Chloe 7.2
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 7D Mark II
ソフトウェア DxO PhotoLab 3.3
レンズ TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD B016
焦点距離 211mm
露出制御モード シャッター速度優先
シャッタースピード 1/64sec.
絞り値 F6.4
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 800
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 1200x1600 (97KB)
撮影日時 2015-12-03 04:51:21 +0900

1   Kaz   20/08/01 16:55

白黒写真の方がいいかなあ。

2   kusanagi   20/08/02 20:33

モノクロだと、いわゆる肌の色は?、というより肌の濃度かねぇ。肌の濃度で差別するなって。(^^ゞ

ところで、Kazさんの写真は最近イオスカメラを使いながらも圧倒的に綺麗に仕上がっています。
腕もあるんだろうげと、やはりデキシオのソフトがダントツなんでしょうね。
裏街道さんが1DX2で行き詰まっている感じですが、DPPとかライトルーム程度では最近キヤノン
のカメラは扱えないという気がしてきました。
DxO PhotoLab 3をお使いですが、DxO Optics Pro 9というのもあるんですね。何も知らないんで
すがソフトの価格は機材に比べれば安いので、これは検討に値するかと考えてます。

3   Kaz   20/08/08 13:23

これが黒人だともっと濃く、白人だと白いんでしょうが
そんなんまで差別と言われてしまいそうなこの時節。
鬱陶しいたらありゃしない。

色んな意見があるだろうけど、私が行きついた結論:
RAW現像はDxOが簡単にできるし、個別のカメラや
レンズに対応した色、収差、歪曲補正等ができる。
現像後にはAffinity Photo で仕上げるのが一番。
ファイルの管理はFastStone Image Viewer でやる。
この三つのソフトを使えば大体のことはできますよ。

DxO Optics Pro 9 はPhotoLab 以前の古いソフト。
すでに対応カメラ、レンズのアップデートはないので
安く売っていても買うと後悔しまっせ。
それを買うくらいであれば、Affinity Photo を買う方が
RAW現像もそこそこできるしお得でしょう。
日本円で5千円から6千円くらいなのかな。
セール期間中だと半額って時もある。
現在使用中のAffinity Photo は数年前に40ドルで買って、
それ以降、年に数回の無料アップデートがされてます。
費用対効果はこれに勝るもん無いと思う。

戻る