ティンカーベル現る
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX K-3
ソフトウェア Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)
レンズ Tamron SP AF 70-200mm F2.8 Di LD [IF] Macro
焦点距離 200mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1000sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2905x2000 (1,708KB)
撮影日時 2017-05-30 15:16:50 +0900

1   ペン太    2017/06/01 21:58

人間の赤ちゃんが最初に笑ったとき、妖精は生まれ、「妖精なんていない!」と言われる度に、妖精が一人ずつ消えていく

 妖精は居るんです。。。

2   ポゥ   2017/06/01 22:42

タムロンらしい、いくらかフワッとした描写がシーンにピッタリですね。
カリカリ描写ではこの物語性は演出できません。
背景のモノトーンがかえって命に奇跡のような輝きを与えているようにも思います。
あぁ~・・・タムロンで大三元揃え直したくなってきました~・・・
もう、解像度至上主義はお腹いっぱいでござる。

3   MacもG3   2017/06/01 23:52

そうですね。妖精も悪魔に変身なんてこともありますし。。。
写真撮ってる時ぐらい信じたいものですね。

4   Booth-K   2017/06/02 00:21

子供が小さい時って、人を見るように部屋の隅をずっと見てるんですよね。これは、ご先祖様とかが見えてるらしいんだけど、常識を植え付けられる都度見えなくなるんだと、聞いたことがあり、私もそう思っています。
そう思って見る人、撮る人には何か+αが写せるような気がします。
優しい描写で、見守ってくれてる感じですね。

5   Ekio   2017/06/02 06:56

ペン太さん、おはようございます。
妖精は純真な心の持ち主でないと見えないかもしれませんね。
清楚な菖蒲に止まったモンシロチョウ、素敵な組み合わせです。

6   ペン太    2017/06/02 22:06

皆さん コメントありがとうございます。

 この絵も曇り空が功を奏した気がします。
限られた仕事の合間の時間、
 池の周りを蝶を追いかけて、走り回っていました^^;

戻る