山で見かけた小鳥
Exif情報
メーカー名 SIGMA
機種名 SIGMA SD1 Merrill
ソフトウェア Capture NX 2.3.5 W
レンズ 150mm F2.8
焦点距離 150mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/200sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 -0.7
測光モード スポット測光
ISO感度 100
ホワイトバランス "*\xCB\xB4\xEF\xF9"
フラッシュ なし
サイズ 1881x1254 (1,474KB)
撮影日時 2011-02-27 08:19:27 +0900

1   zzr   14/05/31 00:02

山道を歩いてたら足元からつがいと思われる鳥が飛び立ちました。
近くに巣があるみたいでした。

ーで、撮ってみたのですがなんとなくイマイチです。
車に忘れて付けなかったフードが原因?手ブレ?
それとも両方なのでしょうか。。

2   kusanagi   14/06/02 22:25

圧縮されていてピクセル等倍で見れないのですが、ピントやブレは
大丈夫のような気がしますが、実際にはそうでもないのでしょうか?
150ミリはマクロレンズでして、遠景の微妙なピント合わせは近景の
それに比べて苦手というところもあるかも知れません。
つまり、遠景のフォーカスリングの作動量は、近接撮影に比べて大まかに
なるからです。
むろんAFだと遠景でもピシッとくるんでしょうけど、この撮影ではAFは
使っていないようですしね。
それでファインダーを見てピントが合っているように見えても、実際に
撮影後に確認すると、ずれているっていうことがしばしばあります。

それで皆さん、撮影時に態とピントをずらせて数ショット撮影するという
やり方をするみたいです。言わばピントブラケット撮影ですね。
そういうテクニックを使う場合、微妙なピント移動にはレンズフードに
指を乗せてから、さらに別の指で軽くフォーカスリングを操作するという、
繊細な操作が必要となります。

戻る