ワイルドガーリック
Exif情報
メーカー名 SONY
機種名 DSLR-A700
ソフトウェア DSLR-A700 v04
レンズ
焦点距離 0.0mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/2500sec.
絞り値 F1.0
露出補正値 -0.3
測光モード 中央重点測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4272x2848 (1,437KB)
撮影日時 2012-04-15 13:43:41 +0900

1   翼の折れたサル   12/04/18 04:10

エゲレスの春の林床の代表的な2大植物、先日ご紹介したイングリッシュブルーベルとこのワイルドガーリックです。
ワイルドガーリックのほうが若干早く、少しだけより暗くて湿った林床に生えますが、時期も場所もほぼ重なっています。
森を歩いていると、にんにくのような匂いがしてきて、見てみると道端にちらほらワイルドガーリックが。
もう少し歩くとワイルドガーリックの大草原となります。
ワイルドガーリックは「野韮」といわれるようで、日本のギョウジャニンニクとよく似ていて、食べるとすごくおいしいです。
和洋中のどれにも使えて、我が家ではシーズンに数回採りに行きます。
大草原なので採り放題です。
その周辺を探すとイングリッシュブルーベルがちらほら、その方向に歩くと今度はブルーベルのカーペットを見つけることができるという具合です。

レンズデータ: Vivitar Series-1 90mm F2.5 Macro for M42 @F2.5
アダプターにつけていた、なんちゃってチップが壊れたみたいで、レンズデータが出なくなりましたが、めちゃめちゃええレンズであることを再発見しました。
重くてMFレンズなのでお留守番が多いですが、これからは55mmF1.4とともに、もっと持ち出そうと思います。

2   gokuu   12/04/18 22:20

翼の折れたサルさん こんばんは〜〜
シャープで柔らか。写真がレンズの良さを物語っています。
Vivitarといえば、トイカメラから高級カメラやレンズまで
幅広いメーカーです。凄く良いレンズをお持ちですね。

3   翼の折れたサル   12/04/19 08:04

gokuuさん、ありがとうごぜえます。
でしょ、Viviarは、工場は持っていませんで、前にもお話したことありますが、これはトキーナ製のボケマシーンということで、別名Bokina(ボキーナ)といわれているレンズで、結構レアなやつです。
ボケの美しさもですが、開放でこのシャープさで、ピント合わせもとてもやりやすいレンズです。
何年か前こちらのネットオークションで、売ってる人がいいレンズとも知らず、ろくな説明もつけてなかったのですが、小さな写真から、もしかしてこのモデルなんじゃないかと思って超格安で買ったのです。
来てびっくり、すごいいい状態で、まあよく写るのなんの。。。。

戻る