雲間に富士
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 5D Mark II
ソフトウェア Photoshop Elements 11.0 Macintosh
レンズ 17-35mm
焦点距離 35mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/500sec.
絞り値 F8.0
露出補正値 +0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 400
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3500x2333 (6,566KB)
撮影日時 2016-06-11 08:36:07 +0900

1   MacもG3   2016/06/21 06:54

硫黄岳からは横岳の稜線越しに富士山が見えます。
爆裂火口の北側の端っこまで来ないと見えませんので
危うく見逃すところでした。

2   ペン太   2016/06/21 21:04

3000mの高さのラインを一直線の彼方に
富士山が。。。  遠望でも存在感は日本一ですね。

 雲海から湧き上がる雲 空の高層雲もいい表情、
天上の絶景、 実際にこの場に立って見るとエクスタシーもんでしょうね~。 

3   ポゥ   2016/06/21 21:50

この絶景を独り占め状態なのが凄いですね。
誰もいない、って、すごいことだと思います。
美ヶ原くらいでも思いますが、やはり高原の雲の美しさは
一味違いますね。踊り方も、また、混じりけの無い透明感も格別です。
いくらか白飛び気味にした露出が、効果的です。
構図的にも、広角域を上手く使って、程よいパースで
稜線の三段構図が出来ていますね。
斜めのラインを追っていくと彼方に富士山、という、
登山者の感動が伝わってくる、気持ちのいい視線誘導です。

4   Booth-K   2016/06/21 22:52

雲の上の頂きだけで構成された構図、山岳にいる臨場感を感じますね。これは気持ちよかったでしょうね。

5   Ekio   2016/06/21 23:10

MacもG3さん、こんばんは。
やはりと言うか、流石と言うか、見えていないと探してしまうのが別の意味で存在感ありありです。

6   MacもG3   2016/06/22 08:05

コメントありがとうございます。
富士が見えると見えないとでは気分的に全然違います。
この嬉しさは日本人ならではか?

戻る