真っ赤な太陽のハズが 実際の画像
Exif情報
メーカー名 FUJIFILM
機種名 FinePix S9100
ソフトウェア FinePix S9100 Ver1.00
レンズ
焦点距離 39mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/160sec.
絞り値 F4.4
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 80
ホワイトバランス 晴れ
フラッシュ なし
サイズ 3696x2464 (1,902KB)
撮影日時 2007-08-16 05:11:42 +0900

1   chobin   2007/8/16 20:40

これです アドバイスいただければうれしいです

2   つよん   2007/8/16 20:50

丁度、僕がアップしたのと設定状況が近いですね。
僕は似たようなISOと絞りですが、シャッター速度が速くて、
結果、アンダーに写っています。
太陽の明るさに合わせたら周囲がアンダーになったんです。

3   chobin   2007/8/16 21:13

なアンダ〜 そんなに違わないジャン って その違いが大きいんですよね 今マニュアルをじっくり読んでみたらコントラストや彩度も変えられるんですね 次回からちょっと変わるかも 
これからも精進しますm(_ _)m アリガトウゴザイマス

4   テレ助   2007/8/17 02:25

皆さん、いや私も含めて試行錯誤の繰り返し…。これが次回の作品に生きてくるならムダではありませんよ〜。さて、つよんさんとの違いの中で露出制御が絞り優先かマニュアルか…。絞り優先だと撮影者の与えた条件に対してカメラが「良し」と判断した範囲の変更しかできないのがネックですね。絞りがかなり開いた状態ですから、もっとシャッタースピードを速くしないと…でも分割測光モードではこういう場合はこれ以上の変更がし難いのでしょう。ですので、マニュアルモードでスポットにして太陽を狙うと周囲の被写体はシルエットとして浮かびやすくなるようです。まぁ、できればNDフィルターとかの使用も考慮にいれられた方が…。私も初心者で偉そうな事を言えたものではないのですけどね(笑)。まぁ、とにかく通常でない画像については、マニュアルモードで、撮影者の意思をカメラに反映させなければなりませんね〜。最近、私はマニュアルかプログラムオートが殆どです。

戻る