花魁道中
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-300
ソフトウェア QuickTime 6.1.1
レンズ
焦点距離 45mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/200sec.
絞り値 F9.0
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2324x3208 (1,253KB)
撮影日時 2006-01-03 22:59:59 +0900

1   MT   20/01/31 21:36

在庫より、京都太秦村で撮影。

2   kusanagi   20/02/01 22:13

オリンパスE-300は確か800万画素のコダックフルフレームCCDセンサーだったかと記憶して
います。E-1(コダック、500万画素)の次のモデルでしたっけ。
この後はパナソニック製のライブMOSというライブビュー可能なセンサーに移ったようです。
このコダックセンサーはフィルム画質を踏襲していて、昨今のデジタル画質とは違う世界を見せて
くれるのですが、そういうところはシグマフォビオンセンサーと合い通じるものがあります。
それでオリンパスとシグマ、この両機を使っていたという人は多いのではないでしょうか。
いつもの野鳥撮影とは違い、うんと色気のある写真で感激しております。(^^ゞ

3   MT   20/02/02 09:41

おはようございます、E-1,E-300はコダック製の素子の様ですね
シグマ同様フィルムライクな描写で再び使用したいと思っています。
コメントありがとうございました。

戻る