Diamond of rain
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-300
ソフトウェア OLYMPUS Master 1.41
レンズ ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro
焦点距離 35mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/10sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 3264x2448 (1,750KB)
撮影日時 2006-04-16 16:54:12 +0900

1   Hiroshiです。   2006/04/16 17:31

蕾の中にダイヤモンドのように輝いていました。

2   マフィンマン   2006/04/16 23:07

げっ、これ、どういう状態なんですか?
表面張力って言うんでしたっけ?
滴が巨大なのか、蕾がうんと小さいのか……。
いずれにしても、宝石のような滴ですね。ファンタジーです。

3   haru   2006/04/17 06:05

氷の球がのっかてるみたいですね♪不思議できれい〜(^^)/

4   Hiroshiです。   2006/04/17 17:55

マフィンマンさん、haruさん、ありがとうございます。
これは紛れもなく表面張力の仕業だと思います。滴の大きさは約5mm位だったかな?

5   ママくん   2006/04/17 21:48

ハマってますね、マクロ撮り(^^)
とてもファンタジックで良いですね〜。

それにしても「紫」 綺麗ですね。
紫、、、出るのとでないのがあるんですよね。
大好きな色なのですが、、、。
濃い紫はどうも青になってしまうみたいです。
これも、、なんとかならんのかなぁ。

6   Hiroshiです。   2006/04/17 22:04

ママくんさん、ハマってしまいました。マクロって自分が描いた画像と違った画像が撮れるような気がするんですよ。
ファインダーで見た画像と実際に撮った画像があれ?って思う時があります。
何気なく撮った写真が後で見るとWBを変えたり明度、彩度などを変えると全く違う写真になったりとかしたりして、そこがマクロの面白さではないかと思います。

7   Hiroshiです。   2006/04/17 22:08

>濃い紫はどうも青になってしまうみたいです。
PS:言えてます。
紫(に見える)のムスカリが藍色になります。これもオリンパスブルーなんですかね?

8   マフィンマン   2006/04/18 22:54

>ファインダーで見た画像と実際に撮った画像があれ?って思う時があります

そう、そう、それですよね。
私も以前は、花のシベをマクロで撮るたびに『エログロだ〜』と嘆いていたのですが、最近は、『ミクロの決死圏』を感じて興奮します。

戻る