在来種:カントウタンポポ
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS-1D X
ソフトウェア
レンズ 180mm
焦点距離 180mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1579sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 5184x3456 (4,344KB)
撮影日時 2015-04-18 14:33:57 +0900

1   masa   2015/04/26 12:17

セイヨウタンポポに押されて減っていると言われる在来種ですが、ウチの裏山ではカントウタンポポの群落が毎年元気で花を咲かせてくれます。
総苞片が反り返らないのが特徴ですので下から覗いてみました。

2   stone   2015/04/26 18:16

総苞片が反り返らないタンポポが意外と多い当方です。
黄色タンポポの半分くらいかな?そんな雰囲気です。
カンサイタンポポ?カントウタンポポ?よく分かりませんが。
シロタンポポも結構咲いています。

3   youzaki   2015/04/27 12:38

今日は
在来種のタンポポは少ないですね・・
上手く撮られ素的ですー
タンポポの調査でタンポポを採取していますがほとんどが西洋タンポポばかりです。(家の近くしか採取できないので・・)

4   masa   2015/04/27 22:42

stoneさん、どーもです。
淀川地方ならカンサイタンポポですね。カントウタンポポより少し小振りらしいですよ。

youzakiさん、ありがとうございます。
外来種であれ在来種であれ、タンポポの黄色は何と無く春の心を浮き立たせます。綿毛になって風に乗って行く様も洋の東西を問わず同じですね。

戻る