小さな[街]の郵便局
Exif情報
メーカー名 KONICA MINOLTA
機種名 DYNAX 5D
ソフトウェア DYNAX 5D v1.00
レンズ AF28mm F2
焦点距離 28mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/100sec.
絞り値 F7.1
露出補正値 +0.0
測光モード 中央重点測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3008x2000 (3,514KB)
撮影日時 2008-02-02 14:03:59 +0900

1   バリオUK   08/02/03 06:09

コッツウォルズ地方、ペインズウィック。
実際には「村」ですが。

2   rrb   08/02/03 10:43

いいなぁ〜。とっても親しみがわく建物ですね。
とんがりお屋根に煙突がいい。石造りも好き!

3   hosozumi   08/02/03 14:40

雰囲気がありますね!
ポストオフィスだけではもったいないので二階でバイキング料理と
コーヒーのレストランの併設が望まれます。<−無粋な考え。。(^^)

4   stone   08/02/03 16:51

格好いいですね!石壁なんていい色(@@
屋根とか切っちゃうとこが潔くて、とても好き。

5   バリオUK   08/02/04 06:42

ありがとうございます。

rrbさん、stoneさん、
イギリスの建物は、今時の無粋なやつを除いては、すべて石造りじゃないかと思います。
この郵便局の建物は、結構典型的なデザインだと思います。
こういう白黒の縞々も、歴史的な街や村に行くとよく見かけます。

屋根や尖塔の先っちょ、全部入れると空がいっぱい入ってきて、写真としては面白くなくなりがちなので、切ってみたのです。
細かいことに、よく気づいておくれました。

hosozumiさん、その無粋な考えいいですね、笑いましたわ。
でも、アイデアだけですよ、ほんとにそういう計画があったら、めちゃめちゃたたかれるでしょうね。

6   秀介   08/02/04 17:30

コッツウォールズ地方でもスローターズの方は石造りだったり、
レンガ造りの家だったりだと思いました。1800年代の建物だった
かな? 後ろの家の煙突はレンガで修繕したのかな?面白いです。
 ハーフティンバー部分は木の柱や梁の構造になっているんです
かね?
それにしても こういう環境の中で暮らしているなんて羨ましい
な〜あ。 いいなあ。

7   バリオUK   08/02/04 21:45

秀介さん、どうも、前にもコメントいただきましたが、どちらの板の方なのでしょう?

確かに、「すべて」と書いたのは言いすぎでしょうね、それくらいの印象ということでした。
この小さな国のどこにこんなにいっぱい石があるのかとよく思うので、余計に印象深くて。
レンガ造りの建物は、時々あるのですが、比較的新しい気がします、これも私の印象ですが。
あと、使ってる石が赤いために、遠くから見たらレンガ造りに見えてるけど、実際には石造りという建物も結構あります。
でも、不思議なことに、こういう四画い煙突は大抵レンガです、熱に強いからでしょうか。

最近になって、いろんなところに行き始めたので、ちょっと楽しくなってきましたが、それ以前のイギリス暮らしは決して満足のいくものではありませんでした。
なんか、すべてにおいて冴えない感じがするんですよね、この国は。
ファッションも、食べ物も、街の景観も、イタリアやフランスに比べて垢抜けないし、アメリカのような大自然もないし。
最近、徐々にここのよさもわかるようになってきましたが。

8   志茂金武   08/02/05 11:06

日本は外国にあこがれ、外国は日本を取り入れようとする。
西洋風新築住宅がいっぱいあるのは日本だけじゃないんかな

戻る