spring field
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 6D
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM
焦点距離 185mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/512sec.
絞り値 F3.2
露出補正値 +0.0
測光モード スポット測光
ISO感度 160
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 3000x2000 (2,315KB)
撮影日時 2015-03-28 13:38:30 +0900

1   写好   15/03/29 05:29

何百匹もの蜂が群がってる菜の花畑でしたがピンしたのはこれだけでした。
チューブEF12使用

2   kusanagi   15/03/29 09:28

さすがにこれは手持ち撮影だろうと思います。
望遠近接撮影の(しかもチューブを着けて)、難しさを十分堪能された
模様ですね。(^^; カメラよりも小さなものを撮るのが、如何に難しいか。

三脚撮影は、基本的に画質に対するこだわりがなければ成り立ちませんね。
通常はISO感度を上げればそこそこ撮影できるからです。
「初心者はカメラを語り、少し知ってくるとレンズを言い、通になってやっと
三脚や雲台を語れるようになる」と言います。なるほど、と思いました。

しかし、三脚使用を含め、一般的に画質を追求することは、反面として、
自由な発想の作風から遠ざかる方向になるのも仕方のないところです。
画質や写真の質を高め、かつまた自由で創造的な写真の追求も緩めない。
写好さんを見てると、そういうバランスが素晴らしいなっていつも感じています。
ちょっと褒めすぎたかも知れませんが(^^;、この掲示板に投稿されている、
三脚を使用される面々の方々は、皆さん高度な美意識を持っていて、
画質と創造性が両立されていることに関心をしています。

三脚その2、三脚は欠点としてアングルが固定化するところがありますが、
これぞと思えば、三脚再設置を厭わず、何度も何度も場所を変えて再トライ
しなければならない!
三脚に根を生やすな。三脚にカメラを乗せたからといって安心をするな!
三脚 気軽に再設置 三脚で腕力を鍛えよう!

3   写好   15/03/29 10:12

kusanagiさん、おはようございます。
私の場合は絶対褒めすぎですよ♪
この日は風が強くて最初から手持ちの選択でしたが
風がなければターゲット(この場合、花)を絞ってそこに群がる
蜂たちに微調整してピントを合わせる方法を選んでるかもしれません。
要は蜂が飛来する頻度が多いか少ないかですね、この日はほんと多かったです。

>三脚に根を生やすな・・・つい億劫になるんですよね、せっかく設定したのに・・・
肝に銘じておきます♪

4   F.344   15/03/29 18:36

チューブ使用 でこだわりの背景処理ですね
ミツバチの背景を黄色の部分にする所が写好さまらしいです

5   なお   15/03/31 17:11

背景の白と黒 分かれたところに菜の花と
黄色い光の輪の中にミツバチさん♪
すごく考えられたお写真かと思います。

>kusanagiさん
三脚のお話、とても勉強になりました。三脚の大切さがわからずに
とりあえずカメラが固定できればいいか と節約気味に買ってしまいました。
皆さんの撮られてるの見ていると、風に揺れる我が三脚・・・あまりにも貧弱で(^_^;)
しばらくは今ので我慢するしかありませんが心に留めておこうと思います。
ためになるお話、ありがとうございます。

6   写好   15/03/31 20:50

コメントありがとうございます。

F.344さん
光を左上に持ってきた以外は幸運のかたまりのような写真です(笑)
何十枚も撮ってこれだけでは情けないですが撮れなかったよりましということで・・・

なおさん
上記したようにまぐれの写真ですなんですよ。
でも、動きもので背景まで考えてとれたら最高でしょうね♪

戻る