花時計公園
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 GR
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ GR LENS
焦点距離 18mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/2000sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2000x1325 (1,257KB)
撮影日時 2018-12-09 22:18:32 +0900

1   ポゥ   18/12/10 23:50

松本市のPARCOの隣にある「花時計公園」にて。

松本市の流行を発信してきたPARCO(カミさんもその着信先であった)は
1年前に大型ショッピングモールが市内に出現したことで、存続の危機に立たされているが
この公園は、今後もきっと、若者たちの青春の一角を占め続けることだろう
時には、そんな彼らに眉をしかめる人もいることだろうが
多少の行儀の悪さが許される時代に、青春に、はじけるだけはじけて欲しい、と思う

2   Ekio   18/12/11 07:23

ポゥさん、おはようございます。
横転?に興じている若者と仲間。
これぞタイミングありきのお写真ですね。
周りの暗部の配置も流石を思わせるものがあります。
>1年前に大型ショッピングモールが・・・
昨年、初めてあがたの森を駅からバスで訪れたとき、オーブン直後の渋滞があったのを思い出しました。

3   エゾメバル   18/12/11 17:07

前作に続けて一瞬の動きと影の作品ですね。
公園で遊んでいるのか、ダンスの練習でもしているのか、SS1/2000で
きっちりと止めていますが、元気のいい動きが感じられます。
この場面に会うのも探すのも作品作りの大きな作業ですね。
お見事です。

4   ペン太    18/12/11 20:21

ポゥさん こんばんは。

 こちらも背景を暗く落とした描写
嫌がおうにも陽射しと影に目が集中します。

ストリートダンスの人物の影が実像で
 踊っているほうが虚像にも見て取れるような
ある意味トリッキーなお写真にも見て取れます。

光と影だけで、これだけの作品が仕上れる。。。毎度ながら驚きです。

5   Booth-K   18/12/11 22:49

何という瞬間をと、びっくりです。タイトルからサムネールを見た時は、時計の針のオブジェ? と思って見てました。
影の強烈なインパクトが、モノクロで更に強調されて、この時代の青春像という風にも感じ取れます。

6   ポゥ   18/12/11 23:27

皆様、コメントをいただきありがとうございます。
これは、彷徨う中で通りかかった花時計公園で、
ストリートダンサーの二人組に出会った時に撮影したものです。
とてもカッコよかったですね。
はっきり言って、そこまで狙って撮ったわけではありません。
数枚撮影したら、たまたまいい瞬間が写っていました。
モニターで見てみて、「あ、これはいいな」と思い、撮影をやめました。
この写真の、自分的なポイントは、瞬間の良さもありますが、
Ekioさんが言及下さった
>周りの暗部の配置
これが気に入っています。
冬枯れの木立ちやオブジェのポールがいい影を作ってくれたと思ってます。
反対に言うと、この影が無かったら、ダンスも撮影していなかったと思います。
あともう一点は、画面上端の僅かな空、です。
大切な黒を白けさせない程度で、なおかつビルに囲まれた公園であることを
最低限の存在感で示してくれたように思います。
この空気感は、望遠ズームでは絶対に出せなかったと思います。

戻る