お日様がくれた色
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS-1D X
ソフトウェア Windows Photo Editor 6.3.9600.17418
レンズ 180mm
焦点距離 180mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1579sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 125
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4885x3224 (845KB)
撮影日時 2015-06-06 10:41:05 +0900

1   masa   15/06/06 18:54

ビヨウヤナギです。長い雄蕊群が特徴的です。
いつも、どこにピントを合わせようか悩みますが、中央の雌蕊の先っぽに合わせています。

2   花鳥風月   15/06/06 19:37

ビヨウヤナギ 金の針金 細工かな

3   写好   15/06/06 20:09

これがホントのビヨウヤナギなんですね。
花芯もまばらで、清楚な感じですね。
神業のようなシビアなピント合わせは、さすがです。
私などピントはどれかに合うから、ラッキーと思ってしまう被写体です(笑)

4   F.344   15/06/06 21:27

細いのがグルリと伸びて囲んでいますね
ピン合わせは悩むことでしょう


5   cotora   15/06/06 22:50

masaさん、こんばんは
力を感じます。
中心部分に光が射すシーンも唯一無二の写真に写ります。

6   一耕人   15/06/07 05:15

ドンピシャのピント素晴らしいですね。お見事です!!

7   masa   15/06/07 06:50

みなさま、沢山のコメントありがとうございます。
ビヨウヤナギは雄しべが主役、しべの数は200本ほどにもなります。女の子はこんなまつ毛が欲しいと憧れるようです。
どちらかというとフワッとした雄蕊群の印象から優雅な感じなんですが、この絵では光の当たり具合を少し暗めに落として蕊を「金の針金細工」(花鳥風月さん評)のように磨いてみたものですから、cotoraさん仰るような力強さが出たようです。
朝まで雨が降っていたので水滴が輝く姿を期待して行ったんですが、強い陽射しで蒸発してしまい、シベの根元に僅かに残っていただけでした。(最大拡大していただくと水滴が残っているのがご覧いただけると思います)

戻る