中国から渡来した陶器
Exif情報
メーカー名 PENTAX
機種名 PENTAX K-5
ソフトウェア Photoshop Elements 8.0 Windows
レンズ
焦点距離 45mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/500sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 1600
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2200x1457 (366KB)
撮影日時 2020-02-01 22:42:56 +0900

1   鎌倉M   20/04/13 12:54

元時代に作られた青白磁水柱(せいはくじすいちゅう)で
鎌倉で発掘されました。鎌倉歴史文化交流館の展示品です。
レンズ DA 16-55mm ED

2   鎌倉M   20/04/13 12:57

レンズは、DA 16-45mm ED です。

3   kusanagi   20/04/14 21:00

後期鎌倉時代だろうと思うので元の時代とはいえ、日宋貿易の名残でもたらされたものでしょうか。
当時、文化的にはまだまだ大陸は高度な文化を保っていたようです。日本が学ぶべきものも多く
あったと思いますが、しかしこの時代が中国の最後の輝きだったのかもしれませんね。
DA 16-45はフルサイズのレンズだったんですね。私はペンタックスのフルサイズのカメラは所持
していないのです。

4   鎌倉M   20/04/15 13:09

ペンタックスのフルサイズデジカメはK-1が最初ですよね。
このレンズは、K-1より大分前に発売されています。
何故その頃に発売されたのでしょうね。

戻る