チョウゲンボウ
Exif情報
メーカー名 SONY
機種名 α580
ソフトウェア DSLR-A580 v1.11
レンズ SIGMA 50-500mm F4-6.3/SIGMA 500mm F4.5
焦点距離 500mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/500sec.
絞り値 F9.0
露出補正値 +0.3
測光モード 中央重点測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2925x1952 (938KB)
撮影日時 2014-03-09 11:40:48 +0900

1   スカイハイ(旧バリオUK)   2014/3/14 05:42

チョウゲンボウ=Kestrelであります。
もっとバシーーーッ!!!と写ったらいいのになあ。

2   公家まろ   2014/3/14 07:12

おっと!!!羽が開張して目にピントがバッチリ、ナイスショットd(-_^)

3   スカイハイ☆Πελοπόννησος(旧バリオUK)   2014/3/15 00:19

ありがとうございます。
AFが遅くて合いにくいレンズと、簡単なピントでも後ピン傾向の強いカメラなんですけど、不思議と飛んでる鳥にピントが合ったりします。
カメラのAFの真ん中のポイントがアホなんじゃないかと疑っています。

4   Booth-K   2014/3/15 21:29

飛びものもちゃんとAFちゃんと効くんですね。参考になります。顔に目が行ってしまいます。

5   スカイハイ(旧バリオUK)   2014/3/17 03:20

Booth-Kさん、ありがとうございます。
空や水面などが背景の場合は、AFでまあまあピント合いますよ。
逆に、木の枝にとまってる場合などは大概枝にピントが合ってしまいますが。
逆に、Booth-Kさんが飛び物にMFでピントを合わせられているのは、私にはほとんど魔法っぽいです。

戻る