生存確認
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 70D
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 A025
焦点距離 200mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/332sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 1678x2517 (4,233KB)
撮影日時 2019-01-31 00:07:17 +0900

1   S9000   19/01/31 21:59

 縮景園にお住まいの川野蝉男さん。前回投稿と同一個体かどうか
はわかりませんが。
 実は、見知らぬバーダーさんからの情報で、縮景園で、カワセミが
ミサゴに捕食されるのを目撃したとのこと。実際、私もボラとか
狙って、ミサゴが上空にホバリングしているのも見ましたので、
そういうこともありえるのかな、と。

 それに関係してかどうか、上空から死角になる枝で餌をさがす
川野蝉男さんなのでした・・・

2   Kaz   19/02/02 16:48

川野さんにとってはお食事も文字通り死活問題なんだ。
枝の下にいるのも経験上安全だからと判ってるんでしょうね。
可児さんも通路上で人間に踏みつけられそうだし、
縮景園にお住まいの方々も危険と隣り合わせの生活ですね。

3   S9000   19/02/02 22:58

Kazさん、こんばんは。
 そうだと思います、食事ができなくてもいけないし、誰かの食事にされてしまってもいけないし、とまさに死活問題。
 可児さんが踏まれるのは食事じゃないにせよ、野鳥はみんな狙っているし、バーダーさんのお話では、川野さん(別個体)が襲われたのも水面上だというから、捕食作業中に捕食されてしまった可能性も
ありますね。
 縮景園、人工の庭園ですが、水族館や動物園とは違うので、やっぱり自然のおきてが支配する空間なのです。

4   F.344   19/02/03 12:07

池に生息できるだけのエサがある証拠
天敵の攻撃をかわしながら生きる
人間以上に大変ですね

5   S9000   19/02/05 23:24

F.344さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
縮景園の池、素人目に見ていても生物が豊富で、鯉にまじって巨大な
ボラとかが悠々と泳いでます。ミサゴはともかく、カワセミはまさか
ボラを食べまいと思っていたら、その稚魚は食べるみたいです。
「食うか食われるか」って言葉を実感することしきりです。

戻る