つばめ
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-520
ソフトウェア OLYMPUS Master 2.05W
レンズ SIGMA 50-500mm F4-6.3
焦点距離 500mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/200sec.
絞り値 F6.3
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 3648x2736 (2,736KB)
撮影日時 2008-07-10 18:12:15 +0900

1   youzaki   2008/07/11 23:30

ツバメの幼鳥をシグマ50−500mm(1000mm)を付けて手持ちで撮ってみました。

年寄りには手持ちはきついですが、手ぶれ防止は効いているようです。

2   えふいい   2008/07/12 00:23

青空に羽のカーブがスッキリ伸びていい感じです。
カメラ変わってやっぱり階調豊富になってる気がしますね。
手ぶれ防止機能羨ましいです(^_^;

3   youzaki   2008/07/12 01:17

えふいいさんありがとう御座います。
手ブレ防止は一段と効くように思えました。
レンズの重さが1.8KGでは散歩には持ち出せません。
いま鳥の証拠写真用にZD70−300mmにフロントテレコンが使えないかいろいろ模索していますが、なかなかです。

4   パパール   2008/07/14 16:39

E-520とシグマ50-500を買われたんですね。
70-300と画質を比較するとどんな印象ですか?

5   youzaki   2008/07/14 18:46

いやーパパールさんお珍しい御無沙汰です〜
どちらのレンズを付けてもE510よりE−520の方が使いやすいです。
画質は1/3の金額で買える70−300mmが上の様に思えます。
鳥もですが花もとっていますので70−300mmが主です。
鳥の証拠写真はこれにフロントテレコンを付け撮ったりましますが、鳥の同定等のみで画質、その他に難があります。
画質は竹の50−200mmが良いですがこれも重さが私には向きません。

戻る