Powel Station
Exif情報
メーカー名 PENTAX
機種名 ME Super
ソフトウェア Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)
レンズ M40mm F2.8
焦点距離 40mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/200sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 64
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 1960x1346 (1,015KB)
撮影日時 1994-01-01 00:00:00 +0900

1   Booth-K   2016/05/24 00:54

触発されて、もう1枚失礼します。22年ほど前のサンフランシスコ。3ヶ月ほど滞在していました。
MacもG3さんのように、綺麗にスキャンできてないんですが、スキャンしたのも22年前、電子ファイルなのにレトロです。(笑)
コダクロームで、外式での着色でフィルム面に凹凸があるので、ゴミ取り機能が使えませんでした・・・と言うには多すぎですが。^^;
Exifはなしだとアップ出来なかったので、適当に設定してます。
丁度、昔のフィルムを再スキャンしたいと、考えていた所なんですよねぇ。
https://www.google.co.jp/maps/@37.784515,-122.4076008,3a,22.9y,86.92h,89.99t/data=!3m8!1e1!3m6!1s-EQEbAttgD0s%2FURUpxXdLB7I%2FAAAAAAAAjns%2F5vv1N8SFbUgxOJ3t5PLAHPL4Zf-0DZcrw!2e4!3e11!6s%2F%2Flh5.googleusercontent.com%2F-EQEbAttgD0s%2FURUpxXdLB7I%2FAAAAAAAAjns%2F5vv1N8SFbUgxOJ3t5PLAHPL4Zf-0DZcrw%2Fw203-h101-n-k-no%2F!7i4000!8i2000

2   masa   2016/05/24 07:11

パウエル駅、懐かしいです。私は40年近く前、二ヶ月ほどオークランドにいまして、週末の度にサンフランシスコに遊びに来てました。
最近行ったのは2年前ですが、ターンテーブルに乗せたケーブルカーを人力でヨイショと回して方向転換するのは、今も変わりませんね。
ハイド・ストリートを経由してフィッシャーマンズ・ワーフまで、わざとデッキにぶら下がってよく乗ったものです。

3   エゾメバル   2016/05/24 15:57

ストリートビューと合わせて拝見すると、面白いですね。
masaさんのコメントを読んで、Booth-Kさんがこの場面を撮ったのが
よくわかりました。

4   ペン太   2016/05/24 18:54

20年以上前のフイルムがちゃんと残っているだけでも
立派だと思います。

 今も変わらぬ景色、 過去の写真を見て
思い出 感傷に浸るのも、また 写真が残っていたから出来る事

デジカメの膨大な、でも基本HDDの中と言う実に頼りない保存方法
先の20~30年後に残っているか・・・??ですね

5   Booth-K   2016/05/24 23:15

こんばんは、コメントありがとうございます。
私は、バークレーに滞在していて、やはり週末になるとサンフランシスコか、ナパバレー、ソノマバレー等へ出掛けていました。フィッシャーマンズワーフのロブスターの味も忘れられません。無茶苦茶懐かしいです。
観光地ということもあるのでしょうけど、ほとんど変わってないってのは凄いですね。ストリートビューで、あちらこちら散策してしまいました。こういう使い方があったとはねぇ。
この出張にズームは持っていかず、40mmのパンケーキレンズ1本だけのフットワーク勝負。まだ手元にあるこのレンズも、K-1で使えると思うと、不思議な気がします。

戻る