松江城の芯柱
Exif情報
メーカー名 SONY
機種名 ILCE-7
ソフトウェア Microsoft Windows Live Photo Gallery14.0.8117.416
レンズ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
焦点距離 28mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/6sec.
絞り値 F3.5
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 6400
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3844x2038 (1,101KB)
撮影日時 2015-09-29 11:22:29 +0900

1   爺児   2015/10/04 20:18

細い材木を組み合わせて鉄帯で巻いています・・・
これをどう補修すればいいのでしょうか?

2     2015/10/05 10:42

こんにちは
これは酷い! 後から! 無理に 抱き合わせて作った柱みたいです 
私は経験シロトですが 添え柱をだかしてボルトで締め防腐剤を塗る・・なんてのどうでしょう? サポートしておき 新しくしつかりしった 鉄骨を入れますか?・・出来れば 半永久的にもつと思いますが 予算あるのかなー?。

3   爺児   2015/10/06 12:58

これを木組みと言っていいのかどうか・・・?
一度バラシたら・・・復元は難しそうですね・・・

4     2015/10/06 16:37

こんにちは
予算さえ有れば!!!(現場見ないで無責任の様ですが) 鉄は曲げても穴明けても溶接で接合しても 理論的には 「自由自在」に加工できます 要は 鉄で補強するか全取り換えするか?? だと思います(修理中は補強を!)        高校生の時 担任の漢文の先生が 「漢文自由自在」なる参考書を出して それを見れば・・・何時も100点。

5   爺児   2015/10/06 18:27

国宝登録を辞退できれば・・・どんな加工も可能なんだそうですが・・・そうもいかない事情が多々ありそう・・・です(笑

やっと、国宝になったのに・・・観光客が増えて・・・寿命が短くなっては・・・何のための国宝なのか・・・?

戻る