私にとっての「よさこい」
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 5D Mark III
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ EF70-200mm f/2.8L IS II USM
焦点距離 150mm
露出制御モード シャッター速度優先
シャッタースピード 1/664sec.
絞り値 F3.2
露出補正値 +0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 500
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2100x1182 (1,257KB)
撮影日時 2018-10-08 00:33:02 +0900

1   ポゥ   18/10/11 22:40

私は、今風の言葉で表現するところの「陰キャ」です。しかも、かなり筋金入りの陰キャです。
よさこいの踊子たちにシンパシーをおぼえたことは一度もありません。
ただあるのは、羨望と、それを助長させる、自分自身の不甲斐なさと、悔しさみたいなものです。
輝ける彼らをファインダー越しに追いかけようとして、涙で見失うことがあります。
多分それも、共感ではなくて、ひたすらな憧れの涙なんだとお思います。

同じように、「夏」に、自分自身の青春を投影させた思い入れはありません。
ただ、見も知らぬ憧れのかけらを拾い集めたい。多分、それだけ。

でも、けがれた心と瞳だからこそこそ見えてくる風景の美しさがあるように、
ほろにがい憧れが導くシャッターチャンスも、そんな原動力も、あるのではないか、と思ってます。

だから、陰キャのくせに、来年の夏が、砂浜で美しい貝殻を探しもとめるような季節が、今から楽しみなのです。

2   Booth-K   18/10/12 23:56

絶対に作り笑顔からでは溢れてこない、全開のハッチャケ、見ているだけで「よっしゃぁ~」という気持になります。
いやぁ、良い瞬間。その場で見てたらこりゃ泣くな。
共感でも憧れでも、心を震わせられるというのは、それだけで幸せだと思いますし、一緒に盛り上がっているということで良いように思います。

3   Ekio   18/10/13 08:53

ポゥさん、おはようございます。
いい笑顔が炸裂していますね。
それぞれの笑顔がシンクロしているのは、楽しみを共有している証しなのでしょうね。

4   エゾメバル   18/10/13 09:10

踊り終わった瞬間かコンテストの発表があった瞬間なのでしょうか?
はじける喜びの表現がいいですね。

5   ペン太    18/10/13 18:21

表情とか動きだけでない
 被写体の心 思いを見事に切取っておられる
・・・なんて感じました。

憧れだけではなく、やはりベクトルが同じ方向だから
惹きつけられるのでは?とも思いました。

6   MacもG3   18/10/13 19:36

撮りたいっものって変わりますよね。
10年前なんでこんなの撮ってたんだろう。。。なんて。
変な拘りを持たず撮りたいもの求めているものを撮るのが体にも心にも良いんじゃないかと思います。


7   ポゥ   18/10/13 23:07

皆様、コメントをいただきありがとうございます。
すみません、ちょっと誤解があるかもしれませんが、悲壮感では撮っていません。
あくまでも、楽しく、熱中して撮ってます。
多分、よさこいは、この世によさこいと写真という文化が無くならない限り、ずっと撮り続ける気がします。
撮影中も感動してますし、終わった後の元気もらったな~、感も大好きです。

戻る