ここも道なんです
Exif情報
メーカー名 FUJIFILM
機種名 FinePix A500
ソフトウェア FinePix A500 Ver1.02
レンズ
焦点距離 6.4mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/936sec.
絞り値 F8.6
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ あり
サイズ 2592x1944 (1,225KB)
撮影日時 2007-11-09 13:00:13 +0900

1   バスの運ちゃん   08/07/29 20:51

ここは石川県羽咋市千里浜れっきとした道なんです。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

千里浜なぎさドライブウェイ千里浜なぎさドライブウェイ(ちりはまなぎさドライブウェイ)は、石川県羽咋郡宝達志水町今浜から同県羽咋市千里浜町に至る延長約8kmの観光道路である。日本で唯一、一般の自動車やバスでも、砂浜の波打ち際を走ることができる道路として、広く知られている。このため、映画やCFなどの撮影にも使われる。

和倉や輪島に行く際には高確率で走行します。16tもあるバスがここを走れるんです。

何でも砂の粒子が細かく砂が硬くしまるためだとか?

変わったところではこの砂、線香立ての砂に適しているとか聞きます。

コンパクトカメラのため写真はいまいちですが

道はおいらの職場

こんなに変わった公道が国内にあるんです。

後、知ってるところではJR系列のカーフェリーがあるところもところによっては国道扱いです。

登山道や遊歩道にも国道あったはずです。

2   Hiroshiです。   08/07/29 21:06

うわ〜っ、なんて懐かしい場所なんでしょう!
ここは今から35年ほど前に訪れたところです。全線完走はしませんでしたが、
羽咋市側から数キロ走りました。いや〜っ、懐かしすぎて涙がチョチョギレます。

3   hosozumi   08/07/30 00:54

私は2001年3月に訪れ、たいへん懐かしく拝見させていただいています。
和倉では、かの有名な日本一サービスがよいと評判の加賀屋さんに宿泊し
日頃の生活とは全く異なる大名気分を味あわせていただきました。
翌日、この千里浜の観光バスのお世話になり感激、感動しました。
失礼かとは思いますが、この写真からは、その時の感動が伝わってきませんので
長くなりますが、どうしても説明いたしたくお許し下さい。

3月の中旬でしたが未だ日本海は冬景色で雲が低く波風も強く日頃、太平洋側の
景色を見慣れた私にはそれだけでも感動ものでした。そんな中をバスは波打ち際
ギリギリに走行し走破したのですが、大変迫力があり今尚、鮮烈に思い出されます。
ここに運転手さんのサービス精神と気合に敬意を賞したいと思う次第です。(^^)

4   ママくん   08/07/30 00:55

あー、そこ走りましたぁ。
「なぎさドライブウェイ」って看板があるけど、なんだろうね?と入ってみて ビックリでした。
普通の車で波打ち際の砂浜を走れるなんて 驚異です。

5   ママくん   08/07/30 00:59

あ、、、hosozumiさんがコメントしたのに、瞬間的に下げてしまいました。
あげておきます。
バスの運転手さん、読んでね。

戻る