森の妖精
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS-1D X
ソフトウェア Windows Photo Editor 6.3.9600.17418
レンズ 180mm
焦点距離 180mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/395sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 +0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 1000
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 5184x3456 (2,161KB)
撮影日時 2016-05-22 13:21:27 +0900

1   masa   2016/05/24 21:40

ウラナミアカシジミといいます。森の中だけに棲む親指の爪ほどの小さなシジミ蝶です。
裏山のクヌギ林で羽化し始めました。下草に降りていてくれたので、腹這いになってじっくり覗くことが出来ました。

2   Booth-K   2016/05/24 23:34

小さくとも、瑞々しい存在感のある生命、まさに妖精、見とれてしまいますね。優しい緑の森に包まれているかの様なボケにも、その場の空気感を感じます。

3   ペン太   2016/05/25 21:35

ひっそりと 草陰に・・・
 って言うイメージが 全面緑で ちょっとアンダーな光線状況

妖精には相応しい舞台設定でしたね。

4   masa   2016/05/25 22:14

結婚相手を探すときは、朝夕、コナラやクヌギの梢近くでチカチカと紙吹雪のように舞います。
昼は葉陰で休んでいることが多いようです。
蝶マニアは細い棒や棹で林の葉を叩いて追い出し、止まったところをネットでバサッ。私も中学・高校の頃はそうでした。
今は「採る」から「撮る」に変わって、昔よりはるかにじっくりと蝶を観察するようになりました。

戻る