フレミングパロットの開花
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 50D
ソフトウェア Picasa
レンズ EF100mm f/2.8 Macro
焦点距離 100mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/8192sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード スポット測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 3175x3169 (4,671KB)
撮影日時 2016-04-17 11:21:40 +0900

1   youzaki   2016/04/17 13:46

昨日の蕾のチューリップが咲きました。
本日は風が強く花が揺れて撮り難い日です。

この花2007年のチューリップの品評会でのグランプリ受賞の品種です。

2   GEM   2016/04/17 22:00

バラの品評会の受賞作品はバラ園で見かけましたが、チューリップは始めて見た気がします。
こちらは オーソドックスな形のチューリップばかりで、中々撮影の機会に恵まれません。

3   masa   2016/04/18 08:16

これがチューリップ! 何故パロット? と調べてみたら、
花びらがオウムの羽ように大きな切れ込みがあって、フリルのように波打っているから、
とありました。
古来、花好きはホントに色々な品種を改良・開発するものですね。

4   youzaki   2016/04/18 12:38

GEMさん、masaさん コメントありがとう御座います。

GEMさん チューリップよりバラの方が興味があります。
薔薇もチューリップも品種の数はすごい数です。
チューリップは野菜系で球根を植え替える必要がありバラとの違いです。

masaさん 調べて頂き感謝します。
花の名前の由来が判り嬉しいです。
17世紀地中海を中心にチューリップの栽培が熱狂し4000種の品種が生まれとか・・

5   ZOID   2016/04/19 14:26

youzakiさん、こんにちは。
これはまた強烈なインパクトです!
花びらがこんなにヒダ状になっているのは珍しいですね。
2007年グランプリ品種、流石です。

6   youzaki   2016/04/20 22:25

ZOIDさんコメントありがとう御座います。

この花はフリンジ咲き系で花の縁がフリンジ状です。
フリンジ系の種もたくさんあり大きさ、色、形が違います。
他にも沢山の系統があります。

戻る