MakerNote研究所

1:中山道奈良井の宿1 2:婚活?2 3:故郷の蕎麦畑3 4:1週間前の今頃2 5:夏の扉23 6:夏の扉1 7:見渡す限りソバの花4 8:クサフジの上を舞う4 9:川辺に舞う4 10:ツバメの家族(5/5)~聖母~4 11:乱舞5 12:スイッチON7 13:ツバメの家族(4/5)~ツバメの一歩~4 14:湧き上がる光5 15:憧憬4 16:ツバメの家族(3/5)~誉めて伸ばす~4 17:オレンジの小径4 18:若者たち4 19:斜面を彩るまだら模様4 20:牛になりたい4 21:ツバメの家族(2/5)~学校~4 22:ツバメの家族(1/5)~ずるーい~5 23:天上の楽園4 24:眼下のオレンジ4 25: お伽の国6 26: 鋸山4 27: 11時20分1 28: 仄かな白21 29: 雨上がりの紫陽花3 30: 仄かな白5 31: じゃがいも畑は花盛り3 32: 草原の藤3      写真一覧
写真投稿

中山道奈良井の宿
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 EOS R5
ソフトウェア
レンズ EF24-70mm f/2.8L II USM
焦点距離 70mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/256sec.
絞り値 F6.4
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 8192x5464 (19.3MB)
撮影日時 2022-06-19 17:42:04 +0900

1   masa   2022/6/26 10:17

今回のオフ会、最後のロケ地 ”奈良井宿” です。
まさか東京に帰る途中でここに連れて行っていただけるとは思いませんでした。
伊那平から権兵衛トンエンルを抜けるとすぐ木曽側の奈良井宿に行けるなんて全く知りませんでしたから。

日曜日なのに、朝早くてまだ観光客がほとんどいない町並みは、まるで往時の中山道にタイムスリップしたようでした。

コメント投稿
婚活?
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.3W
レンズ
焦点距離 76mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/250sec.
絞り値 F3.4
露出補正値 +0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 3200x2399 (1.07MB)
撮影日時 2022-06-25 19:39:59 +0900

1   Ekio   2022/6/26 08:21

通勤の乗り換えで使う「西武線秋津駅」と武蔵野線新秋津駅」あたりはけっこうツバメが集まります。
全体的には巣立ちが一度終わって第2クールに入った感じでパートナーを探しています。
後ろの目立つ赤は居酒屋の看板の立派な海老!通勤客目当てのパン屋がつぶれて居酒屋に変わりました(^o^;)
◎Pana-LEICA DG VARIO ELMARIT50-200mm/F2.8-4 ASPH.
※軽くトリミングあり。

2   masa   2022/6/26 09:58

タイトルを見て「えっ?」と思ってしまいました。
なるほど、ツバメちゃんたちには、第2クールってのがあるんですね。
可愛い子供を沢山作って下さいね。

コメント投稿
故郷の蕎麦畑
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX K-3 Mark III
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ
焦点距離 16mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/500sec.
絞り値 F6.3
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3715x2477 (2.43MB)
撮影日時 2022-06-19 16:26:10 +0900

1   Booth-K   2022/6/25 20:27

もう1枚失礼します。
masaさんと同じ画角、ほぼ同じF値で、下に振ったものです。
畑のコーナーからではなく、あえて道路沿いの電柱を入れてみました。自分の中の故郷の風景のイメージです。

2   Ekio   2022/6/26 07:45

>自分の中の故郷の風景のイメージです。
風景写真ですと人工物は避けたくなりますが、慣れ親しんだ景色となるとこちらが当たり前の風景なのですね。

3   masa   2022/6/26 09:52

私は、同じような位置から電柱を外して撮りました。
どこへ行っても電柱や送電線が入るのが当たり前になった日本の風景の中で、これだけ広い視野に電柱が入らないシーンは貴重だと思ったからです。
でも、Booth-Kさんにとって故郷の蕎麦畑は、観光地のような景色ではなく、人々が日々生活している景色なんですね。

コメント投稿
1週間前の今頃
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX K-3 Mark III
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ
焦点距離 12mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 15sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 2000
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3715x2477 (1.2MB)
撮影日時 2022-06-19 05:32:29 +0900

1   Booth-K   2022/6/25 20:14

まさに夢中で撮っている時間ですね。
masaさんのいる場所まで、あと30mくらいまで移動してきました。
下からのほたるは、密度と舞い上がる軌跡が魅力です。毎回どこで撮るか悩んでしまいます。

2   Ekio   2022/6/26 07:13

Booth-Kさん、おはようございます。
この面積でこの密度は凄いです。
移動しながら撮られたとのことですが距離感が変わっての設定も流石です。
よくぞこれだけのホタルが集まるものですね。

コメント投稿
夏の扉2
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.3W
レンズ
焦点距離 15mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/2000sec.
絞り値 F1.7
露出補正値 +0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2400x3200 (649KB)
撮影日時 2022-06-26 02:16:54 +0900

1   Ekio   2022/6/26 07:06

Booth-Kさん、ありがとうございます。
6月で40℃越え出ましたね(汗)、今日も暑くなりそうです。

2   Ekio   2022/6/25 19:56

連投すみません。
少し夏空を意識した構図です。
左上の樹はサルスベリ、右下の樹はヤマボウシ。
◎Pana-LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.

3   Booth-K   2022/6/25 20:07

アガパンサス、近所でも一斉に咲いています。
今日はむちゃくちゃ暑くて、4時間ほど出かけたら汗びっしょりになりました。
夏らしい空になってきましたね。

コメント投稿
夏の扉
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.3W
レンズ
焦点距離 15mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1600sec.
絞り値 F1.7
露出補正値 +0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2400x3200 (620KB)
撮影日時 2022-06-26 02:15:52 +0900

1   Ekio   2022/6/25 19:34

こちらの投稿で何度か使い回しでアップしているものがあります。
通勤の最寄り駅の途中にあるクリニックの傍らに植えられたアガパンサス。
梅雨が明けようかと言う頃に咲くので「夏が来るぞ!」と言う気持ちにさせられます。
昨日まではつぼみが目立ったのに随分と咲いているのには驚きました。
そして、今日はとんでもない真夏日!!変に納得してしまいました。
◎Pana-LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.

コメント投稿
見渡す限りソバの花
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 EOS R5
ソフトウェア Windows Photo Editor 6.3.9600.17418
レンズ EF24-70mm f/2.8L II USM
焦点距離 24mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/2656sec.
絞り値 F6.4
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 800
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 8192x5464 (8.4MB)
撮影日時 2022-06-19 16:30:09 +0900

1   masa   2022/6/25 19:26

ホタル祭りの翌日、権兵衛トンネルをくぐって木曽の奈良井宿経由で東京へ帰ろうということになりました。
権兵衛トンネルに入る前に、Booth-Kさんが故郷箕輪町のソバ畑に連れて行ってくれました。
畑も空も、素晴らしい広がりでした。

2   Booth-K   2022/6/25 20:02

ここから1Kmもない場所に赤そばの郷があり、ここらへんは蕎麦畑が広がっています。(赤蕎麦は9月)
朝の気持ち良い空気の中、青空と蕎麦畑、そして山の雲がいい雰囲気でした。
masaさんとも話しましたが、普通の山並みでも子供の頃から見てきた風景はどこかしっくりきます。

3   Ekio   2022/6/26 07:20

masaさん、おはようございます。
そば畑も行かれたのですか、Booth-Kさんのツアーコンダクターぶりは凄いです。
一面に広がる蕎麦の花、爽やかな風景ですね。

4   masa   2022/6/26 09:45

辰野町から箕輪町に入っあたりから、アチコチにソバ畑が目に入るようになりました。
「あっソバだ!」と騒いで撮りたいという気持ちをアピールしたのですが、Booth-Kさんはどんどん通り過ぎてしまうんです。
奈良井宿に急いでいるのかなと思ったら、こんなデカイ蕎麦畑の脇で止まってくれました。
ちゃんとご存じで、一番素敵な蕎麦畑に連れて行って下さったのです。

コメント投稿
クサフジの上を舞う
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 EOS R5
ソフトウェア
レンズ EF24-70mm f/2.8L II USM
焦点距離 41mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 16sec.
絞り値 F5.7
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 12800
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 8192x5464 (20.1MB)
撮影日時 2022-06-19 05:08:45 +0900

1   masa   2022/6/25 07:15

下見の時、クサフジが咲く草はらと共にホタルを撮りたいなと思って狙った場所なんですが、ピントをホタルの点に合わせてしまったのでクサフジはボケてしまいました。
この後は、飛跡をゲットすることに夢中になってしまいました。

2   Ekio   2022/6/25 09:34

masaさん、おはようございます。
>ピントをホタルの点に合わせてしまったのでクサフジはボケてしまいました。
自分の好みではストライクです。
紫の布地に刺繍をしていくようなホタルの飛跡が素敵です。

3   masa   2022/6/25 18:33

Ekioさん
いやあ、写真はほんとに難しいです。
目で見たように撮りたいのに、なかなかそれが出来ない。
明るいところはなんとかなりますが、暗いところはてき面に差がつきます。
人間の目の素晴らしさにあらためて感心しました。

4   Booth-K   2022/6/25 19:52

1枚目のお写真でも、クサフジの紫がわかるなぁと思っていましたが、こちらは更にはっきりと存在が感じ取れます。
早いもので、もう1週間ですねぇ。

コメント投稿
川辺に舞う
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX K-3 Mark III
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ
焦点距離 13mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 15sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 1250
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3715x2477 (841KB)
撮影日時 2022-06-19 05:20:19 +0900

1   Ekio   2022/6/25 08:59

Booth-Kさん、おはようございます。
水面に映るホタルの光、情緒がありますねぇ。
日没時の刻々変わる明るさの加減を読みながらの撮影かと思いますが流石の仕上がりです。

2   Booth-K   2022/6/24 22:04

三脚禁止のお陰で(?)、場所に縛られないというのもメリットかもしれないと、積極的に動いてみました。
明るいうちのロケハンで、クサフジも入れたいと思っていた場所です。
もう少し眼の前まで来る軌跡が欲しかったところですが、なかなか思うようには行きません。

3   masa   2022/6/25 06:55

やっぱりホタルは水辺ですねぇ・・・
こんなシーンも撮りたかったんですが、最初に張り付いた場所の凄まじい乱舞の虜になって動けず、機を逸しました。
次回のチャレンジとしたいと思います。
ここではF値を3.2から2.8まで開け、ISOを800から1250に上げたんですネ。臨機の設定選択さすがです。

4   Booth-K   2022/6/25 19:48

コメントありがとうございます。
水面に映る光は何とか捉えられましたが、軌跡は運頼み、難しいですね。
もっと時間がほしいところです。
来年はどんな開催になるのか、通常に戻る事を祈るばかりですね。

コメント投稿
ツバメの家族(5/5)~聖母~
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.3W
レンズ
焦点距離 73mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/160sec.
絞り値 F3.3
露出補正値 +0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2399x3200 (358KB)
撮影日時 2022-06-12 20:27:02 +0900

1   Ekio   2022/6/24 08:00

「さぁ、おいで!」、飛ぶことを躊躇う雛に優しく話しかけます。
◎Pana-LEICA DG VARIO ELMARIT50-200mm/F2.8-4 ASPH.
※アートフィルター「パートカラー」+「ホワイトエッジ」、軽くトリミングあり。

2   masa   2022/6/24 08:50

う〜ん、なんとも清らかな気持ちにさせてくれる作品です。
タイトルを先に見てしまったせいかもしれませんが。
母さんツバメがこの位置に来るのをじっくり待ったんでしょうね。
柔らかいホワイトエッジが効いています。

3   Booth-K   2022/6/24 21:58

後ろ姿で優しい眼差しまで見えてきそうなストーリ性まで盛り込むとは、さすがですね。

4   Ekio   2022/6/25 17:28

masaさん、Booth-Kさん、ありがとうございます。
いつもは巣の上のツバメを狙うので必然的に煽った構図になっていました。
この時は同じレベルぐらいでしたので、とても格好良い飛び方で撮れました。

コメント投稿
乱舞
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 EOS R5
ソフトウェア
レンズ EF24-70mm f/2.8L II USM
焦点距離 70mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 32sec.
絞り値 F5.7
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 10000
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 8192x5464 (19.4MB)
撮影日時 2022-06-19 05:54:56 +0900

1   masa   2022/6/24 06:58

途中ちょっと動いた部分がありますが、目の前を行き交うホタルの明るい飛跡をドッサリ捕まえることができた貴重な一枚です。

2   Ekio   2022/6/24 07:56

masaさん、おはようございます。
まるで車のライトかと見紛うほどの多さで驚きです。
購入まもないボディでお見事です。

3   ペン太   2022/6/24 20:38

更に 凄い!

 32秒 手持ちってあり得ないです」wwwww

幻想的ってありきたりな表現では 全く賛辞しきれていませんが
 素晴らしい光の洪水 素晴らしいお写真です。

4   Booth-K   2022/6/24 21:56

本当に、同じ構図で撮ってもほたるの動き1つで全然違う絵になるのが面白い反面、思ったところに飛んでくれなかったりで夢中になって撮ってしまいますね。
上に舞い上がる軌跡も入って、あの夜の記憶が蘇ってきます。
それにしても32秒で70mmですから、神業としか言えません。

5   masa   2022/6/25 07:07

ペン太さん、Booth-Kさん、どーもです。
凄いとか神業とか仰られても、私はBooth-Kさんが貸して下さった自由雲台をつけて、ただひたすら杭の頭に雲台を30秒間押し付けて支えていただけです。
その繰り返しの中で、たまたま目の前にたくさんのホタルが近寄ってきてくれたという幸運が生み出してくれた一枚です。

コメント投稿
スイッチON
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX K-3 Mark III
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ
焦点距離 14mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 15sec.
絞り値 F3.2
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 800
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3715x2477 (1.02MB)
撮影日時 2022-06-19 05:01:22 +0900

1   Booth-K   2022/6/23 19:42

20時1分の写真です。毎回そうですが、曇っていても晴れていても20時になると一斉に舞い始める体内時計の正確さに感心します。
15秒のワンショットでこれですから。温度、湿度の条件もよく、今回の飛翔数は半端なかったです。

3   masa   2022/6/24 06:44

おお、素敵な絵ですね。さすがです。
草原の様子や周辺の山の様子などを写し込んで、私もこういう絵を撮りたかったんですが、背景を黒くして飛跡を浮きたたせることばかり考えてしまいました。
もっと試行錯誤したかったんですが、あっという間に時間が経ってしまって、是非、また来年チャレンジしに行きたいと思います。

4   Ekio   2022/6/24 07:46

Booth-Kさん、おはようございます。
これは凄い。さながら「蛍の海」と言う感じです。
弱々しい蛍の光と周りのバランスの取り方も流石ですね。

5   masa   2022/6/24 18:14

いました、私!
拡声器のちょっと右で、液晶モニターを覗いているのか顔の下半分が明るくなっていますね。
恐るべし、14mm広角。

6   ペン太   2022/6/24 20:36

すげっ!!

 15秒手持ち。。。
   K-3Ⅲの手振れ補正ってそんなに効くんですか!?
 命の光の乱舞 この世の物とは想えない光景です。 

7   Booth-K   2022/6/24 21:49

コメントありがとうございます。
右上に這い上がるような光の軌跡、狙い通りに、いや予想以上に舞ってくれました。
masaさんはこの画面の左手から、暗い背景を這い上がるほたる狙い。
やっぱり、あれmasaさんでしたか。(笑)
歩道脇のロープや鎖を張っている柱に自由雲台だけ乗っけて押さえつけて撮ってます。三脚NGということで苦肉の策・・。
私は15秒がほぼ限界でしたが、masaさんの安定感は凄いです。

コメント投稿
ツバメの家族(4/5)~ツバメの一歩~
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.3W
レンズ
焦点距離 84mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/200sec.
絞り値 F3.5
露出補正値 +0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2820x2000 (540KB)
撮影日時 2022-06-12 20:24:28 +0900

1   Ekio   2022/6/23 07:04

親は「付いておいで!」とでも言っているのでしょうか?
真剣な眼差しで親を追いかけています。
◎Pana-LEICA DG VARIO ELMARIT50-200mm/F2.8-4 ASPH.

2   masa   2022/6/23 08:46

クチバシはまだ黄色いけれど、目付きがだんだん凛々しくなってきましたね。
高速飛行も間近かな。

3   Booth-K   2022/6/23 19:34

巣が狭いんじゃないかと思えるくらい、体が出来てきましたね。
巣立ちを意識しだしたのか、真剣な表情にも思えます。
今週末は、もういなかったりして・・。

4   Ekio   2022/6/24 01:04

masaさん、ありがとうございます。
>目付きがだんだん凛々しくなってきましたね。
生まれてひと月ぐらいかと思いますが、なかなかイケメンですよね。

Booth-Kさん、ありがとうございます。
>今週末は、もういなかったりして・・。
ここまで育ったら巣立ちも間近でしょうね。

コメント投稿
湧き上がる光
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 EOS R5
ソフトウェア
レンズ EF24-70mm f/2.8L II USM
焦点距離 70mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 32sec.
絞り値 F5.7
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 10000
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 8192x5464 (21.5MB)
撮影日時 2022-06-19 05:24:53 +0900

1   masa   2022/6/22 22:02

今回のオフ会のメインの目的は、Booth-Kさんの出身地で3年振りに公開された「ホタル祭り」の鑑賞でした。
6時から9時までの開園。だんだん暗くなるに従ってポツポツと光り始め、真っ暗になった8時ごろがピークだったでしょうか、草むらから湧き立つように舞い上がった数万匹のホタルたちが高く低く飛び交う様は、初めて見る者にとって驚きと感動の連続でした。
実行委員会の事前の周知で、三脚使用が禁止されていたため、手摺りの上にカメラを押し付けて、息を止めて10~30秒の長時間露光にトライしました。

2   Ekio   2022/6/23 05:30

masaさん、おはようございます。
>息を止めて10~30秒の長時間露光にトライしました。
お疲れ様でした。長時間露光だからこそ見える光の軌跡が美しいです。
人間の目でも残像が残って、また違った美しさを感じられる事でしょうね。

3   masa   2022/6/23 09:01

目で見ている限りでは無数の点です。
それが点滅しながら動くので、えもいわれぬ不思議感です。
S Sを1/2秒くらいにして撮ってみましたが、ただの沢山の静止した点が写るだけでちっとも面白くありません。
人間の目では捉えられない光跡=飛跡がフィルム(撮像素子)に焼き付けられて初めてみることのできる世界です。

4   Booth-K   2022/6/23 19:30

初めてで、舞い上がる良いポイントをしっかり抑えているのがさすがです。
しかも30秒は凄いですよ。私、超広角でも20秒はズルっと動いてしまって15秒でも半分はブレブレでした。(汗)
過去の写真と比較してみましたが、コンポジット無しでも十分という見事さは、今まで見た中で最高レベルの舞いでした。

5   masa   2022/6/24 06:32

Booth-Kさん、ありがとうございます。
三脚禁止という条件の下、Booth-Kさんが貸してくださった雲台だけを着けて、柵の柱の上にひたすら雲台を押し付けて、息を詰めていました。
手が疲れると僅かに動いてしまい、不自然な軌跡の量産でしたが、なんとかマシなものを選びました。
R5の動画機能を使ってみたら、と御示唆いただきましたが、やり方がよく分からず、ひたすら30秒露光にチャレンジし続けました。

コメント投稿
憧憬
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX K-3 Mark III
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ
焦点距離 21mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/100sec.
絞り値 F3.5
露出補正値 -0.7
測光モード 不明(255)
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3715x2477 (1.21MB)
撮影日時 2022-06-18 21:12:09 +0900

1   Booth-K   2022/6/22 20:07

ほたるの前に1枚はさみます。
旧制松本高等学校の復元教室。毎回懐かしさを感じる景色です。
工事中で、半分ほどが立ち入りできなかったのが残念ですが、やっと来られました。前回は休館で外観だけだったので良しとしましょう。(笑)

2   masa   2022/6/22 21:53

座ってみました。
すごく小さくて窮屈でした。
私が大きすぎるのか、昔の高校生が小柄なのか。
旧制高校の学生たちはまで言えば大学の教養課程。
本当に勉強したい者が高等学校に来た様子が偲ばれました。

3   Ekio   2022/6/22 23:39

Booth-Kさん、こんばんは。
縣の森、なんとも懐かしいです。
一度訪れた事がありますが、タイムマシンに乗ったかのような素敵な場所でした。
懐かしさと一緒に外から入った来る光が素敵です。

4   Booth-K   2022/6/23 19:23

コメントありがとうございます。
私も座ってみました。狭めで、テーブル面積も意外に小さい感じでしたが、学びたい意欲がある人には関係ないんだろうなと感じます。
毎回違うレンズで撮っている感じです。(笑)

コメント投稿
ツバメの家族(3/5)~誉めて伸ばす~
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア Photoshop Elements 11.0 Windows
レンズ LEICA DG 50-200/F2.8-4.0
焦点距離 73mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/250sec.
絞り値 F3.3
露出補正値 +0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2400x3200 (720KB)
撮影日時 2022-06-12 20:34:41 +0900

1   Ekio   2022/6/22 06:48

巣のそばの階段付近ですが、階段とエスカレーターの仕切りでも練習をしていました。
親は何か話しかけてますよね。絶対。
◎Pana-LEICA DG VARIO ELMARIT50-200mm/F2.8-4 ASPH.
※軽くトリミングあり。

2   masa   2022/6/22 08:54

「見て、見て! 母ちゃん、上手くなったでしょ。」
「まあね。ホバリングはバタバタやりさえすれば浮くけど、虫を捕るのはスピードが命。高速反転だからね。」

3   Booth-K   2022/6/22 20:00

「はい、いいよ。もっと続けて~」みたいな。
ホバリングだと、このSSでも程よいブレで動感があり、親の静止との対比がいい感じになってますね。

4   Ekio   2022/6/22 22:39

masaさん、Booth-Kさん、台詞を付けていただきありがとうございます。
餌をやってここまで育てるのも大変でしょうが巣立ちまでは気を抜けませんね。

コメント投稿
オレンジの小径
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX K-3 Mark III
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ
焦点距離 16mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/800sec.
絞り値 F7.1
露出補正値 -0.3
測光モード 不明(255)
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3715x2477 (3.08MB)
撮影日時 2022-06-18 19:41:01 +0900

1   Booth-K   2022/6/22 00:22

なだらかな斜面の小径、レンゲツツジ全開のオレンジ色に包まれてきました。

2   Ekio   2022/6/22 06:05

行く先を見つめ、ワクワクしながら歩いた行く。
そんな姿が疑似体験出来ました。

3   masa   2022/6/22 10:04

いいなあ、小径。
人の歩いた跡がだんだん道になるんだと分かりますね。
レンゲツツジにばかり気を取られて、これを撮ろうとは気付きませんでした。


4   Booth-K   2022/6/22 19:55

今回の目的地が美ヶ原だけだったら、この小径をずっと歩いて王ヶ頭ホテルまで行ったと思います。
その先へ行きたくなる景色でした。歩いていても、飽きない景色が次から次へ・・・でしょうね。

コメント投稿
若者たち
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 EOS R5
ソフトウェア
レンズ EF300mm f/2.8L IS II USM
焦点距離 300mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1024sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 250
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 8192x5464 (15.2MB)
撮影日時 2022-06-18 18:55:31 +0900

1   masa   2022/6/21 22:50

(連投ご容赦)
望遠を着けたら、レンゲツツジの向こうからやってくる若者の一団がいたので、ことわりを入れる間もなく、パチリとゲットさせてもらいました。
よくこんな2000mの高原まで自転車を漕いで上がて来たこと! 
若いって、うらやましいですね。
(明日からいよいよホタルに移ります)

2   Booth-K   2022/6/22 00:17

いつの間に・・。
いいタイミング、背景でゲットですね。このお写真あげたら喜ぶだろうなぁ。
青春の1ページですね。

3   Ekio   2022/6/22 05:59

いやぁ、実に楽しそうな光景ですね。
道が整備されているとは言えここまで来るのは大変でしょうが広がる風景を見ながらの走りは気持ち良いことでしょう。

4   masa   2022/6/22 23:10

最近すぐ息が上がるようになった後期高齢者から見ると、こうした元気な若者の姿は羨ましくもあり、嬉しくもありです。

コメント投稿
斜面を彩るまだら模様
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 EOS R5
ソフトウェア Windows Photo Editor 6.3.9600.17418
レンズ EF300mm f/2.8L IS II USM
焦点距離 300mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/4096sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 250
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 8192x5464 (10.1MB)
撮影日時 2022-06-18 19:33:45 +0900

1   masa   2022/6/21 19:44

遠くの尾根の斜面を斑に彩るレンゲツツジを望遠で引き寄せてみました。

2   Booth-K   2022/6/22 00:13

斜面のまばらなオレンジの雰囲気が、模様のようになっていて、とても目を引きましたね。
ここは地形によって、色んなレンゲツツジ風景を見せてくれるのが嬉しいところです。

3   Ekio   2022/6/22 05:52

masaさん、おはようございます。
けっこうキツイ斜面にレンゲツツジが彩りを添えていますね。
なるほど撮る位置を変えて味わいの違いが良いですね。

4   masa   2022/6/23 06:08

せっかく持ってきたんだからと、328を着けてみましたが、ここ美ヶ原の景色のスケール感は、やはり広角が似合うようです。
望遠が似合ったのは、自転車の若者たちでした。

コメント投稿
牛になりたい
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX K-3 Mark III
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ
焦点距離 35mm
露出制御モード 不明(0)
シャッタースピード 1/400sec.
絞り値 F7.1
露出補正値 -0.3
測光モード 不明(255)
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4644x3096 (4.76MB)
撮影日時 2022-06-18 19:23:22 +0900

1   Booth-K   2022/6/21 19:32

思わずこの景色を見てつぶやいたら、masaさんに「冬はきついですよ」と言われるとなるほど・・。
羨ましいくらい和んでいました。

2   masa   2022/6/21 19:41

のどかなショットですねえ・・・
この時、私は望遠に付け替えていたので牛だけがアップされてしまい、レンゲツツジが入りませんでした。
「しまった」と思いましたが、また標準に付け替えるのも面倒で牛とのコラボショットは諦めました。

3   Booth-K   2022/6/22 00:09

masaさん、本当にこの風景見て、ここの牛になりたいと思いましたよ。(笑)
ゆっくりと流れる時間の中、長閑に過ごす姿に癒やされました。
今週からまた仕事はギリギリのカツカツでやっているので、なおさらかなぁ。

4   Ekio   2022/6/22 05:47

Booth-Kさん、おはようございます。
本当に長閑な風景ですね。
牛になるのはやめるにしても「どこでもドア」が欲しくなります。

コメント投稿
ツバメの家族(2/5)~学校~
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア Photoshop Elements 11.0 Windows
レンズ LEICA DG 50-200/F2.8-4.0
焦点距離 92mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/200sec.
絞り値 F3.5
露出補正値 +0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 400
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2400x3200 (1.2MB)
撮影日時 2022-06-12 19:45:08 +0900

1   Ekio   2022/6/21 18:07

巣の下にある台は通りかかる乗客にツバメの糞が当たらないようにと駅員が付けた糞受けです。(去年は無かった人工の草でパワーアップ)
親が出ていった後に恐々と台まで飛び降りたり、ちょこっと飛んでみたりし始めました。
そんな雛たちを優しく見ている親たち、まるで学校のようです。
右端が父親(これは間違いないと思います)、真ん中手前が母親かな?
◎Pana-LEICA DG VARIO ELMARIT50-200mm/F2.8-4 ASPH.
※軽くトリミングあり。

2   Booth-K   2022/6/21 19:28

いよいよ巣立ちが近づいてきた感じですね。
親からしたら、ここまで育ってくれて、胸をなでおろしているんじゃないでしょうか?
しかし、1/200でちゃんと飛び姿をゲットしているのは流石です。

3   masa   2022/6/21 22:39

♪ ツバメの学校は 駅の中
♪ そ~っと 覗いて見てごらん
♪ そ~っと 覗いて見てごらん
♪ みんなで お稽古 しているよ

4   Ekio   2022/6/22 05:34

Booth-Kさん、masaさん、ありがとうございます。
駅員が用意してくれた糞受けを上手く使って、こちらも応援したくなる光景でした。

コメント投稿
ツバメの家族(1/5)~ずるーい~
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア Photoshop Elements 11.0 Windows
レンズ LEICA DG 50-200/F2.8-4.0
焦点距離 156mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/250sec.
絞り値 F3.9
露出補正値 +0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 500
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3200x2400 (1.41MB)
撮影日時 2022-06-12 19:40:23 +0900

1   Ekio   2022/6/20 19:07

東武東上線「森林公園駅」、ここのツバメの巣は凄いです。
今年のはじめての訪問ですが、すでに10ぐらいの巣は埋まって、残りが5つぐらいでした。
もう巣立ちが間近な家族を五枚組で投稿します。
まずは餌運び、元気な雛ほど文句を言っているみたいですが、親は育ちの悪い雛が気になるみたいです。
◎Pana-LEICA DG VARIO ELMARIT50-200mm/F2.8-4 ASPH.
※軽くトリミングあり。

2   Booth-K   2022/6/20 23:53

子供も生きるためには必死ですが、それにしても様子を見ながら分け与える親は本当に大変そうです。

3   Ekio   2022/6/21 05:25

Booth-Kさん、ありがとうございます。
自分達が食べる間も惜しんで餌運びは本当に大変そうです。
時折、巣から少し離れたところで休んでいる姿を見ると尚更です。

4   masa   2022/6/21 16:35

真ん中の子の目がとりわけ可愛いです。
頭の中はひたすら「ごはん!」で一杯という感じ。

5   Ekio   2022/6/21 17:49

masaさん、ありがとうございます。
>頭の中はひたすら「ごはん!」で一杯という感じ。
この可愛らしさには勝てないですね。

コメント投稿
天上の楽園
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 EOS R5
ソフトウェア
レンズ EF24-70mm f/2.8L II USM
焦点距離 24mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/790sec.
絞り値 F11
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 1000
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 8192x5464 (17.7MB)
撮影日時 2022-06-18 18:35:32 +0900

1   masa   2022/6/20 18:41

車を降りてハイキング・トレイルを少し辿ってみました。
高原一杯に広がるレンゲツツジの群落の中で、バッテリーの残量を気にしながら撮りまくりました。
周りでウグイスが盛んに鳴いていましたね。

2   Ekio   2022/6/20 18:51

良い色が出てますねぇ。
奥までびっしりと広がる花色、そして奥の樹の並びが素敵です。

3   Booth-K   2022/6/20 19:31

この辺りは、大サービスのウグイスサウンドが心地よく、眼から耳から癒やされましたよね。
同じ場所を散策していても、自分の撮っていない構図を見せられるとハッとします。絞り込んだのも効いてますね。

4   masa   2022/6/21 16:43

Ekioさん
一切色補正せずに、この色が出ました。
現場ではそれほどにも感じなかったんですが、凄い色だったんだなあとあらためて感じ入っています。

Booth-K
アップした花の後ろに群落が広がる絵を撮りたくて、かなり絞りました。
開放だと手前の花ばかり目立って、まるで間の抜けた絵だったので。

コメント投稿
眼下のオレンジ
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX K-3 Mark III
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ
焦点距離 19mm
露出制御モード 不明(0)
シャッタースピード 1/640sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 -0.7
測光モード 不明(255)
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4644x3096 (5.39MB)
撮影日時 2022-06-18 18:14:33 +0900

1   Booth-K   2022/6/20 18:08

masaさんの林の中のレンゲツツジから更に上、林を抜けて開けた所からは眼下に広がるレンゲツツジが見えます。ここも林の中とはまた違った雰囲気が好きな場所です。
カラマツの奥に広がるのが松本市です。

2   masa   2022/6/20 18:33

撮影ポイントを熟知されたBooth-Kさんのガイドで、様々な角度から、遠くから近くから、レンゲツツジを堪能させていただきました。

3   Ekio   2022/6/20 18:47

Booth-Kさん、こんばんは。
高いところから少し引いた絵、これも良いですよね。
自分達のいた場所を改めて見てみると感慨深いものがあります。

4   Booth-K   2022/6/21 19:37

コメントありがとうございます。
まだまだ熟知の域には達していませんが、来るたび違う発見があるように思います。
病み付きになる場所ですね。

コメント投稿