春の新芽と翡翠
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-510
ソフトウェア OLYMPUS Master 1.41
レンズ
焦点距離 0.0mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/250sec.
絞り値 F0.0
露出補正値 +0.3
測光モード スポット測光
ISO感度 400
ホワイトバランス 晴れ(5300K)
フラッシュ なし
サイズ 912x684 (93KB)
撮影日時 2008-03-25 07:59:36 +0900

1   ☆ぴぃ〜   2008/03/25 21:25

これから翡翠は営巣に入り池への飛来が少なくなって、シーズンの終わりを告げる新芽と翡翠のシーンです

撮影距離は15m前後でしょうか、この時期になると野生本来の警戒距離と取るようになるので、1200mm相当でこんな感じです(縮小のみ、トリミング無し)

※[Tokina AT-X 300mm F2.8 SD/MF]+[Nikon Teleconverter TC-200 2X]=1200mm F5.6相当

2   みけ   2008/03/25 21:55

1200ミリでも、すごい解像してますね!
カワセミに会いたい〜!!

3   年寄り人   2008/03/26 11:24

面白い構図ですね、AFと違いカワセミにピンきて素晴らしい写りで感服です。

4   ☆ぴぃ〜   2008/03/26 18:55

みけさま
ぜひ、お住まいの近くのカワセミ目撃情報をチェックしてみてください
きっと近くに居ると思います…(^。^)/
コメント有り難うございました

年寄り人さま
1200mm相当でもカワセミはこのサイズなので、常に中心で撮影して解像低下を回避しています
さすがに1200mm F5.6ともなるとピンが極薄でフォーカスリングは気持ち触る程度で微調整するので、体調がピントに出てしまいます〜(笑)
コメント有り難うございました

戻る