【故郷~】新春、雨の初詣
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS Kiss X4
ソフトウェア Photoshop Elements 9.0 Windows
レンズ
焦点距離 18mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/25sec.
絞り値 F7.1
露出補正値 +0.0
測光モード スポット測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2240x1400 (2,116KB)
撮影日時 2015-01-06 11:18:52 +0900

1   tonton   17/12/01 00:31

師走スタートです。
梅田のお正月、雨の神社「お初天神」景色です。
都会に在っても社は昔のままなのが嬉しいです。
 大阪産まれのtontonなので、大阪情緒という視点で選びました。

Photomatix(試行錯誤中)と、使い慣れたエレメンツ仕上げです。

2   ss   17/12/05 18:21

「薬」の神様でしょうか‥爺さんも、朝晩合計24種類の薬のお世話になつています……年寄りは、皆さん、いつぱい飲んでるようです、……半分、気休めかなー(その場限りの安心……かな~)?。

3   tonton   17/12/08 19:51

「お初天神」の名で呼ばれる神社さん、
正式名称を露天神社(つゆのてんじんしゃ)といいます。
元禄16年(1703年)に当神社の境内で実際にあった心中事件を題材に、
近松門左衛門が人形浄瑠璃「曽根崎心中」を書きました。
以後、そのヒロインの名前「お初」にちなんで「お初天神」と呼ばれるようになったそうです。

すくなひこなのおおかみ「少彦名大神」商売繁盛、恵比寿さん
おおなむちのおおかみ 「大己貴大神」病を癒し、剛柔合わせ持つ大黒さん
あまてらすすめおおかみ「天照皇大神」ご両親が、伊耶那岐(いざなぎ)伊耶那美(いざなみ)そして弟が須佐之男命(すさのおのみこと)なんですって。
とようけひめのおおかみ「豊受姫大神」
すがわらみちざねこう 「菅原道真公」

奉られている神様たちです。
医療や薬学、癒し(縁結び含^^)の神社の色彩が濃いようです。
学問の神様に「菅原道真公」がいますね。
七福神の神様たちも上記に含まれております。

病を治すお薬というのは存在しないと言われていますね。
自然治癒の力は体が持っていて、それが働きやすいよう応援するのが「薬」だそうです。
でもウィルスや細菌に対して効力を持つものは多数あるようです。
でもひとつの薬には効能がたくさんありまして、狙い通りの効能があるかどうか
ひとそれぞれだそうで、何に効くのかわからないそうです。
狙いが外れて、効かなくても良いところに効いてしまうと難儀なことになります。
そうです「副作用」で別の病気になってしまうのです。
そしてまた別の薬を飲まなくてはいけなくなります。
副作用の連鎖に嵌ると物騒な量の薬のお世話になることになります。
副作用の連鎖が怖いですね。

戻る