取り残されて
Exif情報
メーカー名 FUJIFILM
機種名 EPiON1010 Tiara ix-G
ソフトウェア F6 Exif Version 0.9.0b
レンズ
焦点距離 24mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード
絞り値
露出補正値
測光モード
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ
サイズ 2878x1620 (1,292KB)
撮影日時 2005-04-07 00:00:00 +0900

1   perLod   11/11/09 23:42

再開発直前の北新宿です。
このアパートだけが異質な存在感を放っていました。

そして、幻の存在同然だったAPSリバーサルでの撮影でした。

FILM:FUJIChrome 100ix [RX]
LENS:SUPER EBC FUJINON 24mm F3.5
SCANNER:CanoScan FS2710

2   グレート浄瑠璃   11/11/10 02:49

おはようございます。

16:9のアスペクト比ですね。つまりAPS-Wでしたっけね?

僕ら小学校で幻燈機(スライド・プロジェクタ)を使いました。
古くはロールフィルムの形のまま装着するものがあったような、
おぼろげな記憶があるような気がします。

このAPS-Wはどのようなプロジェクタに適合したのでしょうか?
それらの機材も今は資材室などで休眠しているのでしょうね。

北新宿といいますと大久保のあたりも該当しますでしょうか?

余談ですが、自分は歌舞伎町に数回泊まったことあります。
西新宿の中古屋さんを徒歩で巡るのが適度な運動と感じました。

3   perLod   11/11/10 20:53

APSは全てフルサイズであるAPS-H(16:9)で露光されます。
しかしキヤノンがEOS 1-D系の素子をAPS-H(3:2)と名づけてしまったため、そっちの方が有名になってしまいました。
さて、APSリバーサルでは「マウント」「スリーブ」「カートリッジ」の仕上げが選べ、マウントの外形は35mmと同様なので、これを選びました。
なお、カートリッジはネガ・ポジともプロジェクターが販売され、テレビに出力して楽しむということでした。

北新宿は小滝橋通りを大ガード前交差点を過ぎた辺りで左に曲がり、西新宿7〜8丁目(柏木)の辺りをひたすら進めば着きます。そういえば、途中にking2も…。
その辺りにあるカメラのキムラからアルプス堂、そして市場、BOXとハシゴする訳ですね、分かります。

戻る