コサギと赤蜻蛉
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS Kiss X4
ソフトウェア
レンズ
焦点距離 250mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/512sec.
絞り値 F6.4
露出補正値 +0.0
測光モード スポット測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2080x1386 (642KB)
撮影日時 2014-08-06 06:58:11 +0900

1   stone   14/08/07 16:25

赤蜻蛉が舞い
朝日に佇むコサギの空気は透明で綺麗でした。

2   花鳥風月   14/08/07 17:49

明け方に コサギ脛まで 川浸かり

3   ペン太   14/08/07 19:57

川面に一羽佇む姿、凛と立つ姿勢と相まって
ちょっと気品を感じます。
今日は立秋・・、台風が接近していますが
赤とんぼが移ろう季節を表現しているかの様です。

4   ポゥ   14/08/07 20:30

サギって、トンボも食べたりするんでしょうかね~
しかし、無数に舞うトンボに見向きもせず、水面に姿を映しながら
無心に川の中を見入っている様子は、まさしくサギらしい、
哲学者的な佇まいですよね。
西日の色も、程良く表現されていると思います。

5   ポゥ   14/08/07 20:55

すみなせん、西日ではなく朝日でした。
いずれにしても、程よい黄味だと思います。

6   stone   14/08/08 18:05

こんばんは

花鳥風月さん、鳥の足って哺乳類から見ると不思議ですね
膝に相当する位置の関節は踵なんだもの^^;

ペン太さん、季節の変わり目なんですね~赤トンボがたくさんになりました。
セミもツクツクボウシが鳴きだしました。

ポゥさん、鷺さん虫食べるかな~ザリガニを食べるからひょっとしたらヤゴは啄ばむかもしれませんね。
哲学者的な佇まい>アオサギは特にその雰囲気が強いですが
コサギもじっとしていると雰囲気ありますね。
踊るように羽ばたき、すばしっこく走る姿はやんちゃなお姉さん的かも...

戻る