Julianna 20.1
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 6D Mark II
ソフトウェア DxO PhotoLab 3.3
レンズ 70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports 018
焦点距離 148mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/332sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 250
ホワイトバランス
フラッシュ あり
サイズ 1200x1600 (452KB)
撮影日時 2019-05-27 05:01:55 +0900

1   Kaz   20/07/07 00:20

先に白黒で投稿したもののカラー版です。
どちらが良いか悩むな。
https://photoxp.jp/pictures/202776

2   kusanagi   20/07/10 23:51

白黒写真は、カラー写真が別にあるからというか、そもそも現実光景がカラーであるから、有価値が
生まれるものと思っています。情報量としては当然にカラーが大きいわけで、現在では黒白写真は
引き算の美学のひとつということになるのでしょうか。
この写真でよく使われる引き算というのは、ただ構図をシンプルにする手法というだけでなく、もっと
視野を広げていけば、大きなカメラではなくフォーサーズのような小さなカメラを敢えて使うっていうこと
も含まれるだろうと考えています。
写真は何が何でも情報量が大きいのが良いということではなかったようです。

3   Kaz   20/07/21 20:29

写真は目の前に存在する膨大な情報の中から
撮影者が撮影機材を用いて一部を切り出す。
そして、現像、仕上げの工程を経ると
個々の撮影者によって同じ風景、モデルさんでも
結果が違ってくるのが楽しいんですよね。

戻る