EF35mm F1.4LⅡ
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS R
ソフトウェア SILKYPIX Developer Studio Pro 9
レンズ
焦点距離 35mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1328sec.
絞り値 F5.7
露出補正値 +0.0
測光モード 部分測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3000x2000 (2,636KB)
撮影日時 2018-12-14 21:15:15 +0900

1   GG   18/12/14 19:35

本堂を側面から、強風で青空が澄んで気持ち良かったです

今日は岡崎市出身の「竹内敏信写真展」を観てきましたが
日本の原風景、何度も立ち止まって見てしまいましたね
図書館で見る写真集とは違い、大きな写真が額縁に入ると
迫力が増しますね


2   taketyh1040   18/12/14 21:36

こんばんは。
竹内敏信プロと言えば滝と笠雲の富士山を連想しますね。
風景写真の代名詞のような人でしたが、病気以来
あまり拝見できなくなりましたね。
直焼きのプリントを見られるのは羨ましいですよ。

3   GG   18/12/14 22:17

taketyh1040さん、こんばんは。
富士山の写真は2,3点ありましたが
PL装着でどれだけ絞っているんだろうかとか
興味津々でしたよ。
20年位前の作品が多く意外に花のアップとか
雫撮りの身近なものもありました。尊敬するカメラマンの
一人です。

4   taketyh1040   18/12/14 23:10

こんばんは。
そう言えば、竹内プロは、全てシャッター優先で撮ることで有名でしたね。
ほとんどが、1/2前後で撮るので、22前後の絞りになっていましたよね。
葉の一枚一枚までビシッと写っているのに、そんなスローで、どうやっているのか不思議に思っていましたよ。(^^ゞ

5   GEM   18/12/14 23:50

こんばんは。
写真集とオリジナルプリントでは、見た印象もかなり違うでしょうね。
瓦の精緻な描写も良い感じですが、ポカリと浮かんだ白い雲が良い味を出してくれている様です。

6   GG   18/12/15 21:47

taketyh1040さん、こんばんは。
6×7、4×5といったカメラでは高絞りでも
ビクともしないでしょうし、重力級の三脚使用では
低速撮りも問題ないのでしょうね。土門拳氏の
仏像撮りなども僅かな光りでそのリアルさには
圧倒されます

GEMさん、こんばんは。
やはり展覧会というのは、独特の雰囲気があり
大きさに引き込まれますよね
風景写真も広さを感じるものばかりでなく
現場で感じたものを如何に切り取るか
そんな作品も多数ありました

戻る