町道脇のコヒルガオ!
Exif情報
メーカー名 CASIO
機種名 QV-4000
ソフトウェア SILKYPIX(R) Developer Studio Pro 4.1.46.0
レンズ
焦点距離 7.1mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/229sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2256x1504 (936KB)
撮影日時 2011-06-10 07:03:47 +0900

1   Nozawa   2011/06/10 09:18

 1992年に発売された?骨董品もとりあえず今日のところは写るみたい・・

2   MYCA   2011/06/10 09:48

Nozawa様 お早うございます。

19年前のカメラですね。
認知症にもならず、立派ですね。
コヒルガオのピンク色が細工されずにきれいです。

3   Nozawa   2011/06/10 13:34

MYCAさん、今日は

 中古を買った機種なので正確な発売時期はわからないです。
19年は古すぎるので9年位かもしれませんね。2002年頃に発売された機種かもしれません。分からないです。

 花を撮ると赤い色の発色が少し弱いです。
景色は綺麗に出ます。
寄る年波には勝てず、冬場はニッスイ充電池ではズームがうまく初期設定の位置に収まりませんので冬場はCR-V3 x2で使ってます。

4   gokuu   2011/06/10 18:56

Nozawaさん こんばんは~~
ようこそ。 たった3人で留守居のこの板に。
それもボタンさんはロムばかりで、時々や。

古くてもレンズが良いですね。良い色が出ています。
1000万画素なんて要りません。もっと良いレンズを。
発売して半年すると半値です。コンデジサイクルも半年。
コンデジも使い捨て時代ですネ!追っ掛けられません。

「機能だけ 増やしてレンズ 置き去りに」

5   Nozawa   2011/06/11 09:42

gokuuさん、お早うございます。

 「機能だけ 増やしてレンズ 置き去りに」
的を得た言葉ですね、安価なワイド端だけ明るめの申し訳程度のレンズになりました。もっとも買うのも安くなりました。

 この頃のコンデジは今のAPS-Cデジイチのペンタプリズム機と同じ値段がしてまして買うことができませんでしたので中古を18.5k程で買った記憶があります。
寒いときはレンズの動作がのろまでして、CR-V3の3Vx2=6Vで使わないとニッスイ 1.2vx4=4.8Vでは使い物にはなりません。
夏場はニッスイx4で大丈夫です。

あと何年持つか知らん。

戻る