ノンタイトル
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-30
ソフトウェア Photoshop CS3 Windows
レンズ
焦点距離 27mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/25sec.
絞り値 F3.1
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 800
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2016x1512 (1,881KB)
撮影日時 2011-12-05 22:16:40 +0900

1   kusanagi   11/12/05 22:31

makotoさん、手ブレ補正スローシッャターに嵌ってますね。(^^;
さすかに1/1.7秒は手持ちではキツイのではないかと。

ミラーレスカメラの場合、ミラー動作がありませんから、
一見ブレには強いのかも知れませんが、逆にボディが軽い、
小さくてボールドし辛いというのはブレ対策にはマイナスです。

それで手持ちのミラーレスカメラに、重りを付けてみました。
三脚用の大型ネジ数個とL字バーの組み合わせで、小型デジイチ
並の重さになってしまうんですが、しかし持ちやすくなる。
これでブレに対してはカメラの手ブレ補正機構以上の効果が
あると確認できました。

やはりミラーがクイック上下しないメリットは大きいですねー。
後はカメラを重くして慣性重量を増やしてやり、さらに手ブレ
補正を掛けてやれば、相当な手持ち撮影かできそうです。

2   makoto   11/12/06 01:39

あれっ?
知らぬ間にPEN、逝っちゃってますね・・・(^^♪
手持ち1.7はキツイので、ダッシュボードに置くようにして手を添えて撮りましたが、クルマの振動もあってブレたようです・・・

重り、中々複雑な構成になってますね。
何気にスナップ用と思い購入しましたが、EOSと違う用途で使うことで生きてきそうです。

3   kusanagi   11/12/06 20:46

そうです、makotoさんやMacもG3さんの影響を受けて
しまい、つい格安のEP-1をゲットしてしまいました。(^^; 
実際キズだらけでよく使われていたカメラですね。

ただ自分が使ってみると、カメラを持つ右手がダイヤル
に始終触れてしまい、不本意に設定が変わってしまう。
それで左手でカメラを持てる様に自作グリップを作った
のです。くるっと回せば右手で持つようにもできます。

最初はグリップの真ん中の部分はミニ三脚の自由雲台
にしていたのですが、今回は重りのことを考えてアルミ
削りだしの大型ネジを4個組み合わせました。
写真用品で購入したのは、インチ尺のネジ類だけで、
あとのL字バーとゴム等はホームセンターで手に入れた
ものです。

4   makoto   11/12/06 21:14

E-P1、メチャ安くなってますね。
オリンパス問題の影響でしょうか・・・
リヤパネルのクルクルダイアルを廻す際に、押し込んでしまって他の機能に切り替わってしまい、露出補正やマニュアルモードでのシャッター速度の調整がうまく行かないでイライラすることがありますね。
この辺は節度を持たせて欲しいところです。
これから作品の幅が広がるので楽しみですね♪

戻る