貼り付けると
90MBくらいのPNGファイルになります。それをキャプチャーワンでJPEGに圧縮したのがこの投稿写真で
す。
このやり方の画像生成自体はまどろっこしいのですが、とにかくピカサ・フォトビューアで簡単に閲覧でき
るのは何と言っても有難いです。

ピカサ・フォトビューアはペンタックスやオリンパスのRAW画像が閲覧できるのですが、今回の645Dが可
能だったので、ピカサをインストールしていて良かったかなって思ってます。
現像はともかくとして、簡単にスピーディに閲覧できるソフト的な手段は持つべきであって、シグマは純正
RAWソフト以外は閲覧もできないわけですね。それで645Dの優位性を感じています。

もっとも、素早く見る為のノウハウとしては、撮影時点でRAW+JPEG撮影をすれば何の問題もないわけで
すよね。(^^ゞ ただ、RAW+JPEG同時記録は、書き込みが遅くなることと、撮った後のデータ管理が煩雑と
いうことで、私は昔からやっていません。撮影もデータ管理もシンプルで、というのが私の考え方です。
JPEGで見て、さらにRAWソフトでも見るとなると二重に閲覧することになり、画像データに心身が塗れ過
ぎるわけでして、私の考え方の、できる限りPCでの画像操作を短縮したいという考え方に反することにな
ります。それで今後も二重記録撮影はしないでしょう。

そうは言いながらも実は、ピカサ・フォトビューアはほとんど使っていません。(笑) 使うのはライトルーム
だけですね。やはり画像データの二重見は私は好きでないということなんでしょう。一発でTIFFデータ並
みの画質がビューできないと、画像閲覧の意味が薄れると私は考えているからです。ペンタックス・デジタ
ルカメラ・ユーティリティ4は閲覧画像がダメなので既に脱落しています。
こういう感じで、メインのソフトはキャプチャーワン、そしてシグマSPP、さらにそれらから漏れ出たカメラは
ライトルールで、ということになりました。

それと多重のソフトを使うというのも私は賛成できません。これをやっていた方達は長く写真趣味が続行
できなかったと思っていますので。とにかく一発撮影と一発現像閲覧ですかね。これに勝る方法はないだ
ろうと私は考えてます。
それから自分はJPEG撮影しかしない、というのもアリだと思ってます。JPEGだけの記録でRAWなどは
無視というのも潔くて良いと考えます。手持ちのカメラもJPEG撮影しかできないというのがあり、その場合
は当然にJPEGで撮影します。JPEGデータはTIFFデータと並んで永遠性があり、百年経っても閲覧できる
という高い信頼性があります。

コメント投稿
無題
Exif情報
メーカー名 Panasonic
機種名 DMC-L10
ソフトウェア Photoshop Lightroom 4.1 (Windows)
レンズ
焦点距離 17mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/160sec.
絞り値 F6.3
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3648x2736 (8.08MB)
撮影日時 2007-01-07 22:43:52 +0900

1   kusanagi   2021/12/2 23:34

神社の狛犬・獅子は、拝殿や向かって左が口をつぐんでいる狛犬で、右が口を開けているのが
獅子です。ところが下に投稿した写真は左側が獅子となっていて、変だなって思ったら、写真が左右
反転していました。(笑)
最初に縦位置撮影で画像が寝ていて、間違った操作で上下が逆になったのを天地反転させたのが
原因のようです。確かに獅子の下側の字が逆文字になってます。(^^ゞ 今回上げた写真が、本当の
正写真ですね。

パナソニックのレンズはコントラストが強くて、そのぶん中間諧調が乏しいのですが、メリハリのある
写真になります。ボディのパナL10の画質もそのような傾向なので、その相乗効果でかなり硬い描写
となりますが、言い換えればダイナミックな描写となります。モニターによってはL-1やオリンパスの
レンズは、描写が眠いように見えるかと思いますね。(^^ゞ 

パナソニックのカメラで最高の画質を出してくれるのは、フルサイズ機のLUMIX DC-S1/S1Rです。
センサーはソニー製ですが、画像エンジンはパナソニック製なので、しかも渾身のエンジンとも言うべき
ものを搭載したカメラですから、その画質は中判カメラ並みだと私は思っています。あまり人気のない
カメラかも知れませんが間違いなく名機だと思ってます。ただレンズの手持ちがゼロなので手を出し難い
カメラとなっていますね。

フォーサーズカメラは望遠には有利ですが、しかし標準や広角レンズを着ければAPSやフルサイズカメラ
と同じような一般的な写真が撮れます。youzakiさんもぜひ、フォーサーズ機を大いに使っていただきたい
と思っていますよ。(^^ゞ この「その他デジカメ写真」にも投稿をお願いしたいものです。
なお、望遠撮影やマクロ撮影に眼が慣れていると、普通の撮影はまどろっこしいところがあるかも知れ
ませんが、ごく普通に眼で見えた感覚で素直に撮れるのが標準や広角レンズです。それは肉眼での
視野角のことですね。
私、個人的には広角や超広角レンズが好きです。何も考えずに肉眼で見たままの広さが得られるから
ですね。大雑把でズボラな写真術ですけど、記録として撮影するには便利なレンズとなります。なお広角
レンズも、接近して撮影すれば被写体は大きく撮れますね。

ところで下のリンクの動画をみていると、佐渡島でのトキの話が後半に出てきました。
「ネオニコ系農薬 人への影響は【報道特集】」
https://www.youtube.com/watch?v=0J1T-MO3t5U
トキはなかなかに綺麗で優雅な鳥ですね。たぶん佐渡へ行かないと見れない鳥だとは思いますが。(^^ゞ 

2   youzaki   2021/12/4 09:42

素敵な窯犬の写真いいですね・・
先の投稿の狛犬も良かったですが後ろ姿もいいです。
台座の彫り物も気に入りました。
また素晴らしい狛犬の紹介を期待しています。

コメント投稿
無題
Exif情報
メーカー名 PENTAX
機種名 645D
ソフトウェア Photoshop Lightroom 4.1 (Windows)
レンズ
焦点距離
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/60sec.
絞り値
露出補正値 -0.3
測光モード 中央重点測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4000x2996 (6.49MB)
撮影日時 2020-11-28 21:52:23 +0900

1   kusanagi   2021/11/30 20:36

ペンタックス645Dで致し方なく、手馴れたキャプチャーワンからライトルームを使うようになっているの
ですが、こと645Dに関してはソフトの動作の重さに不本意を託っています。やはりキャプチャーワンは
4000万画素でも5000万画素でもスピーディですからね。ライトルームでの645Dは、ほぼシグマのSPP
でのメリル並みの遅さですから。
とは言っても1000万画素クラスのパナソニックだとスムーズに動作してくれます。ライトルームの画質
は悪くないですね。もっとも645のライトルームでも、読み込み始めてしばらく放置しておきますと読み込み
が進んできてスピードは上がります。そこらへんはSPPとは違うところ。
とにかく様々な機種だけでなくソフトも多様性を持たせたほうが面白いかなって思いましたね。

ペンタックス645Dはその圧倒的な光学ファインダーが利点なのですが、これに慣れるとフォーサーズの
ファインダーは極めて小さく感じます。その中間がフルサイズやAPSカメラなんでしょうけど、慣れという
のはあるもので、使っていると小さなファインダーのパナL10や、ミラーレスの背面液晶での撮影でも苦に
ならなくなります。
つまりはファインダーというものは、あってもなくてもさほどに重要なものではないのだということでしょう。
一番に大事なのは裸眼の肉眼で撮影するものを決定することですからね。それを最後に確認するだけの役割なのがファインダーですから。

写真は見て撮る。肉眼で見て探して写真を撮るわけですけど、もっと大事なのは、その光景に至ること
ができるのは自らが歩いているからであって、歩いてそこまで到達できるから撮影ができるわけです。む
ですから、写というのはファインダーでもなくて、眼でもなくて、本当に大事なのは、歩けることだと最近は
ひしひしと感じています。
それからただ歩くだけではなくて、カメラを持てなければなりません。その両足と両手があるから写真が
できるのであって、そんなこと当たり前じゃ、と言われるかもしれませんが、写真にとって大事なことは
詰まるところ、健康な身体だということでしょう。
健康な心身さえあれば写真は容易くできます。ということは心身が不健全であれば写真は出来難くなる
ということでしょうか。

そして写真をして思うことは、さらに写真を撮りたければもっともっと歩いて出かけなければならないと
いうこと。つまりは健康であり続けないと写真は継続できないわけですね。歩いていって、カメラを持ち続
けて、そしてこの世界の様々なものを見続けていくということ。写真とはそういうことなんではないかと
最近は思えてきています。
良い写真を撮るとか、それを見せてどうこうするとかいうのは瑣末なことなんでして、とにかく自分の写真
をやり続けていくと言いますか、この世界に興味をもって歩き続けていくことの大切さが最も大事なん
ではないかなということですかね。

コロナ禍を切っ掛けに、最近は身近な場所での撮影に終始していますが、それでも被写体に不足を感じ
ることは一切ありません。狭い香川や四国のなかでも十二分な世界が広がっています。
日本全国を走り回ったところで、地球を股にかけて出かけたところで、太陽系や宇宙に比べれば微々たる
ものです。私にとってはこの四国の、瀬戸内の世界で満足ですしそれ以上は望むべきものではありませ
ん。むしろ、これからは自分の内面に広がる世界を発見していきたいなって願っています。
とにかくこの世界は多重性に満ち溢れていますね。多様というよりも多重性であって、圧縮されている
というイメージです。紐解く鍵を見つけ出せばその多重がほどけ多様な世界観を見せてくれるわけです。

コメント投稿
無題
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-620
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 11mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/30sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 800
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2560x1920 (3.21MB)
撮影日時 2009-01-02 02:03:39 +0900

1   kusanagi   2021/11/30 20:35

残留思念という言葉があります。ある人が自分の思い、思念、ついては欲望というものを物に込める
というくらいの意味です。その典型が古代の王の墳墓です。殆どの墓は盗掘にあってしまい王の
思念は残ることがありません。もちろんそれで良いわけです。
そして写真にも自分の思念を込めることが可能ですが、特別な思考をする自欲過多の人が写真に
念を込めることをするようです。断っておきますがそれは芸術ではありませんし、写真の本性でも
ありません。芸術の仮面を被っているようでいて、その実は単なる自己拡張を写真に押し付けている
だけなのです。それを見抜かないと人は簡単に残留思念の弊害(呪い)を受けてしまいます。

私はよく神社を撮ります。神社の発祥や起源は様々ですが、最近面白い神社を見ました。
元は古墳です。かなり大きな円墳なのですが、その半分が神社の建物によって削られているのです。
これはどういうことかというと、残留思念という古墳の残滓を、神社という装置によって浄化するという
役割を担わせているのではないかということです。
神社は浄化のシステムを持った一種の装置でしょうか。香川は溜池が多いのですが、大きな池には
必ず神社が付随します。溜池は大きなインフラなんですが当然に自然を破壊してしまいます。その
償いとして人々は神社を建立するのではないかと感じたわけです。そして神社の杜には無くなった
土地に生えていた樹木を添えるのです。これは罪滅ぼしの意識なのかもしれません。

神社には偉大な人物を起源とする神社も多々在ります。日光東照宮などは典型ですし天神や八幡
もそうです。出雲大社も伊勢神宮もそうかもしれません。これは人物を称えているようでいて、
本当はそうではなく罪や穢れの意識から祭り上げているように思えてきます。どんなに偉い人物で
あっても所詮は人間であって、多くの人々の願いや欲望というものの総意で国を建てたとはいえ、
それによって自然というものは破壊され姿を変えていかざるを得なくなります。そう考えれば大きな
神社も、溜池に付随する小さな神社と役割は変らないということになりますね。

神社の造りは極めてシンプルです。鳥居があって真っ直ぐに進んだところに拝殿と本殿がある
だけです。このストレートな配置とその間の空間が神社の命という気がしています。
とって着けたような説明かもしれませんが、これはカメラに良く似ていますね。まずレンズ先端が
あって、その中をストレートに光が進み、そしてフィルムやセンサーに到達しますから。(笑)
鳥居と本殿のあいだの空間はデジタルになってからますます狭くなっていますけど、まっすぐに
光が走るということは変りません。

私は罰当たりかもしれませんが神社に詣でて撮影をしていて、手を合わせるなどいうことをしたこと
がありません。平気でずかずかと入っていき無遠慮に撮影しまくります。鳥居があり石柱や狛犬獅子
があり石灯篭があり・・・そういうのはカメラのレンズの中を通り過ぎていくという感覚であって、
私自身が光であるとすれば何の遠慮もいらないということになりますから。
おそらく全ての神社の大本は太陽神かもしれません。太陽の光と水があれば作物や植物や動物
たちは育ち生きていけるのであって、これよりも根源的なものは他にありません。
こういう神社装置というものがあって、それによって穢れを取り去り人としての罪の意識を払拭する
のではないでしょうかね。おもしろいものを発明したよねっていう気がしています。
私は一個の光の粒子にすぎないのであって、レンズやカメラの中を散策するようにして神社とこの
世界というものを見ている。そういう気がしています。

コメント投稿
無題
Exif情報
メーカー名 Panasonic
機種名 DMC-L1
ソフトウェア Photoshop Lightroom 4.1 (Windows)
レンズ
焦点距離 24mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/160sec.
絞り値 F7.1
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3136x2352 (4.08MB)
撮影日時 2006-02-09 21:25:59 +0900

1   kusanagi   2021/11/29 22:00

パナソニックL1とL10は良く似たネームですが、全然違う成り立ちのカメラなんですね。そもそも形も違うし
バッテリーも違います。L1はオリンパスE330と同じフレームを使っています。オリンパスE-300と同じ方式
のペンタプリズムを使わない形の一眼レフですし、E300やE330が中級機でありボディ品質もよいように、
L-1も高品質のカメラです。そして映像エンジンも優れています。手を抜いていないカメラなんですね。

L10はどうかといいますと、これはオリンパスE510ベースでして、510と同じような廉価機というべきです。
510は映像エンジンの手抜きはないと思いますが、L10は手を抜いています。発色が浅いですし、色転び
をよくします。露出補正も正確ではありませんね。
(参考)
オリンパスE330(750万画素)発売日・・・06年2月
パナソニックL1 (750万画素)発売日・・・06年7月
オリンパス510(1000万画素)発売日・・・07年6月
パナソニックL10(1000万画素)発売日・・・07年10月

それで実験的に前回とは真逆のレンズを着けて撮影をしました。今度はL1にパナソニックのレンズ。L10
にオリンパスのレンズです。価格帯は同じクラスのレンズ同士です。
そうすると、L1は映像エンジンがしっかりしているのでほとんど変化なし。やや発色が浅くなったかな、と
いうレベルです。パナのレンズも解像度がありなかなか良いレンズだと思いました。
そしてL10にはオリンパスのレンズを。前回と違って発色が安定しています。黄かぶりが多かった写真が
ニュートラルになりました。色も飛ばずに出ていますね。

ここら辺りの相違が、カメラの違いといいますか搭載する映像エンジンの相違なんです。オリンパスでも
E330は良い色が出ますし高級機っぽいのですが、パナもL1は高級路線なんですね。ファインターも良い
ですしね。(やや暗いのが欠点)
そして510やL10になると大衆路線になり、カメラの品質は落ちています。映像エンジンすら落としてくると
いうわけです。デジタルの場合は後から出るカメラの方が優れているという印象を多くの人がもたれてい
るかも知れませんが実際はそうではありません。価格帯やコストダウンでデジタル部分もコストカットの
対象になるんだということです。

画質と言えば、多くの人がレンズの仕事であると思われているかも知れませんが、撮像素子や映像エン
ジンでも画質は大きく違ってくるわけでして、やはり高級機は良い色を出してきます。もちろん今回試した
ように廉価カメラをレンズでカバーするというのも正解ですが、カメラの映像エンジンも良く考慮して選択し
ないと後で不満足がつのるという場合もあるわけです。
イメージセンサーは汎用性あるのでカメラの価格帯で相違は見せないと思いますが、映像エンジンはカメ
ラ機種ごとに違ってくるとみたほうがよいです。廉価機や中級機の下のクラスを買って、それでレンズは
高級なものを揃えるというのはあまり賢くはありません。それよりも高級機や中級機の上位機種を買って
レンズはそこそこで揃える、というのが懸命な購入法かもしれませんね。

映像エンジンと言えばRAWソフトもそのひとつなんですね。よく言われるのが正確に丁寧に撮影すれば
JPEGとRAWとは同じ結果を得られる、と思っている人達がいるということです。RAWの役割は大雑把な
撮影をして後で修正をするための手法であるというわけですか。
しかしながらRAWソフトは一種の映像エンジンですからJPEG撮影とは段違いの画質を出してくるという
のが事実です。JPEG撮影は手抜きのエンジンなんです。これを理解できていない人は素人に多いんで
すが、おそらくRAW撮影をしたことがないからでしょうね。見比べができていないといいますか、その違い
が分かるPCを持っていないからかもしれません。

そんなわけでカメラやPCの映像エンジンというのは大切な役割を持っているのであって、これを無視して
写真はできないと思ってます。とは言ってもカメラの映像エンジンの不備を他の手段、レンズとかソフトと
かで、ある程度は補えるというのもこれまた事実です。
今回比較したパナL1とL10ですが、実際に撮影をしてみて使いやすいと感じたのは廉価機のL10なんで
す。カメラの形状がL10のほうが持ちやすいのと、ファインダーは廉価なのですが明るいというのが原因
です。(L10のファインダーに装備されたミニマグニファイヤーは外して) L10や510は安物なんですけど
使いやすいというのは確かです。
漏洩電磁波はL1もL10も同レベルですから、画質が落ちるという欠点があったとしても使いやすいL10の
方の出番が多くなるというのはあるでしょうね。パナL-1はボディ品質も良く映像エンジンも良いのですが
やや使いづらいということで損をしているという感じです。

※写真はL-1にパナソニック14-50F2.8-3.5のレンズ。

コメント投稿
無題
Exif情報
メーカー名 Panasonic
機種名 DMC-L10
ソフトウェア Photoshop Lightroom 4.1 (Windows)
レンズ
焦点距離 14mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/200sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3648x2736 (7.97MB)
撮影日時 2007-01-08 21:10:21 +0900

1   kusanagi   2021/11/29 21:59

写真はL10にオリンパス14-54F2.8-3.5のレンズ。

コメント投稿
無題
Exif情報
メーカー名 Panasonic
機種名 DMC-L10
ソフトウェア Photoshop Lightroom 4.1 (Windows)
レンズ
焦点距離 17mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/200sec.
絞り値 F7.1
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2736x3648 (7.89MB)
撮影日時 2007-01-07 22:43:40 +0900

1   kusanagi   2021/11/29 21:58

写真はL10にパナソニック14-50F2.8-3.5のレンズ。

2   youzaki   2021/12/2 21:53

今晩は 狛犬は大好きで他のサイトでも狛犬の写真を探し鑑賞しています。
素適な写真が拝見でき楽しめました、感謝です。

私も以前は4/3cameraファンでE-1からE30まで8台あります。
M4/3cameraも4台あります。

鳥の撮影を休止して今はEOS7Dがメインカメラですが時々L10,E-30,E-M1も使用しています 。

L10の写り腕がいいのにまたレンズが良い素敵な写に脱帽します。


コメント投稿
無題
Exif情報
メーカー名 PENTAX
機種名 645D
ソフトウェア Photoshop Lightroom 4.1 (Windows)
レンズ
焦点距離
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/250sec.
絞り値
露出補正値 -0.3
測光モード 中央重点測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 7264x5440 (34.5MB)
撮影日時 2020-11-28 21:01:59 +0900

1   kusanagi   2021/11/28 22:25

撮影レンズはペンタックス67用の75ミリf4.5の標準レンズです。換算で0.8倍の60ミリ相当です。
無論手持ち撮影です。ピントはフォーカスエイドを使ってます。
マウントアダプターはペンタックス純正のもの。自動絞り機構が効きますので使いやすいです。

コメント投稿
無題
Exif情報
メーカー名 PENTAX
機種名 645D
ソフトウェア Photoshop Lightroom 4.1 (Windows)
レンズ
焦点距離
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/100sec.
絞り値
露出補正値 -0.3
測光モード 中央重点測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2996x4000 (7.9MB)
撮影日時 2020-11-28 21:26:54 +0900

1   kusanagi   2021/11/28 22:23

撮影レンズはペンタックス67用の55ミリf3.5の広角レンズです。換算すると45ミリですか。
重量級のレンズですので腕が鍛えられるのが嬉しいです。(^^ゞ 

コメント投稿
無題
Exif情報
メーカー名 Panasonic
機種名 DMC-L1
ソフトウェア Photoshop Lightroom 4.1 (Windows)
レンズ
焦点距離 33mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/2000sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3136x2352 (4.99MB)
撮影日時 2006-02-09 00:52:34 +0900

1   kusanagi   2021/11/28 22:22

RAWソフトの問題で買ってはいたものの使えなかったカメラです。今回ペンタックス用でライトルームを
インストールしましたのでやっと使えるようになりました。レンズはオリンパス14-54F2.8-3.5。この時代
のデジイチ用のレンズはオリンパスが断然に良く、パナソニックのものは画質がよくありません。
パナのレンズが良くなったのはミラーレスになってからですね。
同時代のパナL-10というL-1の廉価機も所持しているのですが、カメラの品質としてはL-1の方が格上
です。それでも画質も含めてデジイチのカメラの出来としてはオリンパスが断然に優れていたようです。

コメント投稿

道
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-30
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 60mm
露出制御モード 低速プログラム
シャッタースピード 1/500sec.
絞り値 F7.1
露出補正値 +0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4032x3024 (3.29MB)
撮影日時

1   kusanagi   2021/11/28 22:20

このカメラは液晶モニターが壊れていて画像を見ることもカメラを設定することも不完全になっています。
電源のオンオフの接触も悪かったのですけどそれは何とか直ったみたい。しかしAFの定め置きができま
せん。レリーズボタンの接触が鈍っているのでしょうか。なんとも不完全なカメラですけど、こうやってまだ
まだ使えています。
ようするにカメラは手に持って歩いて撮影できればそれでいいんだいという気がしてます。(^^ゞ 

島山歩きの記録写真です。船に乗って自転車で走り、山道を歩いて山頂にのぼり縦走しました。二百㍍
程度の小さな山ですが文字通り海抜からの登りとなっています。あえて言えば「道」ということがこの写真
群のテーマでしょうか。
我々は生まれて以来からずっと、人それぞれに人生の道というものを歩まされるのですがその道は平坦
とばかりはいえません。初てっばなから苦難の道だったり、また途中で墜落することだってありますね。
しかしその道筋のほとんどは先人が歩んで出来上がった道でしょう。こうして小さな山でも既に山道は
出来上がっているのでして、そこを外れて歩くことはあまりしません。しかし失われてしまった道も多くあり
その道を歩いて復活させることもできます。
人生の道があれば、この歴史にも道筋というものがあります。歴史は繰り返すと言われているように大概
は良く似た道を繰り返しているみたいですね。もしかすれば世界の歴史も百年前と同じ道を歩んでいるの
かもしれません。

こうやってカメラをもって写真を撮り、道を歩けることが何よりの楽しみとなりました。歩けていることが何よ
りも嬉しいということですか。この身体も70年近く続けていると何処そこに不如意なところが出てきます。
脛が痛んだり記憶力が衰えたりでその都度原因を模索して解決しているのですが、やがては思うにまか
せぬようになるのてしょう。とにかく人生の最後の友は写真やカメラになったという感じですね。(^^ゞ 
それが写真ではなく菜園だったり釣りだったりする人もおられるでしょう。なんでもいいからやはり有意義
な趣味というのは必要かなって思っています。

しかし写真は高齢者の友だけだとは限りません。それは当然のことであってむしろ若い人にこそ写真と
いうものを身に着けて、そのノウハウでもってこれからの人生を楽しんでいってほしいと願っています。
私の場合、写真の第一義として、歩きを大前提としてあげています。これは10歳代で写真を始めた頃から
の習慣です。もし私が50歳代で写真を始めたならば、こういう歩きの写真術は学べなかったかもしれませ
ん。また撮影中ずっとカメラを手に持っての撮影術も同じでしょう。
物事への習慣づけというものはやはり若くなければ身に付かないように思えますね。

コメント投稿

道
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-30
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 16mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/800sec.
絞り値 F10
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3927x2945 (4.55MB)
撮影日時

1   kusanagi   2021/11/28 22:19


コメント投稿

道
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-30
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 12mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/500sec.
絞り値 F8.0
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4032x3024 (5.74MB)
撮影日時

1   kusanagi   2021/11/28 22:18


コメント投稿

道
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-30
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 12mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/60sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 250
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4032x3024 (8.8MB)
撮影日時

1   kusanagi   2021/11/28 22:17


コメント投稿

道
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-30
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 12mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/60sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3024x4032 (8.96MB)
撮影日時

1   kusanagi   2021/11/28 22:16


コメント投稿

道
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-30
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 12mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/160sec.
絞り値 F4.5
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3024x4032 (7.49MB)
撮影日時

1   kusanagi   2021/11/28 22:15


コメント投稿

道
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-30
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 12mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/160sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3024x4032 (6.87MB)
撮影日時

1   kusanagi   2021/11/28 22:14


コメント投稿

道
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-30
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 9.0mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/125sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3024x4032 (7.48MB)
撮影日時

1   kusanagi   2021/11/28 22:13


コメント投稿

道
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-30
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 9.0mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/160sec.
絞り値 F6.3
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3024x4032 (5.93MB)
撮影日時

1   kusanagi   2021/11/28 22:12


コメント投稿

道
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-30
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 12mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/2500sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4032x3024 (5.85MB)
撮影日時

1   kusanagi   2021/11/28 22:12


コメント投稿

道
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-30
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 60mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1000sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4032x3024 (5.16MB)
撮影日時

1   kusanagi   2021/11/28 22:11


コメント投稿

道
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-30
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 9.0mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/60sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 800
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4032x3024 (8.86MB)
撮影日時

1   kusanagi   2021/11/28 22:10


コメント投稿

道
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-30
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 9.0mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/800sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4032x3024 (7.62MB)
撮影日時

1   kusanagi   2021/11/28 22:10


コメント投稿