【美学】動物園の「尾画(びがく)」
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 40D
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ EF 70-200mm F2.8L IS x1.4
焦点距離 280mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/166sec.
絞り値 F5.7
露出補正値 +0.0
測光モード 中央重点測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 1473x2210 (1,545KB)
撮影日時 2009-04-04 13:21:29 +0900

1   凡打   2015/05/08 21:56

サイの母子。
生まれて数か月の赤ちゃんサイが、いつもお母さんの
後をついて歩いていました。
後姿がとっても可愛いかったので、ついシャッターを切りました。

ハードディスクの奥の方から引っ張り出した古画像で
失礼<m(__)m>

2   stone   2015/05/09 19:17

赤ちゃんサイ。
小さく見えますが間近で見ると大きいのでしょうね~
どんなお顔してたでしょう。まだ角のないサイの幼顔。見たいです。
お母さんの足よりずっと低い姿、お腹の下に容易に潜り込めそうです。

3   凡打   2015/05/09 21:07

stoneさん こんばんは。
超古画像にコメントいただき有難うございます。
この母子の寝ている画像を大分以前にこのサイトに
投稿しました。
↓ ご参考まで。
http://photoxp.jp/pictures/110299

4   stone   2015/05/09 21:15

おお!この親子でしたか
よく覚えています。といいますか壁紙にと頂戴しています。
毎日ではありませんが、しょっちゅう見ています
馴染みのOld Macの壁紙になっています。大好きですこの親子作品!

5   S9000   2015/05/10 10:05

 いいですね~。親子サイ。
 6年前の画像となると、赤ちゃんサイも今は
立派な大人になったでしょうか。お母さんより
大きくなったかな。
 うちの息子、2年前に母親の背を抜いて、今年
になって私の背も抜きました。動物の場合、そう
なるともう対等な立場で、独立してますよね。
 人間は甘やかしているのかなー、と反省したり
もします。

6   凡打   2015/05/11 12:56

stone さん こんにちは。
私の拙い画像を大事にしていただいているようで、
誠に有り難く思います<m(__)m>

S9000さん こんにちは。
コメント有難うございます。
昨今の私は杖を頼りのヨボヨボ歩き状態なので、動物園
に行くのもつい億劫になってしまい、すっかり遠ざかってしまいました。
もう6年も経っていますので、きっと相当の巨体になっていると思います。
多くの動物は、乳離れした直後から食べ物は一切自力で
確保しなければなりませんので、生き抜いてゆく厳しさを
小さい子供の時から背負わされて生きているんですね。
人間社会はこれに比べると恵まれ過ぎて、生き方育て方が
甘いです。私も生きる厳しさを見習らはなければと思いつつも
80を過ぎた者には手遅れですね(^^)/;;

戻る