龍の残像
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX K-1 Mark II
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ HD PENTAX-D FA 28-105mm F3.5-5.6ED DC WR
焦点距離 88mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/100sec.
絞り値 F6.3
露出補正値 -1.0
測光モード 分割測光
ISO感度 125
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2947x4416 (3,454KB)
撮影日時 2018-10-21 15:50:34 +0900

1   Booth-K   18/10/26 23:35

ペン太さんが撮られた龍から1週間、だいぶ虹の位置とかも変わるもんですね。あれほど見事な龍にはなりませんが、残像ということでお茶を濁してみたり。(汗)

2   ポゥ   18/10/26 23:43

まぁ、常にしぶきを上げているものなので、光線さえ当たれば大なり小なり虹が見えそうなんですけど、
それでもより見えるための条件が色々とあるんでしょうね。
淡い龍、瀑音に咆哮を吸収されながら幻の中に消えてゆくようですね。
近くに住んでたら、この龍見たさ撮りたさに通い詰めてみても面白いだろうな~なんて思います。
自分だけが知っている龍に逢いに行く。なんか、ロマンがありますよね。

3   Ekio   18/10/27 18:43

Booth-Kさん、こんばんは。
細密な写りと穏やかな彩りが素敵です。
残像と言う表現がぴったりな消え入りそうな虹が寄り添っていますね。
滝壺へと向かう水の勢い表現も流石です。

4   MacもG3   18/10/27 22:43

そうそう虹の位置は変わりますよね。
時間帯によっても全然変わるので。
凄い絶壁を流れ落ちているんですね。
滝の迫力がどエライです。

5   ペン太    18/10/28 10:58

滝の虹
当たり前ですが
 滝に陽射しが当たらねば起こりえない絶景
渓谷の深い所に有る滝ではなかなか難しいので
紅葉も含めて貴重な滝となりましたね。
(おまけに 駐車スペースで半端じゃない星空まで見えてしまう。。)

活火山 白山の麓
 滝の背後の柱状節理も、滝とのコラボは中部地方では
珍しいと思います。

6   Booth-K   18/10/28 21:15

コメントありがとうございます。
楽しい、絶景撮影でした。PLを普段使わないので、しっかり忘れてしまい、虹がはっきりしなかったのがちょっと悔やまれますが、満足な時間でした。

戻る