Olympus D 50-200mm SWD
Exif情報
メーカー名 Panasonic
機種名 DMC-L1
ソフトウェア
レンズ
焦点距離 200mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/320sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 +0.0
測光モード スポット測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2937x2157 (2,085KB)
撮影日時 2020-05-09 00:03:39 +0900

1   MT   20/05/09 15:27

鳥撮影中に見かけました。

2   youzaki   20/05/10 17:48

鳥でなく珍しいものが・・
昔Eシステムでこのレンズに2倍テレコン35mm換算800mmF5.6で鳥を撮ってのが思い出されます。

3   kusanagi   20/05/10 18:35

狸はずんぐり体型なのでイヌと見間違うところはあまりありません。海側の石垣のなかで
住んで、釣り人から餌をもらって生活している狸家族もいました。タヌキもキツネも人の
暮らしと関わりのあるところで生息していますね。近頃はイノシシのそんな感じになって
きています。

4   MT   20/05/10 19:44

youzakiさん、Kusanagi さんコメントありがとうございます
キツネは海側でタヌキは山側で鳥撮影中に偶然に出会いました
コロナの規制で人出が少なく天気も良かったので姿を見せてくれた
かと思われます。

5   ほぉ〜   20/05/10 20:51

変わったタヌキだな。
中国四国地方じゃこれがタヌキなんだ?

6   kusanagi   20/05/10 21:47

中四国ではムジナ類は面倒なので、まとめてタヌキといいますね。
学術的な名ではニホンアナグマですか。(笑)

戻る