目にルービーが
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-3
ソフトウェア Picasa 3.0
レンズ SIGMA 50-500mm F4-6.3
焦点距離 500mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/800sec.
絞り値 F8.0
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 400
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 800x600 (381KB)
撮影日時 2010-11-14 15:22:42 +0900

1   youzaki   10/11/15 16:20

目に赤いルビーをはめた様な鳥でUPして見ました。
ハジロカイツブリですが近くに寄れないののでトリミング大です。
赤い虹彩(目)の鳥は数多くいますがこの鳥とミミカイツブリの目の色は特別気になります。

2   えふいい   10/11/16 03:49

ホント、眼がスゴイことになってますね。
肉眼でもこのように見えるのでしょうか?
ネコの瞳開いた状態で光りが差し込むとこんな風に見えたりしますが。
波にぷかぷかと浮かんでる様子もいいですね。

3   youzaki   10/11/17 01:08

えふいいさんコメントありがとう御座います。
ハジロカイツブリはハトぐらい大きさで近くに寄りません。
海か河口に冬来る(10月〜3月)渡り鳥です。
この写真は35mm換算1000mmで撮った写真を大きくトリミングしたものです。
30倍のスコープで覗くと綺麗な赤い目が見られます。肉眼では目の赤いのも確認は無理かも・・

4   Apiano   10/11/19 18:31

ハジロカイツブリは近くに寄れないのですか?
赤い目のルビーが印象てきです

5   youzaki   10/11/20 21:29

Apianoさんコメントありがとう御座います。
鳥は餌ずけしないと近くに寄れません、特に水鳥は影となる草木が少ないのでなおさらです。
鳥や動物を撮るカメラマン(プロ、ハイアマ)は重い高価(数十万〜百万円以上)なレンズとそれに耐える三脚等の機材を使用しています。
私は経済と体力がなくそれなりの機材ですが、普通高倍率に入る200mmぐらいでは野鳥の撮影は難しいです。

戻る