D VARIO-ELMAR  14-150mm  f.3.5-5.6  ASPH
Exif情報
メーカー名 LEICA
機種名 DIGILUX 3
ソフトウェア
レンズ
焦点距離 150mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1300sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 -1.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2648x1876 (693KB)
撮影日時 2020-09-04 19:49:56 +0900

1   MT   20/09/04 16:59

遅咲きのハスです。

2   kusanagi   20/09/04 21:45

蓮の花の花芯はよく見てみると不思議な形をしていますね。
世の中には数多くの花のカタチというものがあってそれぞれ伝統と歴史を持っています。それら
全ての情報は細胞のDNAに記録されており、その情報が変わることで花の形は言うに及ばず、
植物の形や機能の全てが変化していきます。
そういうものは植物だけでなく昆虫も人間もウイルスもそうだということで、全ての生きとし生ける
ものの根幹の原理ということになりました。蓮はハスでありそのさだめによって生きているわけで
その不思議を感じざるを得ませんね。

3   MT   20/09/05 12:53

コメントありがとうございます、言われる通りハスの花芯は独特な形をしており神秘的ですね
もう二種類のハスも投稿してみます。

戻る