Distagon 18mm F3.5 ZF2
Exif情報
メーカー名 SONY
機種名 α7R
ソフトウェア Image Data Converter
レンズ ----
焦点距離 0.0mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/125sec.
絞り値 F0.0
露出補正値 +0.0
測光モード スポット測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 7360x4912 (6,978KB)
撮影日時 2014-01-26 11:59:17 +0900

1   miniYK   2014/1/29 23:37

新調したズームのお供に持って行ったのですが、気がつけば半分はこのレンズで撮っていましたw  画角も違うので撮影位置も違うのですが中心部の解像度はやはり単焦点の方が良いですね。

2   チョ7   2014/1/30 20:26

ヤシコンと比べるとあっさりしてるのかな?解像度はさすがですね

3   GEM   2014/1/30 21:54

実はこのカメラより低画素のα900でも少し感じていたのですが、ここまで写ると雲の細かい表情がドットに見えてしまう気がします。
ベイヤーの宿命でしょうが、この点優れているフォビオンは完成度が低く悩ましいところです。

4   miniYK   2014/1/31 01:40

チョ7さん
解像度だけが全てではないですが、高画素になる程レンズへの要求も高くなってしまいますね。
GEMさん
ハイビジョンTVではないですが見えすぎるのも考え物でしょうか?w
フォビオンはWBなど気難しそうでSD1には手を出しておりませんが、GEMさんのお話からするとりレンズにも難がありそうですよね。センサーを活かしきれていないみたいな?ソニーもそうならなければ良いのですけどw

戻る