タコツボ!
Exif情報
メーカー名 SONY
機種名 α580
ソフトウェア DSLR-A580 v1.11
レンズ AF24-85mm F3.5-4.5
焦点距離 35mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/25sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 -0.7
測光モード 中央重点測光
ISO感度 1600
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4016x3264 (2,741KB)
撮影日時 2014-02-03 13:14:03 +0900

1   スカイハイ☆Αθήνα(旧バリオUK)   2014/2/26 05:06

こちらにお邪魔するのは何年ぶりでしょう!
浦島すぎて知った人が誰もいないかと思ったら、意外と見慣れた方がいらっしゃいますね。
こんにちは、ご無沙汰しています。
実はこのモノ板の一番乗りは私なんですよね~

すみません、前置き長すぎです。
仕事半分、遊び半分でギリシアに行ってきました。
名前のところのΑθήναはギリシャ文字でアテネと書いたものです。
その写真を風景板に上げていたのですけど、時系列的に今ちょうど博物館の展示の写真のところにきていて、無理を承知で風景板に何枚か上げたのですが、余りにも度がすぎるかと思い直し、本来の板にお邪魔することにしました。

ついに本題ですが、写真は、タコの模様の壺でして、タコを捕まえるための壺ではありません。
ふつう古代ギリシアといえば、紀元前5世紀~2500年くらい前のことを指すのですが、これはそれよりさらに1000年ほど古い、紀元前16世紀~3500年くらい前のミケーネ文明という文明による壺でございます。
しかしタコの模様自体は、さらに古い、クレタ島に栄えたミノア文明に見られ、その影響を受けたものと思われます。

※アテネの国立考古学博物館

2   グレート浄瑠璃   2014/2/26 09:08

ずっと前、ここのサイトに出入りしていた者です。
その頃も貴作品を拝見しまして感服いたしておりました。
今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ミノア文明といいますと、ミノタウロス伝説というものを
小耳に挟んだことがあります。
ギリシャ側からの敵意や偏見で語られたものじゃないか
とも思える、やや猟奇的な面もあるお話です。

実際のクレタの文明は牛に乗る曲芸など活発で陽気な
ものだったように聞いています。
タコの図案も生命力を描き出した闊達なものですね。

3   スカイハイ☆Αθήνα(旧バリオUK)   2014/2/26 21:13

グレート浄瑠璃さん、コメントありがとうございます。
プロレスファンなのかなあ、というお名前なので、印象に残っておりました。

ミノア文明、よくご存じですね!
たまたまですが、以前クレタ島にも行ったことがあり、遺跡やミノタウロスの像も含め、いろんな発掘物を見たことがあります。
あそこで印象に残っているのは、オリーブオイルを入れたという、大人がすっぽり入るような巨大な壷です。
そこでこれとそっくりの蛸の壷を見たと嫁は言うのですが、私は見たような、見なかったような・・・

ミケネ文明はミノア文明後期と時代が重なり、交流があったようで、ミケネ人とミノア人がともに描かれている壁画も発見されています。
また、このタコツボをはじめ、様々なものをミノア文明から取り入れたようです。

戻る