釣瓶に活花
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-M1
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 1.4.2W
レンズ
焦点距離 43mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/500sec.
絞り値 F1.2
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2400x3200 (1,094KB)
撮影日時 2015-06-10 08:40:53 +0900

1   Ekio   2015/06/14 09:21

北鎌倉の「明月院」、釣瓶に紫陽花が飾られていました。
NOCTICRON 42.5mm F1.2、色を少し浅目に現像し直しました。

2   エゾメバル   2015/06/14 14:52

なんとも日本的な涼しさが感じられます。
夏らしい色に仕上げたんですね。

3   MacもG3   2015/06/14 18:00

少し浅目の色合いが涼しげで気持ちいいです。
開放で紫陽花が浮き出る描写も素晴らしい。

4   Ralick   2015/06/14 19:27

こんばんは。
ん~風流ですね。
活けられたら方の感性と、それを見つけられて撮られ、
現像されたEkioさんのセンスが素晴らしい作品になってますね。

5   ペン太   2015/06/14 19:52

お洒落な 日本の初夏の切り取りですね。

紫陽花をややハイキー気味にして
 嶽の台座と背景の緑のなかで 輝いて見えます。

6   oaz   2015/06/14 20:06

Ekioさん、今晩は。
 水道が村中に引かれるまでは、井戸水を釣瓶でバケツに組み何度も何度も風呂場に運びました。
夕方になると今度は薪を炊いて風呂沸かしでした。
それに比べて、今は便利になりました。
代わりにお金がたくさんいりますが・・。
懐かしいですね。

7   スカイハイ@East Anglia   2015/06/15 06:39

釣瓶っていうんですか。
蓋の青竹や石や縄など、天然素材がとてもいい感じすね。

8   Ekio   2015/06/15 22:58

みなさん、ありがとうございます。
夏が近づくにつれて陰影がきつくなるのでソフトに撮りたい時は苦労します。
今回はひとまず普通に撮っておいて、家に帰ってから調整をした次第です。

戻る