ワシが鷲が
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-PL1
ソフトウェア Version 1.0
レンズ
焦点距離 42mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/250sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 +0.5
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4032x3024 (2,226KB)
撮影日時 2012-05-09 14:43:43 +0900

1   翼の折れたサル   2012/05/10 12:05

深夜の大喜利で松本が言ってたのを思い出しました。
Q.動物を使った新しいことわざを考えてください
A.「鷲蛾鷲蛾」 どういう意味やねん、「ワシがワシが、前へ前へ・・・」???

フォトコン板でもよかったかなあ・・・・??

2   調布のみ   2012/05/10 12:34

太い脚、曲がった嘴、カッコイイです。このおじさん鷲鼻じゃないですね〜???

3   ツヨシ   2012/05/10 19:27

精悍な鷲かっこいいですね。鷲と仲良しな鷲おじさんの表情もいいですね。ところでなんというワシなのですか?

4   みっちゃん   2012/05/10 19:32

今晩は、とても鋭い嘴に力強い目力で何かを捉えて
いるのでしょうか、さすが猛禽類ですね。横のおじ様
はなんだか余裕の表情でがギャップが面白いです。

5   翼の折れたサル   2012/05/13 09:02

野生との指定はないわけですが、野生でない鳥へのコメントありがとうございます。
なんと言うワシか聞き逃しましたが、アフリカから来たとのことで、メスだということです。
この色からして、ゴールデンイーグル(金鷲)ことイヌワシかな?と思いましたけど。
かく言う私、仕事でイヌワシ調査をしていた経験があるという・・・なんちゅうか申し訳のないことです。。。

このおっさん曰く、猛禽類は常に機嫌が悪く、常にメスのほうがたちが悪いのだということで、写真では静かに腕にとまっているように見えますが、この直前までばさばさと暴れていました。
その説明をするおっさんは、そらもう余裕綽々ですが、手には猛禽につつかれた(あるいは引き裂かれた?)傷跡がへっこんでいました。

戻る