カナダ♪
Exif情報
メーカー名 SONY
機種名 DSLR-A580
ソフトウェア DSLR-A580 v1.11
レンズ TAMRON Lens
焦点距離 200mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1000sec.
絞り値 F9.0
露出補正値 +0.0
測光モード 中央重点測光
ISO感度 400
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4912x3071 (2,639KB)
撮影日時 2015-03-07 14:38:55 +0900

1   スカイハイ@Yorkshire   15/03/25 06:42

こちらはカナダガンです。
シジュウカラガン? シジュウカラみたいなガンてこと? その呼び方は失礼でしょう?
しかも大して似てるわけでもなく、無理やり感が強いですよね。

ハイイロガンといつも一緒にいるので、生態が極めて似ているのでしょうが、何故に2つの種に分かれているのでしょう?
混血しないのかな?
大きさは、ハイイロガンよりひとまわりちょっと大きいです。

2   花鳥風月   15/03/25 06:53

渡り鳥 国境ないけど カナダガン

3   oaz   15/03/25 08:04

スカイハイさん、お早うございます。
 黒っぽい頭に茶色い翼飛んでいる姿が美しいですね。

4   masa   15/03/25 22:19

レンズなのか、カメラなのか、腕なのか・・・、このところのスカイハイさんの鳥飛翔シーンは凄いですね。
飛んでる鳥にバッチリとピンがきて、背景の風景が適度にボケて、3Dのような立体感すら感じる素晴らしいショットの連続です。
ガンたちも種の同定がどうあれ、これだけ生き生きとした紹介をしてくれれば本望でしょう。


5   スカイハイ@Yorkshire   15/03/26 03:25

みなさん、コメントありがとうございます。

花鳥風月さん、
カナダガンという名前も不思議ですよね。
カナダにいっぱいいるのかもしれませんが、渡り鳥だから旧世界にもいたんじゃないかと思うのですが、なぜカナダガンと呼ぶのでしょうね?
まあ調べればわかりそうなもんですが・・・

oazさん、
ガンはこちらでは特別珍しい鳥ではないですが、なかなか絵になる鳥ですね。
ピクチャレスクというか、フォトジェニックというか。

masaさん、
カメラが本来持っている力が発揮できるレンズに出会ったってことじゃないかと思います。
白いミノルタGシリーズのレンズなんかだと、何世代か前の遅いAFでもみなさん結構ばっちり撮ってらっしゃったので、ああいうレンズと組み合わせればバシバシピントが合うんでしょうが、このレンズはその点結構いけるようです。
飛んでる鳥に嘘みたいにピントが合ってくれます。
手前の鳥にピントが合えば、ボケた背景との対比が鮮明になり、立体感があるように見えるんじゃないでしょうか。

ちなみに、シジュウカラガンというのは別名でして、別種ということではないです。

戻る