春の夕景
Exif情報
メーカー名 PENTAX
機種名 PENTAX K-5 II s
ソフトウェア K-5 II s Ver 1.00
レンズ
焦点距離 113mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/60sec.
絞り値 F11
露出補正値 +0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 1600
ホワイトバランス 太陽光
フラッシュ なし
サイズ 4928x3264 (12,082KB)
撮影日時 2015-03-14 17:50:07 +0900

1   エゾメバル   15/03/15 14:41

何か一つポイントが欲しいなと思いながら写真を撮っていたら、またまたきつね君に助けてもらいました。

2   調布のみ   15/03/15 15:00

奥は川でしょうか?淡く染まって手前の青い雪原といいコントラストを作っていますね~。
雪原の繊細な樹?もいいです。キツネ君スタスタと尻尾をなびかせて・・・効いています。

3   oaz   15/03/15 18:13

エゾメバルさん、今日は。
 雪原が青色をしていて革らしい色で、川が白くて雪のような色合いで、北海道は山陰の奥地の雪景色の色合いとは全く違いますね。
異国に行ったような感じでしょうかね・・。

4   masa   15/03/15 21:30

土手の向こうには建物と灯りが・・・人里に近いところなんですね。
キツネ君、実にいい助っ人ですね。

5   CAPA   15/03/15 22:15

雪原の冬らしい青白さと川面のほのかに染まる暖かみのある色合いの組み合わせがいいですね。
キツネのマイペースで歩く姿もかわいく癒される感じです。

6   Ekio   15/03/16 05:19

エゾメバルさん、おはようございます。
キタキツネが雪原を歩いてくれるとは、北海道ならではの光景ですね。
静かな青い世界に良いワンポイントです。

7   エゾメバル   15/03/16 09:14

調布のみさん、お早うございます。
流れている川は、石狩川です。日が沈みかけて画面が青くなり始めたころに役者がやってきました。どうやら朝早くか夕方になると姿を現すようです。

oazさんお早うございます。
同じ雪なのに何が違うのでしょうかね。気温の差が関係あるのかもしれませんね。

masaさん、お早うございます。
石狩川の河口付近ですので付近には農家などが点在しています。

CAPAさん、お早うございます。
野生動物はこちらの思う通りには動いてくれず、じっとチャンスを待つのみですね。マイペースです。

EKioさん、有難うございます。
この辺りには狐の巣穴がいくつかあるようで、夕方遅くになると鳴き声が聞こえ始めます。

8   stone   15/03/16 19:26

北の大地の雪原の影、すばらしい青い影です
日向の夕色も美しいです見たい世界です。
ぽつんといるキツネ、なんて素晴らしい生き物なんでしょう。
北の大地で野性の世界を生きる様、その断片。いいですね。感謝です。

9   Booth-K   15/03/16 22:44

雪の陰影が、青とピンクで夕方の雰囲気がいいですね。そんな中をきつねさんとは、素晴らしいです。このワンポイントはでかいですねぇ。

戻る