豊浦付近にて
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 5D Mark II
ソフトウェア Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)
レンズ EF24mm f/2.8 IS USM
焦点距離 24mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/80sec.
絞り値 F9.0
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3500x2333 (1,401KB)
撮影日時 2017-11-27 15:51:48 +0900

1   桐生の裏街道   17/11/29 08:23

おはようございます。
日本海側を走り三国峠を越えて桐生にて荷卸し待機中です。
雪解け道を走り真っ黒になった相棒を洗いシャワーを浴びてスッキリしました。
『ここでゆっくり時の経過を眺めてみたい』
いつも思うのですが仕事優先の毎日であります。^^

2   たまねぎパパ   17/11/29 13:06

こんにちは桐生の裏街道さん
冬の景色で寒さが伝わってきます。
相棒も綺麗すっきりで気持ちいい事でしょう。

3   Kaz   17/11/29 16:42

一日の終わりを飾る穏やかな夕焼け、というのが
一般の人なんでしょうが、裏街道さんはこのあとも
一日が続くんですね。
お家に帰ったらお風呂に浸かって体を存分に休めてくださいよ。

4   F.344   17/11/29 17:21

寒い地方ならではの枝ぶり
特に木が太いわけでもないのに先端まで小枝が伸びて・・・
日没の夕景と枝のシルエットの絡みの表現が
素晴らしいです

5   一宮の裏街道   17/11/29 21:24

たまねぎパパさん、こんばんは。
豊浦は噴火湾沿いの街で比較的暖かいです。
ここから洞爺湖方面に山を登るとトーワ牧場といったサラブレットの故郷が点在しますが
その辺から気温が下がり始め雪の量も増えて行くのです。
相棒も私も体を洗って汗を流すと気分が良いですね。^^

Kazさん、こんばんは。
仰る通り夜道を走る事が多いです。
通行量と出歩く女子(年齢制限あり)も減りますから走りやすいですし
運転に集中できるのです。
自宅のお風呂でのんびりしたいのですが事務所が意地悪でねぇ~。(^^ゞ

F.344さん、ありがとうございます。
私が常々通る琵琶湖付近のルートはR303~R8を走り木之本手前で県道44の入り日帰り温泉施設の前を通ってR365に抜けるんです。
一度、湖周道路や湖岸道路を走ってみたいのですがトラックでも走れるのでしょうか。
お城を眺めながら違った琵琶湖の風景にも出会いたいと思っております。

6   S9000   17/11/29 22:48

 こんばんは。
 枝越しというのがいいですねー。いい色。
 
 仕事で立ち寄ることの多い、国道2号バイパス沿いのGSで、
トラック運転手さん向けなのか、シャワーが用意されているところが
あります。一度、使ってみようと思いながらも、一般の方お断り
と言われそうで・・・

7   Nikon爺   17/11/29 23:52

桐生にいたんですか~
我家の近くですね。コメント頂いた滝がある景色も桐生近郊ですよ~

雪に、頭が出たお天道様、この時間帯、なんとなくホッとするんですよね~

8   淡路SAの裏街道   17/11/30 01:15

S9000さん、こんばんは。
走行中に良い感じに焼けてきたのですが路上に停めるわけにもいかず
日没寸前にやっと国道沿いの駐車スペースに飛び込んで撮りました。

トラッカーを大事にしてくれるスタンドはありがたいですね。
風呂やシャワー、乾燥機付きの洗濯機等を用意して歓迎してくれます。
専用のバスマットや歯磨きセット&髭剃りのサービス等々マジありがたいです。
トラックドライバーのみと断り書きが無い限り応じてくれると思いますよ、お試しあれ。^^

Nikon爺さん、こんばんは。
はい、道の駅こもちで仮眠をとり前橋のスタンドで洗車とシャワーを済まし
桐生で積み荷を降ろしました。
この雲全体が焼けてくれるのを願ったのですがねぇ~うまくいきませんねぇ~。^^

9   読者   17/11/30 22:52

これは、おもいっきり、大人の写真ですね。(^^ゞ

人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくがごとし
https://matome.naver.jp/odai/2141723961636990901

この家康の語録を思いださぬわけにはいかないほどの優れたセンスであり、作風です。
楽しい写真。愉快な写真。綺麗だろう写真。なるほど、そのような写真もいいのだけれど、
人生には辛いこと、苦しいこと、どうにもならないこともいっぱいあるじゃないですか。
でも精一杯、頑張ろうって。(笑)
そういうのも、立派に写真としていくのは、もっと素晴らしいことじゃないのかな・・・っと。
そう言えるほどの優れたお写真に仕上がっていると思いますよ。
こういう写真、真似てみたいなあって思います。しかしこれはそう簡単に真似られるものじゃ
ないみたいです。(^^ゞ

10   府中の裏街道   17/12/01 17:24

読者さん、こんばんは。
これ以上無いという程にまで過大評価していただいたコメントに
どの様にお答えすれば良いのか・・・。(^^ゞ

このところコメントを書き込む際のページ下に『赤いビキニは昭和にもありました』の写真が常に出るんです。
いろんな意味で考えさせられております。
H.T氏の『金粉乳首』は・・・歓迎・・・かな。^^

戻る