彼女のホンネ
Exif情報
メーカー名 NIKON CORPORATION
機種名 D3
ソフトウェア Ver.1.00
レンズ
焦点距離 300mm
露出制御モード シャッター速度優先
シャッタースピード 1/320sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 +0.0
測光モード スポット測光
ISO感度 1800
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 683x1024 (321KB)
撮影日時 2007-12-08 14:35:17 +0900

1   Takamori   2007/12/9 10:29

ライオンバスが来るたびに出迎えています。毎日何度も何度も。
一度くらいはこんなふうに「アッカンベー」しているのかも。
多摩動物公園にて。トリミングあり。

2   つよん   2007/12/9 14:08

こんにちは
舌を出してますね。
“餌だ〜”とかって思っているんでしょうかねぇ

3   ババァ   2007/12/9 14:17

こんにちは。
ライオンがすごい可愛く見えます。
これがこのライオンの日常なんですねー

4   ちょび   2007/12/9 19:18

おお、ISOAUTOの作品ですね。運転手さんもライオンを
見ているところが何とも微笑ましいですね。しかし素晴らしい
描写だこと、、低ISOの作品と殆どかわらない階調という点が、、
いいな〜。僕は年越しになりそうですよ、、、

5     2007/12/9 19:59

ライオンも生きていくのには、意に染まらぬ事もやななければならないのでしょうかね。
何となく寂しい気持ちに成るのです。

6   Takamori   2007/12/10 00:27

コメントをいただき、ありがとうございます!

つよんさん、こんばんは。
種明かしをしますと、ライオンバスのお客さんを喜ばせるために、ある場所に来ると
ライオンが目の前に来るような仕掛けがしてあります。
それは、バスのお客さんからは見えないところ、バスの窓の間のところに、毎回
肉の塊を吊るしておくんです。(もちろん外側にいる我々からは丸見え(^^;)
で、それを狙ったライオンたちがおやつ代わりにその肉を食べに来て「あげる」。
毎日10分間隔くらいでこのバスはライオンエリアを走りますが、この回のときは、
たまたまここにいるメスライオン1頭だけで独占して肉を平らげることができ、
それで「あ〜おいしかったわん」と舌なめずりをしているところを狙ったものです。
でも、きっと一回くらいはお客さんに対して「アッカンベー」をしているのではないか
と私見を入れてみたわけです。

ババァさん、こんばんは。コメントをありがとうございます。
多摩動物公園のライオンは、大変表情が豊かです。比較的広いところに放されていて、
ここで生まれた個体を含め、親子何代かで棲んでいるようです。
ですから何の心配もなく日々を過ごしているんでしょう。
このメスライオンは、茶目っ気のある性格のように思えました。

ちょびさん、いつもありがとうございます。
この運転手さん、風邪を引いたのかマスクをかけていて妙にリアルだったので、
バスの中の日常と、バスの外でライオンが棲む非日常がくっきり分かれている様が
見えるかも知れないと思い、あえて入れました。
高感度のうえに、かなりトリミングしてもこの画質なので、自分でも驚いています。
すごい可能性がありますね。うまく使いこなせるかなぁ…(汗)

森さん、いつもありがとうございます。
そうですね、人間が仕組んだこと何もかも知っていて、生きるためにいろんなことを
やっているように見えてきます。
そのアンチテーゼとして「アッカンベー」をしてくれてもいいのにと思い、このような
タイトルを付けてみました。

戻る