ビル灯り
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-P1
ソフトウェア Photoshop CS5 Windows
レンズ
焦点距離 17mm
露出制御モード シャッター速度優先
シャッタースピード 1/6sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 125
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2000x1500 (1,589KB)
撮影日時 2011-12-01 16:54:59 +0900

1   makoto   11/12/06 21:18

これもアートフィルター適用です。

2   kusanagi   11/12/06 22:55

E-P1って、古いタイプなのでAFスピードは遅いん
ですね。それでスナップ撮影には向かないのですよ。
(最新の3になれば事情は違うと思いますが)
それでMFにすればスッとシッャターは下りるん
ですが、今度はレンズに距離目盛がないんです。(^^;
テープに距離目盛を書いたのを貼ろうかと考えて
います。

それはちょっとがっかりでしたが、画質は良いですね。
まだ手に入れたばかりなので自分なりの色調整は
出来ていないんですが、レンズも良いのでデジイチ
に負けない描写をすると思います。

アートフィルターはRAWでは撮影できないみたいですね。
まあ、私はこの手のものを使うことがないので構わない
んですが。

E-P1、安くなっていますが、お店の人に聞くと例の
問題、あまり影響を受けていないみたいで、新しいのも
古いのも良く売れているそうです。店頭に置いても
直ぐに売れるとか。出足は早いみたいですよ。

だたライバル機が多く出ましたので(パナやソニー)、
値段が落ちているんでしょうね。さらにオリンパスはしばらく
派手な動きが出来ないとなれば、ミラーレス機のシェア
はライバル機に食われるでしょうね。

オリンパス、これからどうなるのかな? 上場廃止と
なれば、場合によってはオリンパス解体(ペンタックス
のように)となると、儲けていないカメラ部門は廃業とか、
パナに譲渡とか、そういう話になる場合もあるかも
知れませんね。
もっともパナがあるのでフォーサーズマウントがなくなる
ということにはならないでしょう。

オリンパスも危ないんですが、シグマも原発震災の
風評影響でか、危ういという気がしています。もしか
すると第二次のカメラ業界の再編成がこれから始まる
のかも知れませんね。
ちなみにミラーレス機は日本でこそ一眼市場の半分
近く占めるようになっていますが、全世界的に見れば
流行っているのは日本と韓国だけで、デジ一眼の
本命はあくまでも一眼レフ機なんですね。

ミラーレス機を出していないメーカー、キヤノンですが、
さてこれからどうでるか。キヤノンが出すミラーレス機は
全世界に通用するでしょうからね。多分、肝は動画を
如何にうまくやってくるかでしょうね。
動画革命をキヤノンはミラーレス機でやるんじゃないで
しょうか。静止画しかやっていない人でも飛びつきたく
なるようなヤツを出してくるような気がしているんですが。

例えばごく数秒の動画、しかも静止画並の超高画質
でやってくれれば、これは静止画の延長線上にある
スタイルというわけで、それでパノラマだけでなく全て
の静止画写真スタイルが変わってくるのじゃないかな
って考えています。

動くという動画ではなく、考え方としては静止画の
画角を広げるということですか。広角レンズでワンショット
で撮っていたものを数秒動画撮影で標準レンズでもって、
広角描写と同等の画質と画角をものにするというような
考え方、それを可能する使い安いソフト。
そういうので風景写真が撮れる。
そういう面白いのを出してくれれば、私も飛びつくんです
がね。

3   MacもG3   11/12/07 07:59

微妙な色被りとかフィルム時代の懐かしさが簡単に出来てしまいますね。自分もちょっと真似してみようっと

4   makoto   11/12/07 20:41

MacもG3 さん
フィルムの蛍光灯の緑被り、あれが夜景のいい味を出してたんですよね。
デジタルでは、色補正などかなり手を入れないと再現できませんね。
アートフィルターはポイント高いです。

戻る